Destinations 概要

宛先の概要バナー

Destinations は、目的のプラットフォームと事前にビルドされた統合機能で、Adobe Experience Platformからのデータをシームレスにアクティベーションできます。宛先を使用して、クロスチャネルマーケティングキャンペーン、電子メールキャンペーン、ターゲット広告、その他多くの使用事例に関する既知および不明なデータをアクティブ化できます。

宛先とソース

プラットフォームの主な機能の1つは、ファーストパーティのデータを取り込み、ビジネスニーズに合わせてアクティブ化することです。 ソースを使用して、プラットフォームにデータを取り込み、プラットフォームからデータをエクスポートする宛先にデータを取り込みます。

宛先の手順

  • プラットフォームで使用可能なすべての宛先のセルフサービスカタログから選択します。
  • 宛先を使用してアクティブ化し、プロファイルやセグメントをマーケティング自動化プラットフォーム、デジタル広告プラットフォームなどに送信します。
  • データを希望の宛先に定期的に書き出しするようにスケジュールします。

コントロール

宛先」ワークスペースのコントロールを使用すると、次のことができます。

  • データをアクティブ化できる宛先プラットフォームのカタログを参照する。
  • カタログ内の宛先へのデータフローを作成、編集、アクティブ化、無効化する。
  • ストレージーの場所でアカウントを作成するか、宛先プラットフォームのアカウントにPlatformをリンクします。
  • 宛先に対してアクティブにするセグメントを選択する。
  • 電子メールマーケティングの宛先にセグメントをアクティブ化する際に書き出すエクスペリエンスデータモデル(XDM)フィールドを選択します。

宛先のタイプとカテゴリ

詳しくは、「宛先のタイプとカテゴリ」の概要を参照してください。

宛先とアクセス制御

プラットフォームの宛先機能は、Adobe Experience Platformアクセス制御権限と連携します。 ユーザーの権限レベルに応じて、宛先を表示、管理、アクティブ化できます。個々の権限について詳しくは、「Adobe Experience Platform でのアクセス制御」を参照して、ページの下部まで下にスクロールします。

アクセス制御の詳細については、「アクセス制御ユーザーガイド」を参照してください。

Data Governance 宛先へのデータのアクティブ化に関する制限

データ・ガバナンスは、次を通じて、プラットフォームの宛先に適用されます。

  • 宛先の作成ワークフローで選択できるマーケティ ングアクション。
  • 特定の使用状況ラベルを含むデータが、特定のマーケティングアクションを持つ宛先に対してアクティブ化されるのを制限するデータ使用 ポリシー。

marketing actionsresolving data policy violationsの詳細については、プラットフォームドキュメントのData Governanceを参照してください。

宛先を作成ワークフローでのマーケティングアクションの選択について詳しくは、プラットフォームの様々な宛先タイプに関する次のページを参照してください。

セグメントアクティベーションワークフローでのデータポリシー違反の詳細については、宛先へのプロファイルとセグメントのアクティブ化のレビュー手順を参照してください。

このページ