セグメント化サービス UI ガイド

最終更新日: 2024-02-06
  • トピック:
  • Segments
    このトピックの詳細を表示
  • 作成対象:
  • User

Adobe Experience Platform Segmentation Service は、オーディエンスおよびセグメント定義を作成および管理するためのユーザーインターフェイスを提供します。

はじめに

オーディエンスおよびセグメント定義に取り組むには、セグメント化に関連する様々な Experience Platform サービスについて理解している必要があります。このユーザガイドを読む前に、次のサービスのドキュメントを確認してください。

  • Segmentation Service:Segmentation Service を使用すると、Experience Platform に保存されている、個人(顧客、見込み客、ユーザー、組織など)に関連するデータを細かいグループに分類できます。
  • Real-Time Customer Profile:複数のソースからの集計データに基づいて、統合されたリアルタイムの顧客プロファイルを提供します。
  • Adobe Experience Platform Identity Service:Platform に取り込まれる様々なデータソースの ID を結合することで、顧客プロファイルの作成を有効にします。
  • Experience Data Model (XDM):Platform が、カスタマーエクスペリエンスデータを整理する際に使用する、標準化されたフレームワーク。セグメント化を最大限に活用するには、データモデリングのベストプラクティスに従って、データがプロファイルとイベントとして取り込まれていることを確認してください。

また、このドキュメントを通して使用される次の 2 つの重要用語を知り、その違いを理解することも重要です。

  • オーディエンス:類似した行動や特徴を共有する一連の人物。このユーザーのコレクションは、セグメント定義やオーディエンス構成(プラットフォーム生成オーディエンス)を使用して Adobe Experience Platform で生成することも、カスタムアップロードなどの外部ソース(外部生成オーディエンス)から生成することもできます。
  • セグメント定義:Adobe Experience Platform が、ターゲットオーディエンスの重要な特徴や行動の説明に使用するルールです。
  • セグメント:プロファイルをオーディエンスに分割する行為です。

概要

Experience Platform UI で、左側のナビゲーションで「オーディエンス」を選択して「概要」タブを開き、オーディエンスダッシュボードを表示します。

メモ

Platform を初めて使用する組織で、アクティブなプロファイルデータセットや結合ポリシーが作成されていない場合は、オーディエンスダッシュボードは表示されません。代わりに、「概要」タブには、オーディエンスを開始する際に役立つリンクとドキュメントが表示されます。

オーディエンスダッシュボード

ダッシュボード​ダッシュボードは、組織のオーディエンスデータに関連する主要指標の概要を示します。

詳しくは、オーディエンスダッシュボードガイドを参照してください。

オーディエンスダッシュボードが表示されます。オーディエンスサイズ、ID 別のプロファイル、ID オーバラップ、オーディエンスサイズの変化のトレンドなど、様々なウィジェットが表示されます。

参照

を選択します。 参照 」タブをクリックして、組織のすべてのオーディエンスのリストを表示します。 この表示には、プロファイル数、接触チャネル、作成日、最終更新日、タグ、分類など、オーディエンスに関する情報が一覧表示されます。

参照画面が表示されます。組織に属するすべてのオーディエンスのリストが表示されます。

各オーディエンスの横には省略記号アイコンが表示されます。これを選択すると、オーディエンスで使用可能なクイックアクションのリストが表示されます。このアクションのリストは、オーディエンスの接触チャネルに基づいて異なります。

