プレミアム 自動ターゲットアクティビティの作成

以下を使用: Visual Experience Composer (VEC) Adobe Target をクリックして、 自動ターゲット A/B テスト 直接に Target — 有効なページと、 Target.

メモ

自動ターゲット は、この Target Premium ソリューションの一部として使用できます。この機能は、Target Premium ライセンスのない Target Standard では使用できません。このライセンスで提供される高度な機能について詳しくは、Target Premium を参照してください。

また、 自動ターゲット A/B テスト アクティビティ(この記事で説明) Target は、他の 2 つのタイプを提供します A/B テスト アクティビティ: 手動(デフォルト) および 自動配分.

詳しくは、 A/B テストアクティビティのタイプ in A/B テストの概要.

次の手順で 自動ターゲット アクティビティ:

  1. アクティビティ​リストで、アクティビティを作成A/B テスト​を選択します。

    アクティビティを作成ドロップダウンリスト

    メモ

    利用可能なアクティビティタイプは、Target アカウントによって異なります。一部のアクティビティタイプがリストに表示されない可能性があります。例: 自動ターゲット および Recommendations が Target Premium の機能.

    様々なアクティビティタイプについて詳しくは、アクティビティおよび Target アクティビティのガイドを参照してください。

  2. 必要に応じて、「ビジュアル (デフォルト)」を選択します。

    A/B テストアクティビティの作成

    を使用したい場合は、 フォームベースの Experience Composerを選択します。 フォーム. 詳しくは、フォームベースの Experience Composer を参照してください。

    メモ

    VEC および フォームベースの Experience Composer, Target は、シングルページアプリケーション VEC を提供します。 様々なコンポーザーについて詳しくは、エクスペリエンスとオファーを参照してください。

    問題がある VEC のトラブルシューティング情報については、Visual Experience Composer のトラブルシューティングを参照してください。

    前述の図の「ワークスペースを選択」オプションは、Target Premium の機能です。組織が Target Standard ライセンスを使用してください。

  3. を選択します。 workspace.

  4. アクティビティ URL を指定してから、「次へ」をクリックします。

    アカウントにデフォルトの URL が設定されている場合は、その URL がデフォルトで表示されます。デフォルトの URL を別の URL に変更できます。

    Visual Experience Composer が表示され、URL で指定したページが表示されます。

    VEC

  5. 用意されている領域に、アクティビティの名前を入力します。

    「名前」フィールド

    アクティビティ名の先頭に次の文字を使用することはできません。

    文字 説明
    = イコール
    + プラス
    - マイナス
    @ アットマーク
  6. ページ上の要素を変更して、エクスペリエンスを作成します。

    この Visual Experience Composer アクティビティを作成した後、左側に 2 つのタブが表示されます。エクスペリエンス A とエクスペリエンス B。エクスペリエンス A はコントロールエクスペリエンスです。 「エクスペリエンス B」タブがフォーカスされ、必要に応じて変更できます。 エクスペリエンス B は代替エクスペリエンスで、テストに追加することができます。テストには複数のエクスペリエンスを追加できます。デフォルトのサイトエクスペリエンスをオプションとして使用しない場合は、エクスペリエンス A をアクティビティから削除できます。

    Visual Experience Composer でのエクスペリエンスの追加と変更について詳しくは、エクスペリエンスの追加.エクスペリエンス B を変更するには、ステップ 3 から始めます。

  7. Visual Experience Composer の上部にあるターゲット設定をクリックして、3 ステップのガイドによるワークフロー内の次のステップに移ります。

    フロー図が開きます。

    A/B テストのターゲット設定手順

    フロー図を使用すると、アクティビティに対するオーディエンスの選択およびエクスペリエンスの設定を順に実行できます。

  8. 内 対象ユーザ 」ボックスで、編集アイコン(縦並びの省略記号)をクリックし、 オーディエンスを置換​を、 オーディエンスを選択 」をクリックします。

    デフォルトでは、オーディエンスは すべての訪問者.

  9. アクティビティに参加する資格のある訪問者の割合を選択します。

    オーディエンスの割合

    例えば、すべての訪問者の 50%に参加を制限したり、カリフォルニア州のオーディエンスの 45%に参加を制限したりできます。

  10. トラフィックの配分を設定します。

    同じオーディエンスに対して複数のエクスペリエンスを表示することができます。選択したオーディエンスと、アクティビティに追加したエクスペリエンスが図に表示されます。

    目的のトラフィック配分方法を選択します。 次の手順で 自動ターゲット アクティビティ、選択 パーソナライズされたエクスペリエンスの自動ターゲット.

    トラフィックの配分には、次の 3 種類があります。

    • 手動(デフォルト):各エクスペリエンスを表示する参加者の割合を指定します。この割合は、全エクスペリエンス間で均等に配分することも、エクスペリエンスごとに大きく(または小さく)設定することもできます。全エクスペリエンスの合計が 100%になるようにします。詳しくは、 A/B テストの作成.

    • 最良のエクスペリエンスに自動配分:ほとんどのアクティビティ参加者は、パフォーマンスの高いエクスペリエンスに自動的にリダイレクトされます。 一部の訪問者は、エクスペリエンスの調査を継続し、パフォーマンスの傾向の変化を認識するために、すべてのエクスペリエンスに配分されます。詳しくは、 自動配分の概要.

    • パーソナライズされたエクスペリエンスの自動ターゲット: Target は、高度な機械学習を利用して、パフォーマンスの高いマーケティング担当者が定義した複数のエクスペリエンスを識別し、類似の訪問者の個々の顧客プロファイルや過去の行動に基づいて訪問者に最適なエクスペリエンスを提供し、コンテンツをパーソナライズします。

    また、 追加 別のエクスペリエンスをアクティビティに追加する場合。

  11. オーディエンス、エクスペリエンスの選択、トラフィック配分の選択が完了したら、 次へ をクリックして、3 ステップのガイドによるワークフロー内の 3 番目のステップに移動します。

  12. アクティビティの目標と設定を指定します。

    A/B アクティビティ設定

    メモ

    を使用する場合は、 Analytics for Target (A4T) このアクティビティに関しては、 自動配分と自動ターゲットアクティビティに対する A4T のサポート.

  13. クリック 保存して閉じる または 保存.

アクティビティを作成した後、 概要 「 」タブには、アクティビティの図など、アクティビティに関する情報が表示されます。

トレーニングビデオ:A/B テストの作成(8:36) チュートリアルバッジ

このビデオでは、Target で 3 ステップのガイドによるワークフローを使用して A/B テストを作成する方法を説明します。

  • の作成 A/B テスト アクティビティ Adobe Target
  • 手動分割または自動トラフィック配分によるトラフィックの配分

このページ