Google Customer Match 接続

IMPORTANT
Googleは、欧州連合(EU)の デジタル市場法(DMA🔗)(EU ユーザー同意ポリシー)で定義されているコンプライアンスおよび同意関連の要件をサポートするために、Google Ads API、Customer Match および Display & Video 360 API に対する変更内容をリリースしています。 同意要件に対するこれらの変更の適用は 2024 年 3 月 6 日(PT)から開始されます。


EU のユーザー同意ポリシーに準拠し、欧州経済領域(EEA)のユーザーに対するオーディエンスリストの作成を続行するには、広告主およびパートナーは、オーディエンスデータをアップロードする際にエンドユーザーの同意を渡していることを確認する必要があります。 Google パートナーとして、Adobeは、欧州連合の DMA に基づくこれらの同意要件に準拠するために必要なツールを提供します。


Adobeのプライバシーとセキュリティシールドを購入し、同意のないプロファイルを除外する 同意ポリシーを設定しているお客様は、何もする必要はありません。


Adobeのプライバシーとセキュリティシールドを購入されていないお客様が既存のReal-Time CDP Googleの宛先を引き続き中断なく使用するには、 セグメントビルダー内の セグメント定義機能を使用して、同意のないプロファイルを除外する必要があります。

Google Customer Match を使用すると、Googleが所有および運営するプロパティ(Search、Shopping、Gmail、YouTube など)をまたいでオンラインおよびオフラインのデータを使用して、顧客にリーチし、再びエンゲージできます。

Adobe Experience Platform UI のGoogle カスタマーマッチの宛先。

ユースケース use-cases

Google Customer Match の宛先を使用する方法とタイミングをより深く理解するために、Adobe Experience Platformのお客様がこの機能を使用して解決できるサンプルユースケースを以下に示します。

のユースケース#1

アスレチックアパレルブランドは、過去の購入と閲覧履歴に基づいてオファーとアイテムをパーソナライズするために、Google Search ールと Google Shopping ールを通じて既存の顧客にリーチしたいと考えています。 アパレルブランドは、メールアドレスを独自の CRM からExperience Platformに取り込み、独自のオフラインデータからオーディエンスを作成できます。 その後、これらのオーディエンスを Google Customer Match に送信し、Search と Shopping で使用することで、広告費用を最適化できます。

のユースケース#2

ある有名なテクノロジー会社が新しい電話を発売しました。 この新しい電話モデルを宣伝するために、彼らは電話の新機能と機能を彼らの電話の以前のモデルを所有しているお客様に認識を高めることを目指しています。

リリースを促進するために、メールアドレスを識別子として使用して、CRM データベースからExperience Platformにメールアドレスをアップロードします。 オーディエンスは、古い電話モデルを所有する顧客に基づいて作成されます。 その後、オーディエンスが Google Customer Match に送信されるので、会社は現在の顧客、古い電話モデルを所有している顧客および同様の顧客を YouTube でターゲットにすることができます。

Google Customer Match 宛先のデータガバナンス data-governance

Experience Platformの一部の宛先には、宛先プラットフォームに送信される、または宛先プラットフォームから受信されるデータに対する特定のルールと義務があります。 お客様は、お客様のデータの制限事項や義務を理解し、Adobe Experience Platformおよび宛先プラットフォームでのデータの使用方法を理解する責任を負います。 Adobe Experience Platformには、これらのデータ使用義務の一部を管理するのに役立つデータガバナンスツールが用意されています。 データガバナンスツールとポリシーについて 詳細情報します。