クイックアクションリストは、オーディオ構成の接触チャネルを持つオーディエンスに対して表示されます。

アクション 接触チャネル 説明
編集 セグメント化サービス セグメントビルダーを開いて、オーディエンスを編集します。 オーディエンスが API を通じて作成された場合、 not セグメントビルダーを使用して編集できます。 セグメントビルダーの使用について詳しくは、セグメントビルダー UI ガイドを参照してください。
構成を開く オーディエンス構成 オーディエンスの構成を開き、オーディエンスを確認します。 オーディエンス構成について詳しくは、オーディエンス構成 UI ガイドを参照してください。
宛先に対して有効化 セグメント化サービス 宛先へのオーディエンスをアクティブ化します。 オーディエンスを宛先に対してアクティブ化する方法について詳しくは、アクティブ化の概要を参照してください。
パートナーと共有 オーディエンス構成、カスタムアップロード、セグメント化サービス オーディエンスを他の Platform ユーザーと共有します。 この機能について詳しくは、Segment Match の概要を参照してください。
タグの管理 オーディエンス構成、カスタムアップロード、セグメント化サービス オーディエンスに属するユーザー定義のタグを管理します。 この機能について詳しくは、フィルタリングとタグ付けに関する節を参照してください。
フォルダーに移動 オーディエンス構成、カスタムアップロード、セグメント化サービス オーディエンスが属するフォルダーを管理します。 この機能について詳しくは、フィルタリングとタグ付けに関する節を参照してください。
コピー オーディエンス構成、カスタムアップロード、セグメント化サービス 選択されたオーディエンスを複製します。
アクセスラベルの適用 オーディエンス構成、カスタムアップロード、セグメント化サービス オーディエンスに属するアクセスラベルを管理します。 アクセスラベルについて詳しくは、ラベルの管理に関するドキュメントを参照してください。
アーカイブ カスタムアップロード 選択されたオーディエンスをアーカイブします。
削除 オーディエンス構成、カスタムアップロード、セグメント化サービス 選択されたオーディエンスを削除します。
パッケージに追加 オーディエンス構成、カスタムアップロード、セグメント化サービス サンドボックス間でオーディエンスを移動します。 この機能の詳細については、 サンドボックスツールガイド.
メモ

宛先のアクティブ化で使用されているオーディエンスを削除することは​できません

ページの上部には、すべてのオーディエンスをスケジュールに追加、オーディエンスをインポート、新しいオーディエンスを作成、更新頻度の分類を表示するオプションがあります。

すべてのオーディエンスをスケジュール」に切り替えると、スケジュール済みのセグメント化が有効になります。スケジュールされたセグメント化について詳しくは、このユーザーガイドの「スケジュールされたセグメント化」の節を参照してください。

選択 オーディエンスのインポート を使用すると、外部で生成されたオーディエンスをインポートできます。 オーディエンスのインポートの詳細については、 ユーザーガイドでのオーディエンスのインポート.

オーディエンスを作成」を選択すると、オーディエンスを作成できます。オーディエンスの作成について詳しくは、このユーザーガイドの「オーディエンスの作成」の節を参照してください。

オーディエンス参照ページの上部のナビゲーションバーがハイライト表示されています。このバーには、オーディエンスを作成するボタンと、オーディエンスを読み込むボタンが含まれています。

次の項目を選択できます。 頻度の概要を更新 更新頻度を示す円グラフを表示する。

「更新頻度の概要」ボタンがハイライト表示されています。

円グラフが表示され、更新頻度別のオーディエンスの分類が表示されます。 グラフには、中間のオーディエンスの合計数が表示されます。 オーディエンスの様々な部分にマウスポインターを置くと、各更新頻度タイプに属するオーディエンスの数が表示されます。

更新頻度の円グラフが表示されます。

カスタマイズ

フィールドを 参照 選択してページを選択 フィルター属性アイコン. 追加のフィールドには、ライフサイクルステータス、更新頻度、最終更新者、説明、作成者、アクセスラベルなどがあります。

