TikTok 接続

概要 overview

広告キャンペーンでターゲティングするためのデータを使用して、TikTokでカスタムオーディエンスを作成します。 これらのオーディエンスは、web サイトを訪問したユーザーや、コンテンツを操作したユーザーである可能性があります。 AdobeとTikTok Ads Manager のリアルタイム統合を使用して、目的のオーディエンスをAdobe Experience PlatformからTikTokにすばやく安全にプッシュします。 詳しくは、TikTokのビジネスヘルプセンターを参照してください。

IMPORTANT
この宛先コネクタとドキュメントページは、TikTok チームが作成および管理します。 お問い合わせや更新のリクエストについては、https://ads.tiktok.com/help/ まで直接ご連絡ください。

ユースケース use-cases

TikTokの宛先を使用する方法とタイミングをより深く理解するために、Adobe Experience Platformのお客様向けのサンプルユースケースを以下に示します。

ユースケース use-case-1

あるアスレチックアパレルブランドは、ソーシャルメディアアカウントを通じて既存の顧客にリーチしたいと考えています。 アパレルブランドは、独自の CRM からAdobe Experience Platformにメールアドレスを取り込み、独自のオフラインデータからオーディエンスを作成し、これらのオーディエンスをTikTokに送信して、顧客のソーシャルメディアフィードに広告を表示できます。

前提条件 prerequisites

オーディエンスの送信先のTikTok Ads Manager アカウントに対するアクセス権が Admin または Operator である必要があります。 詳細については、TikTok ヘルプセンターを参照してください。

TikTok Ads Manager アカウントにデータを送信する前に、Audience Management の広告アカウントにアクセスするための権限をAdobe Experience Platformに付与する必要があります。 この権限を付与するには、Experience PlatformUI で Ads Manager ID を入力し、TikTok Ads Manager アカウントにリダイレクトされた後に権限を付与します。

サポートされている ID supported-identities

TikTokでは、以下の表に示す ID のアクティブ化をサポートしています。 ID についての詳細情報。

ターゲット ID
説明
注意点
GAID
GOOGLE ADVERTISING ID
ソース ID が GAID 名前空間の場合は、GAID ターゲット ID を選択します。
IDFA
Apple の広告主 ID
ソース ID が IDFA 名前空間の場合は、IDFA ターゲット ID を選択します。
電話番号
SHA256 アルゴリズムでハッシュ化された電話番号
プレーンテキストと SHA256 でハッシュ化された電話番号の両方がAdobe Experience Platformでサポートされており、E.164 形式である必要があります。 ハッシュ化されていない属性がソースフィールドに含まれている場合は、「変換を適用」オプションをオンにして、アクティブ化時に Platform がデータを自動的にハッシュ化するように設定します。
メール
SHA256 アルゴリズムでハッシュ化されたメールアドレス
Adobe Experience Platform では、プレーンテキストと SHA256 でハッシュ化されたメールアドレスの両方がサポートされています。ハッシュ化されていない属性がソースフィールドに含まれている場合は、「変換を適用」オプションをオンにして、アクティブ化時に Platform がデータを自動的にハッシュ化するように設定します。

書き出しのタイプと頻度 export-type-frequency

宛先の書き出しのタイプと頻度について詳しくは、以下の表を参照してください。

項目
タイプ
メモ
書き出しタイプ
オーディエンスの書き出し
TikTokの宛先で使用される識別子(名前、電話番号など)を使用して、オーディエンスのすべてのメンバーを書き出します。
書き出し頻度
ストリーミング
ストリーミングの宛先は常に、API ベースの接続です。オーディエンス評価に基づいて Experience Platform 内でプロファイルが更新されるとすぐに、コネクタは更新を宛先プラットフォームに送信します。詳しくは、ストリーミングの宛先を参照してください。

宛先への接続 connect

IMPORTANT
宛先に接続するには、宛先の表示 および 宛先の管理 アクセス制御権限が必要です。 詳しくは、アクセス制御の概要または製品管理者に問い合わせて、必要な権限を取得してください。

この宛先に接続するには、宛先設定のチュートリアルの手順に従ってください。宛先の設定ワークフローで、以下の 2 つのセクションにリストされているフィールドに入力します。

宛先に対する認証 authenticate

宛先への認証を行うと、TikTok Ads Manager アカウントへのログインにリダイレクトされ、代わりにオーディエンスを管理するAdobeを認証します。

TikTok権限の選択

宛先の詳細を入力 destination-details

宛先の詳細を設定するには、以下の必須フィールドとオプションフィールドに入力します。UI のフィールドの横のアスタリスクは、そのフィールドが必須であることを示します。

宛先接続の詳細

  • 名前:今後この宛先を認識するための名前。
  • 説明:今後この宛先を識別するのに役立つ説明。
  • TikTok広告マネージャー ID:TikTok Ads Manager ID。 これは TikTok Ads manager アカウントで確認できます。

TikTok Ads Manager ID

アラートの有効化 enable-alerts

アラートを有効にすると、宛先へのデータフローのステータスに関する通知を受け取ることができます。リストからアラートを選択して、データフローのステータスに関する通知を受け取るよう登録します。アラートについて詳しくは、UI を使用した宛先アラートの購読についてのガイドを参照してください。

宛先接続の詳細の入力を終えたら「次へ」を選択します。

この宛先に対してオーディエンスをアクティブ化 activate

IMPORTANT
  • データをアクティブ化するには、宛先の表示宛先のアクティブ化プロファイルの表示 および セグメントの表示 アクセス制御権限が必要です。 アクセス制御の概要を参照するか、製品管理者に問い合わせて必要な権限を取得してください。
  • ID を書き出すには、ID グラフの表示 アクセス制御権限が必要です。
    宛先に対してオーディエンスをアクティブ化するために、ワークフローでハイライト表示されている ID 名前空間を選択します。 {width="100" modal="regular"}

この宛先にオーディエンスをアクティベートする手順は、ストリーミングオーディエンスの書き出し宛先へのプロファイルとオーディエンスのアクティベートを参照してください。

ID のマッピング map

オーディエンスをTikTok Ads Manager に書き出す際の正しい ID マッピングの例を以下に示します。

ソースフィールドを選択中:

  • Adobe Experience Platformおよび TikTok Ads Manager でプロファイルを一意に識別するソース ID として、識別子(例: Email_LC_SHA256)を選択します。

ターゲットフィールドを選択:

  • メール名前空間をターゲット ID として選択します。

ID マッピング

書き出したデータ exported-data

Experience Platformオーディエンスが正常に書き出されたかどうかを確認するには、(Assets / オーディエンス の下にある) TikTok Ads Manager アカウントを確認します。 オーディエンスは、オーディエンスタイプ Partner Audience として入力されます。

データの使用とガバナンス data-usage-governance

Adobe Experience Platform のすべての宛先は、データを処理する際のデータ使用ポリシーに準拠しています。Adobe Experience Platform がどのように データガバナンスを実施するかについて詳しくは、データガバナンスの概要を参照してください。

その他のリソース additional-resources

詳しくは、TikTok ヘルプセンターページを参照してください。

recommendation-more-help
7f4d1967-bf93-4dba-9789-bb6b505339d6