(ベータ版)Google Ad Manager 360 接続

IMPORTANT
Googleは Google Ads API, Customer Match、および ディスプレイおよびビデオ 360 API コンプライアンスおよび同意関連の要件をサポートするために、 デジタル市場法 欧州連合 (EU) の (DMA) EU ユーザー同意ポリシー) をクリックします。 同意要件に対するこれらの変更の適用は、2024 年 3 月 6 日から施行される予定です。


EU ユーザーの同意ポリシーに従い、欧州経済圏 (EEA) のユーザーに対してオーディエンスリストを作成し続けるには、広告主やパートナーは、オーディエンスデータをアップロードする際にエンドユーザーの同意を渡す必要があります。 GoogleパートナーのAdobeは、EU の DMA に基づくこれらの同意要件を満たすために必要なツールを提供します。


Adobeのプライバシーとセキュリティシールドを購入し、 同意ポリシー 同意しないプロファイルを除外するには、何のアクションも実行する必要はありません。


Adobeプライバシーとセキュリティシールドを購入していないお客様は、 セグメント定義 内の機能 セグメントビルダー を使用して同意されていないプロファイルを除外し、既存のReal-Time CDP Google Destinations を中断することなく使用し続けます。

Google Ad Manager 360 接続では、Google Cloud Storage を介して、Google Ad Manager 360 への publisher provided identifiers(PPID)のバッチアップロードが可能です。

媒体社が提供した ID が Google Ad Manager 360 でどのように機能するかについて詳しくは、公式 Google ドキュメントを参照してください。

IMPORTANT
この宛先は現在ベータ版で、一部のお客様のみご利用いただけます。Google Ad Manager 360 接続へのアクセスをリクエストするには、アドビ担当者に連絡し、お使いの organization ID を提供します。

Google Ad Manager 360 宛先では、CSV ファイルをお使いの Google Cloud Storage バケットに書き出します。CSV ファイルを書き出したら、お使いの Google Ad Manager 360 アカウントに読み込む必要があります。

宛先の詳細 specifics

Google Ad Manager 360 宛先に固有の次の詳細事項に注意してください。

  • アクティブ化されたオーディエンスは、Google プラットフォームでプログラムにより作成され、CSV ファイルに入力されます。

サポートされる ID supported-identities

This integration では、以下の表で説明する ID のアクティベーションをサポートしています。

ターゲット ID
説明
注意点
PPID
Publisher provided ID
オーディエンスを Google Ad Manager 360 に送信するには、このターゲット ID を選択します。

サポートされるオーディエンス supported-audiences

この節では、この宛先に書き出すことができるオーディエンスのタイプについて説明します。

オーディエンスの起源
サポートあり
説明
Segmentation Service
Experience Platform セグメント化サービス.
カスタムアップロード
CSV ファイルから Experience Platform に読み込まれたオーディエンス。

書き出しのタイプと頻度 export-type-frequency

宛先の書き出しのタイプと頻度について詳しくは、以下の表を参照してください。

項目
タイプ
メモ
書き出しタイプ
プロファイルベース
宛先のアクティベーションワークフローのプロファイル属性の選択画面で選択したように、該当するスキーマフィールド(例:PPID)と共に、セグメントのすべてのメンバーを書き出しています。
書き出し頻度
バッチ
バッチ宛先では、ファイルが 3 時間、6 時間、8 時間、12 時間、24 時間の単位でダウンストリームプラットフォームに書き出されます。 詳しくは、バッチ(ファイルベース)宛先を参照してください。

前提条件 prerequisites

許可リストへの登録 allow-listing

Platform で最初の Google Ad Manager 360 の宛先を設定する前に、許可リストへの登録は必須です。宛先を作成する前に、以下に説明する許可リスト登録プロセスを完了してください。

NOTE
このルールの例外は、既存の Audience Manager 顧客。 この Google の宛先への接続を Audience Manager で既に作成している場合は、許可リストへの登録プロセスを再度実行する必要はありません。次の手順に進んでください。
  1. 次に示す手順に従います: Google Ad Manager のドキュメント Adobeをリンクされたデータ管理プラットフォーム (DMP) として追加する。
  2. Adobe Analytics の Google Ad Manager インターフェイス、に移動します。 管理者 > グローバル設定 > ネットワーク設定、を有効にします。 API アクセス スライダー。

宛先への接続 connect

IMPORTANT
宛先に接続するには、 宛先の表示 および 宛先の管理 アクセス制御権限. 詳しくは、アクセス制御の概要または製品管理者に問い合わせて、必要な権限を取得してください。