フィールド 説明
名前 オーディエンスの名前。
プロファイル数 オーディエンスに適合するプロファイルの合計数。
接触チャネル オーディエンスの接触チャネル。これは、オーディエンスがどこから来たかを示します。指定できる値には、セグメント化サービス、カスタムアップロード、オーディエンス構成、Audience Manager が含まれます。
ライフサイクルステータス オーディエンスのステータス。このフィールドの可能な値には、DraftPublished および Archived が含まれます。
更新頻度 オーディエンスのデータが更新される頻度を示す値。このフィールドで使用できる値は次のとおりです。 バッチ, ストリーミング, Edge、および スケジュール未設定.
最終更新者 オーディエンスを最後に更新したユーザーの名前。
作成日 オーディエンスが作成された日時(UTC)。
最終更新日 オーディエンスが最後に作成された日時(UTC)。
タグ オーディエンスに属するユーザー定義のタグ。これらのタグについて詳しくは、タグのセクションを参照してください。
説明 オーディエンスの説明。
作成者 オーディエンスを作成した人物の名前。
アクセスラベル オーディエンスのアクセスラベル。アクセスラベルを使用すると、データに適用される使用ポリシーに従ってデータセットとフィールドを分類できます。これらのラベルはいつでも適用でき、柔軟にデータ管理方法を選択できます。アクセスラベルについて詳しくは、ラベルの管理に関するドキュメントを参照してください。
分類 オーディエンスのプロファイルのステータスの分類。このプロファイルのステータスの分類について詳しくは、以下を参照してください。

分類を選択すると、計算された各プロファイルステータス(実現済み、既存、離脱)に属するプロファイルの割合を示す棒グラフが表示されます。さらに、「参照」タブに表示される分類は、セグメント定義ステータスの最も正確な分類です。この数値が「概要」タブに表示されている数値と異なる場合は、「概要」タブの数値は 1 日に 1 回しか更新されないので、「参照」タブの数値を正しいソースとして使用する必要があります。

ステータス 説明
実現済み 前回バッチセグメントジョブを実行してから過去 24 時間に、セグメントに​選定​されたプロファイルの数です。
既存 前回バッチセグメントジョブを実行してから過去 24 時間に、セグメントに​残って​いたプロファイルの数です。
離脱 前回バッチセグメントジョブを実行してから過去 24 時間に、セグメントから​離脱​したプロファイルの数です。

表示するフィールドを選択した後、表示される列の幅を再サイズ化することもできます。 これをおこなうには、列間の領域をドラッグするか、「 矢印アイコン を設定し、その後に 列のサイズ変更.

列のサイズ変更ボタンがハイライト表示されます。

フィルタリング、フォルダー、タグ付け

作業効率を向上させるには、既存のオーディエンスの検索、オーディエンスへのユーザー定義タグの追加、フォルダーへのオーディエンスの格納、表示されたオーディエンスのフィルタリングなどを行います。

Unified Search を使用すると、既存のオーディエンスを最大 9 つの異なる言語で検索できます。

Unified Search を使用するには、下図でハイライト表示されている検索バーに検索する語句を追加します。

検索バーがハイライト表示されています。

サポートされている機能など、Unified Search について詳しくは、統合検索のドキュメントを参照してください。

タグ

ユーザー定義のタグを追加して、オーディエンスをより適切に説明、検索、管理することができます。

タグを追加するには、タグを付けたいオーディエンスの「タグの管理」を選択します。

指定したオーディエンスの「タグを管理」ボタンが選択されています。

タグを管理​ポップオーバーが表示されます。このポップオーバーで、分類済みまたは未分類のタグを選択できます。

タグのタイプ 説明
分類済み 組織の管理者が作成および管理するタグ。
未分類 タグを管理ポップオーバー内で作成されるタグです。このタイプのタグは誰でも作成または管理できます。