サポートされている ID supported-identities

Google Customer Match では、以下の表で説明する ID のアクティブ化をサポートしています。 ID についての詳細情報。

ターゲット ID
説明
注意点
GAID
GOOGLE ADVERTISING ID
ソース ID が GAID 名前空間の場合は、このターゲット ID を選択します。
IDFA
Apple の広告主 ID
ソース ID が IDFA 名前空間の場合は、このターゲット ID を選択します。
phone_sha256_e.164
SHA256 アルゴリズムでハッシュ化された E164 形式の電話番号
Adobe Experience Platform では、プレーンテキストと SHA256 でハッシュ化された電話番号の両方がサポートされています。ID の一致要件の節の手順に従って、プレーンテキストには適切な名前空間を、ハッシュ化された電話番号には適切な名前空間をそれぞれ使用します。 ハッシュ化されていない属性がソースフィールドに含まれている場合は、「変換を適用」オプションをオンにして、アクティブ化時に Platform がデータを自動的にハッシュ化するように設定します。
email_lc_sha256
SHA256 アルゴリズムでハッシュ化されたメールアドレス
Adobe Experience Platform では、プレーンテキストと SHA256 でハッシュ化されたメールアドレスの両方がサポートされています。ID の一致要件の節の手順に従って、プレーンテキストには適切な名前空間を、ハッシュ化されたメールアドレスには適切な名前空間をそれぞれ使用します。 ハッシュ化されていない属性がソースフィールドに含まれている場合は、「変換を適用」オプションをオンにして、アクティブ化時に Platform がデータを自動的にハッシュ化するように設定します。
user_id
カスタムユーザー ID
ソース ID がカスタム名前空間の場合は、このターゲット ID を選択します。

サポートされるオーディエンス supported-audiences

この節では、この宛先に書き出すことができるオーディエンスのタイプについて説明します。

オーディエンスオリジン
サポートあり
説明
Segmentation Service
Experience Platform セグメント化サービスを通じて生成されたオーディエンス。
カスタムアップロード
CSV ファイルから Experience Platform に読み込まれたオーディエンス。

書き出しのタイプと頻度 export-type-frequency

宛先の書き出しのタイプと頻度について詳しくは、以下の表を参照してください。

項目
タイプ
メモ
書き出しタイプ
オーディエンスの書き出し
オーディ Google Customer Match ンスの宛先で使用される識別子(名前、電話番号など)を使用して、オーディエンスのすべてのメンバーを書き出します。
書き出し頻度
ストリーミング
ストリーミングの宛先は常に、API ベースの接続です。オーディエンス評価に基づいて Experience Platform 内でプロファイルが更新されるとすぐに、コネクタは更新を宛先プラットフォームに送信します。ストリーミングの宛先の詳細についてはこちらを参照してください。

Google Customer Match アカウントの前提条件 google-account-prerequisites

Experience Platformで Google Customer Match の宛先を設定する前に、Googleのサポートドキュメントに概説されている Customer Match の使用に関するGoogleのポリシーを読んで遵守してください。

次に、Google アカウントが Standard 以上の権限レベルに設定されていることを確認してください。 詳しくは、Google広告のドキュメントを参照してください。

許可リスト allowlist

Experience Platformで Google Customer Match の宛先を作成する前に、Google Ads アカウントが Google Customer Match policy に準拠していることを確認してください。

準拠しているアカウントを持つお客様は、Googleによって自動的に許可リストに加えるされます。

ID の一致要件 id-matching-requirements

Google では、個人を特定できる情報(PII)が明確に送信されないことが必要です。 したがって、Google Customer Match に対してアクティブ化されたオーディエンスは、メールアドレスや電話番号などの識別子を ハッシュ化 してオフにすることができます。

Adobe Experience Platformに取り込む ID のタイプに応じて、対応する要件に従う必要があります。

電話番号のハッシュ要件 phone-number-hashing-requirements

Google Customer Match で電話番号をアクティブ化する方法は 2 つあります。

  • 生の電話番号の取り込み:E.164 形式の生の電話番号を Platform に取り込むことができ、アクティベーション時に自動的にハッシュ化されます。 このオプションを選択する場合は、常に生の電話番号を Phone_E.164 名前空間に取り込んでください。
  • ハッシュ化された電話番号の取り込み:Platform に取り込む前に、電話番号を事前にハッシュ化できます。 このオプションを選択した場合は、ハッシュ化された電話番号を常に PHONE_SHA256_E.164 名前空間に取り込んでください。
NOTE
Phone 名前空間に取り込まれた電話番号は、Google Customer Match でアクティブ化できません。

