PREMIUM Recommendations アクティビティの作成

Target の Visual Experience Composer(VEC)を使用すると、Target を有効にしたページ上に Recommendations アクティビティを作成し、Target 内でページの一部を変更することができます。

  1. アクティビティを作成レコメンデーション​をクリックします。

    Recommendations アクティビティの作成

  2. 必要に応じて、「ビジュアル (デフォルト)」を選択します。

    Recommendations アクティビティを作成ダイアログボックス

    フォームベースの Experience Composer を使用する場合、「フォーム」を選択します。詳しくは、フォームベースの Experience Composer を参照してください。

    メモ

    VEC およびフォームベースの Experience Composer に加えて、Target はシングルページアプリケーション VEC およびモバイルアプリ向け VEC を提供します。様々なコンポーザーについて詳しくは、エクスペリエンスとオファーを参照してください。

    問題がある VEC のトラブルシューティング情報については、Visual Experience Composer のトラブルシューティングを参照してください。

    この [ 職場を選択 ] 前述の図のオプションは、 Target Premium 機能。 このオプションが表示されない場合、お客様の組織は Target Standard ライセンスを所有しています。

  3. (条件付き)Target Premium のお客様の場合、ワークスペースを選択します。

  4. アクティビティ URL を指定し、「次へ」をクリックします。

    メモ

    Target は URL プロトコル(https および http)を区別しません。その結果、http://www.adobe.comhttps://wwww.adobe.com の両方が一致します。

    アクティビティ URL は、レコメンデーションが表示されるページです。

    「次へ」をクリックすると、VEC が開き、ページが表示されます。現在の要素をレコメンデーションで置き換えたり、レコメンデーションを挿入したりすることができます。

  5. ページ上の要素をクリックします。要素がある場所でレコメンデーションを利用できる場合は、「 Recommendationsと置き換える, 前にRecommendationsを挿入​または 後ろにRecommendationsを挿入.

    サイトの訪問者には、レコメンデーションの条件を満たす場合にのみ、レコメンデーションされたコンテンツが表示されます。 レコメンデーションの対象にならない訪問者には、デフォルトコンテンツが表示されます。

    Recommendations オプション

    • Recommendationsと置き換える:要素をレコメンデーションと置き換えると、現在の内容が削除されてレコメンデーションに置き換えられます。 訪問者がサイトを訪問してレコメンデーションの対象になると、既存のコンテンツではなく、指定された領域にレコメンデーションされた品目が表示されます。
    • 前にRecommendationsを挿入:選択した要素の前にレコメンデーションを挿入すると、その要素の前にレコメンデーションコンテンツが配置されます。 ページの構築に応じて、レコメンデーションは、選択した要素の上または左に表示されます。
    • 後ろにRecommendationsを挿入:選択した要素の後にレコメンデーションを挿入すると、その要素の後にレコメンデーションコンテンツが配置されます。 ページの構築に応じて、レコメンデーションは、選択した要素の下または右に表示されます。

    この 選択範囲を展開 「 」オプションを使用すると、選択した場所(親コンテナ)を展開して、目的のページ要素を簡単に識別して含めることができます。

  6. ページタイプを選択します。

    ページタイプには、以下が含まれます。

    • 買い物かごページ
    • カテゴリページ
    • ホームページ
    • ランディングページ
    • 製品紹介ページ
    • 検索結果ページ
    • 「ありがとうございます」ページ
    • その他

    「ページタイプを選択」オプション

  7. 1 つ以上の条件を選択します。

    条件が、それぞれの情報を表示するカードとして表示されます。デフォルトでは、 条件を選択 画面には、前の手順で選択した業種およびページタイプと互換性のある条件が表示されます。 これらのオプションを変更すると、他の条件を表示できます。

    メモ

    すべてのページですべての条件が正しく実行されるわけではありません。現在の品目/現在のカテゴリーのレコメンデーションと互換性を持たせるために、ページや mbox には entity.identity.categoryId を渡す必要があります。通常は、互換性のある条件のみを表示するようにします。ただし、アクティビティで互換性のない条件を有効にしたい場合は、「互換性あり」チェックボックスのチェックを外します。お使いの Recommendations の設定(Recommendations/設定非互換の条件をフィルター)によっては、互換性​オプションが表示されない場合があります。詳しくは、 設定

    条件を選択ダイアログボックス

    複数の条件を選択すると、トラフィックは選択した条件間で等しく分割されます。例えば、2 つの条件が選択されており、アクティビティ参加者の 20%にデフォルトコンテンツを表示するようにアクティビティがデザインされている場合、各条件によって制御されるレコメンデーションがアクティビティ参加者の 40%に表示されます。各条件の割合を変更するオプションはありません。

    • (例えば、多くの条件カードが表示されている場合に)既存の条件を検索するには、必要な条件が表示されるまで検索フィールドに入力し、条件を選択して「次へ」をクリックします。