タグを管理ポップオーバーが表示されます。分類済みまたは未分類を選択するオプションがハイライト表示されます。

オーディエンスに関連付けるすべてのタグを追加したら、「保存」を選択します。

タグを管理ポップオーバーで、追加したタグがハイライト表示されます。

タグの作成と管理について詳しくは、タグの管理ガイドを参照してください。

フォルダー

オーディエンスをフォルダー内に配置すると、オーディエンスをより適切に管理できます。

オーディエンスをフォルダーに移動するには、移動するオーディエンスで「フォルダーに移動」を選択します。

特定のオーディエンスで「フォルダーに移動」ボタンが選択されています。

オーディエンスをフォルダーに移動」ポップオーバーが表示されます。オーディエンスの移動先となるフォルダーを選択し、「保存」を選択します。

オーディエンスをフォルダーに移動ポップオーバーが表示されます。オーディエンスの移動先となるフォルダーがハイライト表示されます。

オーディエンスをフォルダーに追加すると、特定のフォルダーに属するオーディエンスのみを表示するように選択できます。

特定のフォルダーに属するオーディエンスが表示されています。

フィルター

様々な設定に基づいてオーディエンスをフィルタリングすることもできます。

使用可能なオーディエンスをフィルタリングするには、フィルターアイコンを選択します。

フィルターアイコンがハイライト表示され、オーディエンスの参照ページが表示されています。

使用可能なフィルターのリストが表示されます。

フィルター 説明
接触チャネル オーディエンスの接触チャネルに基づいてフィルタリングできます。使用できるオプションには、セグメント化サービス、カスタムアップロード、オーディエンス構成、Audience Manager などがあります。
任意のタグがある タグでフィルタリングできます。「任意のタグがある」と「すべてのタグがある」から選択できます。「任意のタグがある」が選択されている場合、フィルタリングされたオーディエンスには、追加したタグの​いずれか​が含まれます。「すべてのタグがある」が選択されている場合、フィルタリングされたオーディエンスには、追加したタグの​すべて​が含まれている必要があります。
ライフサイクルステータス オーディエンスのライフサイクルステータスに基づいてフィルタリングできます。利用可能なオプションには、アクティブ、アーカイブ済み、削除済み、ドラフト、非アクティブ、および 公開済みがあります。
更新頻度 オーディエンスの更新頻度に基づいてフィルタリングできます。利用可能なオプションには、スケジュール済み、連続、およびオンデマンドがあります。
作成者 オーディエンスを作成したユーザーに基づいてフィルタリングできます。
作成日 オーディエンスの作成日に基づいてフィルタリングできます。オーディエンスが作成された日時をフィルタリングする日付範囲を選択できます。
変更日 オーディエンスの最終変更日に基づいてフィルタリングできます。オーディエンスが最後に変更された日時をフィルタリングする日付範囲を選択できます。

使用可能なフィルターが表示され、オーディエンスを参照ページでハイライトされます。

オーディエンスの詳細

特定のオーディエンスに関する詳細を表示するには、「参照」タブをクリックします。

オーディエンスの詳細ページが表示されます。上部には、オーディエンスの概要、適格なオーディエンスサイズに関する情報、セグメントがアクティブ化されている宛先があります。

オーディエンスの詳細ページが表示されます。オーディエンスの概要、オーディエンス合計、アクティブ化された宛先の各カードがハイライト表示されています。

オーディエンスの概要

オーディエンスの概要」セクションには、属性の ID、名前、説明、情報源、詳細などの情報が表示されます。

さらに、オーディエンスを宛先に対してアクティブ化したり、アクセスラベルを適用したり、オーディエンスを編集または更新したりするオプションも提供されます。

宛先に対してアクティブ化」を選択すると、オーディエンスを宛先に対してアクティブ化できます。宛先へのオーディエンスのアクティブ化について詳しくは、アクティブ化の概要を参照してください。

「宛先に対してアクティブ化」ボタンがハイライト表示されています。

アクセスラベルを適用」を選択すると、オーディエンスに属するアクセスラベルを管理できます。アクセスラベルについて詳しくは、ラベルの管理に関するドキュメントを参照してください。

「アクセスラベルを適用」ボタンがハイライト表示されています。

オーディエンスの詳細ページが表示され、「構成を開く」ボタンがハイライト表示されています。

構成を開く」を選択すると、オーディエンス構成でオーディエンスを確認できます。オーディエンス構成について詳しくは、オーディエンス構成 UI ガイドを参照してください。