メールハッシュ要件 hashing-requirements

メールアドレスをAdobe Experience Platformに取り込む前にハッシュ化したり、メールアドレスをExperience Platformで明確に使用して、アクティベーション時 Platform ハッシュ化したりできます。

Googleのハッシュ要件およびその他のアクティベーションに関する制限事項について詳しくは、Googleのドキュメントの次の節を参照してください。

Experience Platformでメールアドレスを取り込む方法については、 バッチ取り込みの概要および ストリーミング取り込みの概要を参照してください。

メールアドレスを自分でハッシュ化する場合は、上記のリンクで概説されているGoogleの要件に必ず準拠してください。

カスタム名前空間の使用 custom-namespaces

User_ID 名前空間を使用してGoogleにデータを送信する前に、gTag を使用して独自の識別情報を同期させる必要があります。 詳しくは、Google公式ドキュメントを参照してください。

ビデオの概要 video-overview

メリットとGoogle カスタマーマッチへのデータのアクティベート方法について詳しくは、以下のビデオをご覧ください。

宛先への接続 connect

IMPORTANT
宛先に接続するには、宛先の表示 および 宛先の管理 アクセス制御権限が必要です。 アクセス制御の概要を参照するか、製品管理者に問い合わせて必要な権限を取得してください。

この宛先に接続するには、宛先設定のチュートリアルの手順に従ってください。

接続パラメーター parameters

この宛先を設定するとき、次の情報を指定する必要があります。

  • 名前:この宛先接続の名前を指定します
  • 説明:この宛先接続の説明を入力します
  • アカウント ID:お使いの Google Ads カスタマー ID。 ID の形式は xxx-xxx-xxxx です。 Google Ads Manager Account (My Client Center) を使用している場合は、マネージャーアカウント ID を使用しないでください。 代わりに、Google Ads 顧客 ID を使用します。
IMPORTANT
  • PII と組み合わせる マーケティングアクションは、Google Customer Match しい宛先に対してデフォルトで選択されており、削除することはできません。

アラートの有効化 enable-alerts

アラートを有効にすると、宛先へのデータフローのステータスに関する通知を受け取ることができます。リストからアラートを選択して、データフローのステータスに関する通知を受け取るよう登録します。アラートについて詳しくは、UI を使用した宛先アラートの購読についてのガイドを参照してください。

宛先接続の詳細の入力を終えたら「次へ」を選択します。

この宛先に対してオーディエンスをアクティブ化 activate

IMPORTANT
  • データをアクティブ化するには、宛先の表示宛先のアクティブ化プロファイルの表示 および セグメントの表示 アクセス制御権限が必要です。 アクセス制御の概要を参照するか、製品管理者に問い合わせて必要な権限を取得してください。
  • ID を宛先に書き出すには、ID グラフの表示 アクセス制御権限が必要です。
    宛先に対してオーディエンスをアクティブ化するために、ワークフローでハイライト表示されている ID 名前空間を選択します。 {width="100" modal="regular"}

この宛先にオーディエンスをアクティブ化する手順については、ストリーミングオーディエンス書き出し宛先に対するオーディエンスデータのアクティブ化を参照してください。

セグメントスケジュール 手順では、IDFA または GAID のオーディエンスを Google Customer Match に送信する際に ​ アプリ ID を指定する必要があります。