この宛先に接続するには、宛先設定のチュートリアルの手順に従ってください。宛先の設定ワークフローで、以下の 2 つの節でリストされているフィールドに入力します。

宛先に対する認証 authenticate

宛先に対する認証を行うには、必須フィールドに入力し、「宛先に接続」を選択します。

  • アクセスキー ID:61 文字の英数字から成る文字列で、Platform に対する Google Cloud Storage アカウントの認証に使用します。
  • 秘密アクセスキー:Base64 でエンコードされた40 文字の文字列で、Platform に対する Google Cloud Storage アカウントの認証に使用します。

これらの値について詳しくは、Google Cloud Storage の HMAC キーガイドを参照してください。独自のアクセスキー ID と秘密アクセスキーを生成する手順については、Google Cloud Storage ソースの概要を参照してください。

宛先の詳細の入力 destination-details

宛先の詳細を設定するには、以下の必須フィールドとオプションフィールドに入力します。UI のフィールドの横のアスタリスクは、そのフィールドが必須であることを示します。

  • 名前:この宛先に希望する名前を入力します。

  • 説明:オプション。例えば、この宛先を使用しているキャンペーンを指定できます。

  • フォルダーパス:書き出したファイルをホストする宛先フォルダーへのパス。

  • バケット名:この宛先が使用する Google Cloud Storage バケット名を入力します。

  • アカウント ID: Audience Link ID から Google アカウント。 これは、 Google Ad Manager ネットワーク ( Network code) をクリックします。 これは、の下にあります。 管理者/グローバル設定 (内) Google Ad Manager インターフェイス。

  • アカウントタイプ:選択した特性に応じて、オプションを選択します Google アカウント:

    • Google AdX に AdX buyer を使用する
    • DoubleClick for Publishers に DFP by Google を使用する
  • オーディエンス名にオーディエンス ID を追加する:Google Ad Manager 360 のオーディエンス名にExperience Platformのオーディエンス ID を含めるには、次のように、このオプションを選択します。 Audience Name (Audience ID).

アラートの有効化 enable-alerts

アラートを有効にすると、宛先へのデータフローのステータスに関する通知を受け取ることができます。リストからアラートを選択して、データフローのステータスに関する通知を受け取るよう登録します。アラートについて詳しくは、UI を使用した宛先アラートの購読についてのガイドを参照してください。

宛先接続の詳細の入力を終えたら「次へ」を選択します。

この宛先に対してオーディエンスをアクティブ化 activate

IMPORTANT
  • データをアクティブ化するには、 宛先の表示, 宛先のアクティブ化, プロファイルの表示、および セグメントを表示 アクセス制御権限. アクセス制御の概要を参照するか、製品管理者に問い合わせて必要な権限を取得してください。
  • 書き出す idID グラフを表示 アクセス制御権限.
    ワークフローでハイライト表示された ID 名前空間を選択して、宛先に対するオーディエンスをアクティブ化します。 {width="100" modal="regular"}

詳しくは、 プロファイルの一括書き出し先に対するオーディエンスデータのアクティブ化 を参照してください。

ID マッピングステップでは、次の事前入力済みマッピングが表示されます。

事前入力済みマッピング
説明
ECID -> ppid
ユーザーによる編集が可能な事前入力済みのマッピングは、これだけです。Platform から任意の属性または ID 名前空間を選択し、それを ppid にマッピングすることができます。
metadata.segment.alias -> list_id
Experience Platformのオーディエンス名をGoogleプラットフォームのオーディエンス ID にマッピングします。
iif(${segmentMembership.ups.seg_id.status}=="exited", "1","0") -> delete
不適格なユーザーをセグメントから削除するタイミングを Google プラットフォームに指示します。

これらのマッピングは Google Ad Manager 360 で必要であり、すべての Google Ad Manager 360 接続に対してAdobe Experience Platform によって自動的に作成されます。

Google Ad Manager 360 のマッピングステップを示す UI 画像

書き出したデータ exported-data

データが正常に書き出されたかどうかを確認するには、Google Cloud Storage バケットを確認し、書き出されたファイルに想定どおりのプロファイル母集団が含まれていることを確認します。

トラブルシューティング troubleshooting

この宛先の使用中にエラーが発生し、AdobeまたはGoogleに連絡する必要がある場合は、次の ID を手元に置いてください。

AdobeのGoogleアカウント ID は次のとおりです。

  • アカウント ID: 87933855
  • 顧客 ID: 89690775
recommendation-more-help
7f4d1967-bf93-4dba-9789-bb6b505339d6