オーディエンスの詳細ページが表示され、「オーディエンスを更新」ボタンがハイライト表示されています。

オーディエンスを更新」を選択すると、外部で生成されたオーディエンスを再アップロードできます。外部で生成されたオーディエンスの読み込みについて詳しくは、オーディエンスの読み込みに関する節を参照してください。

オーディエンスの詳細ページが表示され、「オーディエンスを編集」ボタンがハイライト表示されています。

オーディエンスを編集」を選択すると、オーディエンスをセグメントビルダーで編集できます。Segment Builder ワークスペースの使用について詳しくは、Segment Builder ユーザーガイドを参照してください。

プロパティを編集」を選択すると、名前、説明、タグなど、オーディエンスの基本的な詳細を編集できます。

オーディエンス合計

オーディエンス合計」セクションには、オーディエンスに適合するプロファイルの合計数が表示されます。

予測値は、その日のサンプルデータのサンプルサイズを使用して生成されます。プロファイルストアのエンティティ数が 100 万個未満の場合は、データセット全体が使用されます。100 万個から 2,000 万個のエンティティがある場合は、100 万個のエンティティが使用されます。2,000 万個を超えるエンティティがある場合は、合計エンティティ数の 5%が使用されます。予測値の生成について詳しくは、オーディエンスの作成に関するチュートリアルの予測値の生成に関する節を参照してください。

アクティブ化された宛先

アクティブ化された宛先」セクションには、このオーディエンスがアクティブ化されている宛先が表示されます。

メモ

宛先は、Adobe Real-Time Customer Data Platform で使用可能な機能で、データを外部プラットフォームに書き出すことができます。宛先について詳しくは、宛先の概要を参照してください。宛先へのセグメントをアクティブ化する方法については、アクティベーションの概要を参照してください。

プロファイルのサンプル

その下には、セグメントに適したプロファイルのサンプリングがあり、Profile ID、名、姓、個人のメールなどの詳細情報が示されています。

データサンプリングをトリガーする方法は、取り込み方法によって異なります。

バッチ取り込みの場合、プロファイルストアは 15 分ごとに自動的にスキャンされ、最後のサンプリングジョブが実行されてから新しいバッチが正常に取り込まれたかどうかが確認されます。その場合、続いてプロファイルストアがスキャンされ、レコード数に 5%以上の変化があったかどうかを確認します。これらの条件が満たされると、新しいサンプリングジョブがトリガーされます。

ストリーミング取り込みの場合、プロファイルストアは 1 時間ごとに自動的にスキャンされ、レコード数に少なくとも 5%の変化があったかどうかが確認されます。この条件が満たされると、新しいサンプリングジョブがトリガーされます。

スキャンのサンプルサイズは、プロファイルストア内のエンティティの合計数によって異なります。これらのサンプルサイズを次の表に示します。

プロファイルストア内のエンティティ数 サンプルサイズ
100 万未満 フルデータセット
100 万~2000 万 100 万
2000 万以上 全体の 5%

Profile ID を選択すると、各 Profile に関する詳細情報を確認できます。プロファイルの詳細については、Real-Time Customer Profile ユーザーガイドを参照してください。

オーディエンスのサンプルプロファイルがハイライト表示されています。サンプルプロファイル情報には、プロファイル ID、氏名(名)、氏名(姓)およびその人物のメールアドレスが含まれています。

オーディエンスの作成

オーディエンスを作成するには、「オーディエンスを作成」を選択します。

オーディエンス参照ページで、「オーディエンスを作成」ボタンがハイライト表示されています。

ポップオーバーが表示され、オーディエンスを作成するか、ルールを作成するかを選択できます。

作成できる 2 種類のオーディエンスを表示するポップオーバー。

オーディエンス構成

オーディエンスを作成」を選択すると、オーディオ構成に移動します。このワークスペースには、オーディエンスを作成および編集するための直感的なコントロール(様々なアクションの表示に使用するドラッグ&ドロップタイルなど)が含まれています。オーディエンスの作成について詳しくは、オーディオ構成ガイドを参照してください。