アクティベーションワークフローのセグメントスケジュール手順でハイライト表示された「Google顧客一致アプリ ID」フィールド

App ID の検索方法について詳しくは、Googleの公式ドキュメントを参照するかGoogle担当者にお問い合わせください。

マッピング例:Google Customer Match でのオーディエンスデータのアクティブ化 example-gcm

これは、Google Customer Match でオーディエンスデータをアクティブ化する際の、正しい ID マッピングの例です。

ソースフィールドを選択中:

  • 使用しているメールアドレスがハッシュ化されていない場合は、Email 名前空間をソース ID として選択します。
  • Google Customer Match の メールハッシュ要件に従って、Platform へのデータ取り込み時に顧客のメールアドレスをハッシュ化した場合は、Email_LC_SHA256 名前空間をソース ID として選択します。
  • ハッシュ化されていない電話番号がデータに含まれている場合は、PHONE_E.164 名前空間をソース ID として選択します。 Platform は、Google Customer Match の要件に準拠するために電話番号をハッシュ化します。
  • Facebook 電話番号ハッシュ要件に従って、Platform へのデータ取り込みで電話番号をハッシュ化した場合は、Phone_SHA256_E.164 名前空間をソース ID として選択します。
  • データがデバイス ID で構成されている場合は、ソース ID として IDFA 名前空間 Apple 選択します。
  • データがデバイス ID で構成されている場合は、ソース ID として GAID 名前空間 Android 選択します。
  • データが他のタイプの識別子で構成されている場合は、ソース ID として Custom 名前空間を選択します。

ターゲットフィールドを選択:

  • ソース名前空間が Email または Email_LC_SHA256 の場合は、Email_LC_SHA256 名前空間をターゲット ID として選択します。
  • ソース名前空間が PHONE_E.164 または Phone_SHA256_E.164 の場合は、Phone_SHA256_E.164 名前空間をターゲット ID として選択します。
  • ソース名前空間が IDFA または GAID の場合は、IDFA または GAID 名前空間をターゲット ID として選択します。
  • ソース名前空間がカスタム名前空間の場合は、User_ID 名前空間をターゲット ID として選択します。

アクティベーションワークフローのマッピング手順に表示される、ソースフィールドとターゲットフィールドの ID マッピング。

ハッシュ化されていない名前空間のデータは、アクティベーション時に Platform によって自動的にハッシュ化されます。

属性ソースデータは、自動的にはハッシュ化されません。 ハッシュ化されていない属性がソースフィールドに含まれている場合は、「変換を適用」オプションをオンにして、アクティブ化時に Platform がデータを自動的にハッシュ化するように設定します。

アクティベーションワークフローのマッピング手順でハイライト表示されている変換コントロールを適用

Audience Activation が成功したことの確認 verify-activation

アクティベーションフローを完了したら、Google広告 アカウントに切り替えます。 アクティブ化されたオーディエンスは、Google アカウントに顧客リストとして表示されます。 オーディエンスサイズによっては、提供するアクティブユーザーが 100 人以上でない限り、一部のオーディエンスが入力されない場合があります。

オーディエンスを IDFA と GAID の両方のモバイル ID にマッピングす Google Customer Match 場合、ID マッピングごとに個別のオーディエンスが作成されます。 Google Ads アカウントには 2 つの異なるセグメントが表示されます。1 つは IDFA 用、もう 1 つは GAID マッピング用です。

トラブルシューティング troubleshooting

400 Bad Request エラーメッセージ bad-request

この宛先を設定する際に、次のエラーが発生する場合があります。

{"message":"Google Customer Match Error: OperationAccessDenied.ACTION_NOT_PERMITTED","code":"400 BAD_REQUEST"}

このエラーは、顧客アカウントが 前提条件に準拠していない場合に発生します。 この問題を修正するには、Googleに問い合わせて、自分のアカウントが許可リストに登録されており、Standard 以上の権限レベルに設定されていることを確認してください。 詳しくは、Google広告のドキュメントを参照してください。

recommendation-more-help
7f4d1967-bf93-4dba-9789-bb6b505339d6