広告の宛先の概要

概要

Adobe Experience Platformを、デマンドサイドプラットフォーム (DSP)、サプライサイドプラットフォーム (SSP)、広告ネットワークなどのサードパーティの広告プラットフォームに接続し、偽名のオーディエンスをこれらのプラットフォームと共有します。

広告の宛先に接続すると、オーディエンスは ID として宛先プラットフォームに送信され、宛先プラットフォームで知られている ID にマッピングされます。

サポートされる広告の宛先

現在、Experience Platformは、以下に示す広告の宛先をサポートしています。

接続と拡張機能の違いについては、 接続 」をクリックします。

接続

拡張機能

新しい広告の宛先に接続

キャンペーンの広告の宛先にセグメントを送信するには、まず Platform が宛先に接続する必要があります。 新しい宛先の設定について詳しくは、宛先の作成に関するチュートリアルを参照してください。

このページ