オーディオ構成ワークスペースが表示されています。

セグメントビルダー

ルールを作成」を選択すると、セグメントビルダーに移動します。このワークスペースには、セグメント定義を作成および編集するための直感的なコントロール(データプロパティの表示に使用するドラッグ&ドロップタイルなど)が含まれています。セグメント定義の作成について詳しくは、セグメントビルダーガイドを参照してください。

セグメントビルダーワークスペースが表示されています。

オーディエンスの読み込み

オーディエンスを読み込み」を選択すると、外部で生成されたオーディエンスをインポートできます。

オーディエンス参照ページで、「オーディエンスを読み込み」ボタンがハイライト表示されています。

オーディエンス CSV を読み込み​ワークフローが表示されます。CSV ファイルを選択して、外部で生成されたオーディエンスとして読み込むことができます。

オーディエンス CSV を読み込みワークフローで、外部で生成したオーディエンスをアップロードできるファイルをドラッグ&ドロップボックスがハイライト表示されています。

メモ

外部生成オーディエンスは CSV 形式で、最大 25 列かつ 1 GB 未満にする​必要があります

読み込む CSV ファイルを選択すると、この外部で生成されたオーディエンスのサンプルデータのリストが表示されます。サンプルデータが正しいことを確認したら、「次へ」を選択します。

外部で生成されたオーディエンスのサンプルデータが表示されています。

オーディエンスの詳細​ページが表示されます。オーディエンスに関する情報(名前、説明、プライマリ ID、ID 名前空間の値など)を追加できます。

外部的に生成されたオーディエンスを読み込む場合、プライマリ ID フィールドとなる列の 1 つを選択し、名前空間の値を指定する必要があります。 残りのフィールドはすべて考慮されます ペイロード属性. これらの属性は考慮されます 耐久性のない​パーソナライゼーションの目的でのみこのオーディエンスと関連付けられ、 not プロファイルに接続しました。

オーディエンスの詳細ページが表示されます。

オーディエンスの詳細を入力したら、「次へ」を選択します。

オーディエンスの詳細ページで「次へ」ボタンがハイライト表示されています。

レビュー​ページが表示されます。新しく読み込んだ外部生成オーディエンスの詳細を確認できます。

レビューページが表示され、新しく読み込んだ外部生成オーディエンスの詳細が表示されています。

詳細が正しいことを確認したら、「完了」を選択して、外部生成オーディエンスを Adobe Experience Platform に読み込みます。

重要

デフォルトでは、外部で生成されたオーディエンスのデータ有効期限は 30 日です。 オーディエンスが何らかの方法で更新または変更された場合、データの有効期限はリセットされます。

さらに、外部から生成されたオーディエンスに機密情報や医療関連の情報が含まれている場合は、 必須 任意の宛先にアクティブ化する前に、必要なデータ使用ラベルを適用します。 データ使用ラベルの適用について詳しくは、 ラベルの管理.

スケジュールされたセグメント化

オーディエンスを作成したら、オンデマンド評価またはスケジュール済みの(継続的な)評価でオーディエンスを評価できます。評価とは、対応するオーディエンスを生成するためにセグメントジョブを通じて Real-Time Customer Profile データを移動することを意味します。作成したオーディエンスは、Experience Platform API を使用して書き出せるように保存されます。

オンデマンド評価では、API を使用して評価を実行し、必要に応じてオーディエンスを作成します。一方、スケジュール済みの評価(「スケジュール済みのセグメンテーション」とも言います)では、反復スケジュールを作成して特定の時間(最大 1 日に 1 回)でオーディエンスを評価します。

スケジュールに沿ったセグメント化を有効にする

オーディエンスのスケジュール済みの評価を有効にするには、UI または API を使用します。UI で、「オーディエンス」内の「参照」タブに戻り、「すべてのオーディエンスをスケジュール設定」を切り替えます。これで、すべてのオーディエンスが組織で設定したスケジュールに沿って評価されます。