      Recommendations によって提供される条件もあります。カスタムの条件を作成することも可能です。

    • 新しい条件を作成するには、 条件の作成 > 条件の作成​次に、新しい条件に関する情報を入力します。 新しい条件の作成について詳しくは、条件の作成を参照してください。

    • また、条件をシーケンスにグループ化することもできます。新しい条件のシーケンスを作成するには、 条件の作成 > 条件のシーケンスを作成. 詳しくは、 条件のシーケンスを作成 を参照してください。

  8. 次へ」をクリックします。

  9. デザインを選択します。

    デザインとは、ページ上の場所の表示方法を決めるテンプレートです。Target には、事前設定済みのデザインがいくつか含まれています。 カスタムのデザインを作成することも可能です。詳しくは、デザインの作成デザインのカスタマイズを参照してください。

    デザインを選択ダイアログボックス

    各デザインには、見え方のグラフィカル表示と、現在そのデザインで使用されているライブアクティビティおよび非アクティブなアクティビティの数を示すアイコンが表示されます。

    • 1 つ以上の既存のデザインを選択するには、デザインをクリックしてから「次へ」をクリックします。

      複数の条件を選択した場合は、1 つのデザインのみ選択できます。

    • 新しいデザインを作成するには、「デザインを作成」をクリックしてから、新しいデザインの名前とコードを入力します。「次へ」をクリックし、画像を選択またはアップロードして​完了完了​をクリックします。新しいデザインの作成について詳しくは、デザインの作成を参照してください。

  10. 次へ」をクリックします。

    レコメンデーションにプロモーションを追加することもできます。プロモーション - 前とプロモーション - 後の追加について詳しくは、プロモーションの追加.

  11. 保存」をクリックします。

    VEC 画面に、ページのレコメンデーションデザインが表示されます。

  12. (オプション)「プレビュー」をクリックして、アクティビティが訪問者にどのように表示されるかを確認します。

    プレビューモードを使用すると、訪問者と同様にレコメンデーションを操作できます。

    レコメンデーションのプレビューを完了したら、「作成」をクリックします。

  13. VEC でレコメンデーションを確認し、「次へ」をクリックします。

  14. フロー図で Recommendations アクティビティを確認し、必要に応じて変更します。

    Recommendations フロー図

    フロー図を使用すると、アクティビティに対するオーディエンスの選択、エクスペリエンスの設定、成功指標の指定の手順を順に実行できます。

    フロー図から、次のことを実行できます。

    • レコメンデーションが表示されるオーディエンスを変更する

      メモ

      既存のオーディエンスの選択に加え、新規のオーディエンスを作成する代わりに、アクティビティのみのオーディエンスを作成したり、複数のオーディエンスを結合してアドホックな結合オーディエンスを作成することができます。

      デフォルトでは、すべてのユーザーにレコメンデーションが表示されますが、レコメンデーションの対象を特定のオーディエンスのみにすることもできます。

      Recommendations アクティビティでは、制御グループはレコメンデーションなしでページが表示されます。

    • 条件を表示します。

    • コレクションを変更します(「条件」ラベルの横)。

    • コントロールエクスペリエンスを表示する参加者の割合を変更します。

    • デザインコードを表示します。

    • デザインを変更または削除します。

  15. 終了したら「次へ」をクリックします。

  16. アクティビティを設定します。

    例えば、アクティビティの名前(必須)および目標(任意)を入力します。設定について詳しくは、Recommendations アクティビティの設定.

    メモ

    Recommendations Classic の別のアクティビティとして既に存在する Recommendation アクティビティ名を指定すると、新しいアクティビティは、新しい名前で再同期されます。新しい名前は、一意なものにするために、元の名前にタイムスタンプが追加されたものになります。この新しい名前は、Target Standard/Premium と Recommendations Classic の両方で表示されます。

  17. 終了したら「保存して閉じる」をクリックします。

    アクティビティの概要が表示されます。

    概要ページから、次のことを実行できます。

    • アクティビティをアクティブ化します。
    • アクティビティを編集します。
    • アクティビティをExperience Cloudフィードと共有
    • アクティビティの QA
    • エクスペリエンスの URL を表示します。
    • データをダウンロードします。
    • コントロールエクスペリエンスを表示するアクティビティ参加者の割合を変更します。
    • キャンペーンの詳細情報の表示や非表示をおこないます。
    • デザインのコードを表示します。
  18. (オプション)レポートページを開いて、Recommendations アクティビティのパフォーマンスのレポートを表示します。

  19. (オプション)衝突ページを開いて、発生した可能性があるアクティビティの衝突を表示します。

    複数のアクティビティから同一のページにコンテンツが配信されるように設定されている場合に、アクティビティの衝突が発生します。その場合、予期しないコンテンツが表示されることがあります。

トレーニングビデオ:Recommendations アクティビティの作成(7:15)チュートリアルバッジ

このページ