ストリーミングインジェストの概要

Adobe Experience Platformのストリーミング取得は、クライアントおよびサーバーサイドデバイスからにデータを送信する手段をユーザーに提供します Experience Platform リアルタイム。

ストリームインジェストの機能

Adobe Experience Platformでは、以下を生成することで、調整され、一貫性のある、適切なエクスペリエンスを提供できます Real-Time Customer Profile 個々の顧客ごとに。 ストリーミング取り込みは、を配信できるようにすることで、これらのプロファイルを作成するうえで重要な役割を果たします Profile データをに Data Lake できるだけ少ない待ち時間で。

次のビデオは、ストリーミング取得に関する理解を深めるために用意されており、上記の概念の概要を説明しています。

プロファイルレコードのストリーミングと ExperienceEvents

ストリーミング取り込みを使用すると、ユーザーはプロファイルレコードおよびをストリーミングできます ExperienceEvents 対象: Platform 数秒でリアルタイムのパーソナライゼーションを促進します。 ストリーミング取得 API に送信されるすべてのデータは、に自動的に保持されます。 Data Lake.

詳しくは、ストリーミング接続の作成に関するガイドを参照してください。

データセットへのストリーミング

データがクリーンであると確信したら、次のデータセットを有効にできます Real-Time Customer Profile および Identity Service.

のデータセットの有効化について詳しくは、 Profile および Identity Serviceを読んでください。 データセットガイドの設定.

Experience Platformでのストリーミング取得に想定される待ち時間はどれくらいですか?

IMPORTANT
ストリーミング取り込みのガードレールは、サンドボックスレベルではなく、組織レベルで計算されます。 つまり、サンドボックスごとのデータ使用状況は、組織全体に対応するライセンス使用権限の合計にバインドされます。 さらに、開発用サンドボックスでのデータ使用は、プロファイル全体の 10% に制限されています。 ライセンス使用権限について詳しくは、を参照してください データ管理のベストプラクティスガイド.
宛先
予想遅延時間
リアルタイム顧客プロファイル
第 95 百分位で 15 分未満
データレイク
< 60 分

ストリーミング取り込みに関するリクエスト/秒(RPS)ガイダンス

次の表に、ストリーミング取り込みのリクエスト/秒の制限に関するガイダンスを示します。

RPS 制限
メモ
1 秒あたり 1,000 リクエスト
を使用する場合、これらは複数のメッセージを含むことができます /collection/batch エンドポイント。
1 秒あたり 10000 件の個別メッセージ
を使用すると、メッセージをグループ化して、実際のリクエストの数を減らすことができます /collection/batch エンドポイント。
IMPORTANT
適用される制限はになります 1 分あたり 60 リクエスト デバッグの目的で同期検証を使用する場合。

Adobe Experience Platform 拡張機能

Adobe Experience Platform 拡張機能を使用して、新しいストリーミング接続を作成できます。この Experience Platform 拡張機能には、でフォーマットされたビーコンを送信するアクションが用意されています。 Experience Data Model (XDM)による次へのリアルタイム取り込み Experience Platform. 詳しくは、Experience Platform 拡張機能に関するドキュメントを参照してください。

recommendation-more-help
2ee14710-6ba4-4feb-9f79-0aad73102a9a