メモ

XDM Individual Profile の最大 5 つの結合ポリシーを備えたサンドボックスに対して、スケジュールされた評価を有効にできます。組織で、1 つのサンドボックス環境内に XDM Individual Profile の結合ポリシーが 6 つ以上ある場合は、スケジュールされた評価を使用できません。

現在、スケジュールを作成するには API を使用する必要があります。API を使用してスケジュールを作成、編集、操作する手順について詳しくは、セグメント化の結果の評価とアクセスに関するチュートリアル(特に、API を使用するスケジュール済みの評価に関する節)を参照してください。

オーディエンス参照ページでハイライト表示されている、「すべてのオーディエンスをスケジュール設定」の切替スイッチ。

構成

構成」タブを選択すると、組織のオーディエンス構成で生成されたすべてのオーディエンスのリストが表示されます。

組織のオーディエンス構成で作成されたオーディエンスのリスト。

デフォルトで、このビューにはオーディエンスに関する情報(名前、ステータス、作成日、作成者、最終更新日、最終更新者など)がリスト表示されます。

テーブルをカスタマイズ」アイコンを選択して、表示するフィールドを変更できます。

「テーブルをカスタマイズ」ボタンがハイライト表示されます。このボタンを選択すると、オーディエンス構成ページに表示されるフィールドをカスタマイズできます。

ポップオーバーが表示され、テーブル内に表示できるすべてのフィールドがリストされます。

構成セクションに表示できる属性。

フィールド 説明
名前 オーディエンスの名前。
ステータス オーディエンスのステータス。このフィールドの可能な値には、DraftPublished および Archived が含まれます。
作成日 オーディエンスが作成された日時。
作成者 オーディエンスを作成した人物の名前。
更新済み オーディエンスが最後に更新された日時。
更新者 オーディエンスを最後に更新したユーザーの名前。

オーディエンスの構成方法を確認するには、「オーディエンス」タブでオーディエンス名を選択します。

オーディエンス構成 ページが表示され、オーディエンスを構成する構成要素が表示されます。オーディエンス構成の使用方法について詳しくは、オーディエンス構成 UI ガイドを参照してください。

ストリーミングセグメント化

ストリーミングセグメント化は、データの豊富さを重視しながら、ほぼリアルタイムで Platform でセグメント化を実行する機能です。ストリーミングセグメント化を使用すると、データが Platform に到達する際にセグメントの選定が行われるようになり、セグメント化ジョブをスケジュールして実行する必要性が軽減されます。

ストリーミングセグメント化について詳しくは、ストリーミングセグメント化ユーザーガイドを参照してください。

メモ

ストリーミングセグメント化を機能させるには、スケジュールされたセグメント化を組織で有効にする必要があります。 スケジュールされたセグメント化を有効にする方法について詳しくは、このユーザーガイドのストリーミングセグメント化の節を参照してください。

エッジセグメント化

エッジセグメント化は、Platform 内のオーディエンスをエッジ上で即座に評価する機能で、これにより、同じページや次のページのパーソナライゼーションのユースケースが可能になります。

エッジセグメント化について詳しくは、エッジセグメント化 UI ガイドを参照してください。

ポリシー違反

メモ

ポリシー違反は、宛先に割り当てられたオーディエンスを作成する場合にのみ適用されます。

オーディエンスの作成が完了すると、そのオーディエンスが Adobe Experience Platform データガバナンスによって分析され、オーディエンス内にポリシー違反がないことが確認されます。詳しくは、データガバナンスの概要を参照してください。

オーディエンスのポリシー違反が表示されています。

次の手順とその他のリソース

Segmentation Service UI には豊富なワークフローが用意されており、マーケティング可能なオーディエンスを Real-Time Customer Profile データから分離できます。

Segmentation Service について詳しくは、引き続きこのドキュメントを参照してください。Segmentation Service API の使用方法については、Segmentation Service 開発者ガイドを参照してください。

このページ