Adobe Target 接続

最終更新日: 2024-01-22
  • トピック:
  • Destinations
    このトピックの詳細を表示
  • 作成対象:
  • Developer
    User
    Admin
    Leader

宛先の変更ログ

リリース月 更新タイプ 説明
2024年1月 機能とドキュメントの更新。 デフォルトの実稼動サンドボックスと、その他のデフォルト以外のサンドボックス用に、オーディエンスおよびプロファイル属性をAdobe Target接続に共有できるようになりました。
2023年6月 機能とドキュメントの更新 2023 年 6 月以降は、新しいAdobe Targetの宛先接続を設定する際に、オーディエンスを共有するAdobe Targetワークスペースを選択できます。 詳しくは、接続パラメーターの節を参照してください。また、ワークスペースについて詳しくは、Adobe Target でのワークスペースの設定に関するチュートリアルを参照してください。
2023年5月 機能とドキュメントの更新 2023 年 5 月現在、 Adobe Target 接続サポート 属性ベースのパーソナライゼーション およびは、すべてのお客様が一般に利用できます。

概要

Adobe Target は、web サイトやモバイルアプリなど、すべてのインバウンド顧客とのインタラクションで、AI を利用したリアルタイムのパーソナライズと実験の機能を提供するアプリケーションです。

Adobe Targetは、Adobe Experience Platformの宛先カタログのパーソナライゼーション接続です。

ビデオの概要

Experience PlatformでのAdobe Target接続の設定方法の概要については、以下のビデオをご覧ください。

前提条件

Datastream ID

へのAdobe Target接続を設定する際 datastream ID の使用を使用する場合、 Adobe Experience Platform Web SDK 実装済み。

datastream ID を使用せずにAdobe Target接続を設定する場合、Web SDK を実装する必要はありません。

重要

Adobe Target 接続を作成する前に、同じページと次のページのパーソナライズのためのパーソナライズ機能宛先の設定を行う方法を参照してください。このガイドでは、複数のパーソナライゼーションコンポーネントにわたる、同じページおよび次のページのパーソナライゼーションの使用例に必要な設定手順をExperience Platformします。 同じページおよび次のページのパーソナライゼーションの使用例を実現するには、Adobe Target接続を設定する際に datastream ID を使用する必要があります。

Adobe Targetの前提条件

Adobe Targetで、ユーザーが以下を持っていることを確認します。

権限の付与の詳細を表示: Target Premium そして Target Standard.

サポートされるオーディエンス

この節では、この宛先に書き出すことができるオーディエンスのタイプについて説明します。

オーディエンスの起源 サポートあり 説明
Segmentation Service Experience Platform セグメント化サービス.
カスタムアップロード X CSV ファイルから Experience Platform に読み込まれたオーディエンス。

書き出しのタイプと頻度

宛先の書き出しのタイプと頻度について詳しくは、以下の表を参照してください。

項目 タイプ メモ
書き出しタイプ Profile request 単一のプロファイルに対して、Adobe Targetの宛先にマッピングされているすべてのオーディエンスを要求しています。
書き出し頻度 ストリーミング ストリーミングの宛先は常に、API ベースの接続です。オーディエンス評価に基づいて Experience Platform 内でプロファイルが更新されるとすぐに、コネクタは更新を宛先プラットフォームに送信します。詳しくは、ストリーミングの宛先を参照してください。

宛先への接続

重要

宛先に接続するには、 宛先の表示 および 宛先の管理 アクセス制御権限. アクセス制御の概要を参照するか、製品管理者に問い合わせて必要な権限を取得してください。

この宛先に接続するには、宛先設定のチュートリアルの手順に従ってください。

Adobe Experience Platform は、会社の Adobe Target インスタンスに自動的に接続します。認証は必要ありません。

接続パラメーター

この宛先を設定するとき、次の情報を指定する必要があります。

  • 名前:この宛先に希望する名前を入力します。

  • 説明:宛先についての説明を入力します。例えば、この宛先を使用しているキャンペーンを指定できます。このフィールドはオプションです。

  • Datastream ID:オーディエンスを含めるデータ収集データストリームを決定します。 ドロップダウンメニューには、Target サービスとAdobe Experience Platformサービスが有効になっているデータストリームのみが表示されます。 詳しくは、 データストリームの設定 Adobe Experience PlatformとAdobe Targetのデータストリームを設定する方法について詳しくは、こちらを参照してください。

    • なし:Adobe Targetのパーソナライゼーションを設定する必要があるが、 Experience PlatformWeb SDK. このオプションを使用する場合、Experience Platformから Target に書き出されたオーディエンスは、次セッションのパーソナライゼーションのみをサポートし、エッジセグメント化は無効になります。 詳しくは、以下の表を参照してください。
    Adobe Target実装(Web SDK を使用しない) Web SDK の実装
    • Adobe TargetとExperience Platformがサービスとして設定されたデータストリームが必要です。
    • エッジのセグメント化は期待どおりに動作します。
    • 同じページと次のページのパーソナライゼーション はサポートされています。
    • 他のサンドボックスからのオーディエンスおよびプロファイル属性の共有がサポートされます。
  • Workspace:Adobe Targetを選択します。 workspace オーディエンスの共有先となるもの。 Adobe Target 接続ごとに 1 つのワークスペースを選択できます。アクティベーション時に、該当する Experience Platformデータ使用ラベル.

メモ

に対してカスタム Target ワークスペースを使用する場合 属性を含む同じページと次のページのパーソナライゼーション選択したオーディエンス 選択した Target ワークスペースに送信されます。 The マップされた属性 がデフォルトの Target ワークスペースに送信されます。


この動作は、将来のアップデートで変更されます。

アラートの有効化

アラートを有効にすると、宛先へのデータフローのステータスに関する通知を受け取ることができます。リストからアラートを選択して、データフローのステータスに関する通知を受け取るよう登録します。アラートについて詳しくは、UI を使用した宛先アラートの購読についてのガイドを参照してください。

宛先接続の詳細の入力を終えたら「次へ」を選択します。

この宛先に対してオーディエンスをアクティブ化

重要

データをアクティブ化するには、 宛先の表示, 宛先のアクティブ化, プロファイルの表示、および セグメントを表示 アクセス制御権限. アクセス制御の概要を参照するか、製品管理者に問い合わせて必要な権限を取得してください。

読み取り エッジパーソナライゼーションの宛先に対するオーディエンスのアクティブ化 を参照してください。

書き出したデータ

Adobe Target 読み取り Adobe Experience Platform Edge Network からのプロファイルデータなので、データは書き出されません。

データの使用とガバナンス

Adobe Experience Platform のすべての宛先は、データを処理する際のデータ使用ポリシーに準拠しています。Adobe Experience Platform がどのように データガバナンスを実施するかについて詳しくは、データガバナンスの概要を参照してください。

このページ