プレビュー層の OSGi 設定の指定

最終更新日: 2023-10-17

AEM は、web サイトがパブリッシュ環境になって一般公開される前に、開発者とコンテンツ作成者が web サイトの最終的なエクスペリエンスをプレビューできる Sites プレビューサービスを提供しています。

オーサー環境からは表示されない様々なエクスペリエンスを容易にプレビューできます。 例えば、ページ効果、エクスペリエンスフラグメント、その他の公開側のみのコンテンツなどです。

プレビュー層の OSGi プロパティ値は、パブリッシュ層から継承されます。ただし、service パラメーターを preview 値に設定することで、プレビュー層の値をパブリッシュ層と区別することができます。

メモ

プレビュー環境について詳しくは、環境の管理を参照してください。

プレビュー層の OSGi 設定の設定

次の OSGi プロパティの例では、統合エンドポイントの URL を決定しています。

[
{
"name":"INTEGRATION_URL",
"type":"string",
"value":"http://s2.integrationvendor.com",
"service": "preview"
}
]

詳しくは、OSGi 設定ドキュメントのこの節を参照してください。

開発者コンソールを使用したプレビューのデバッグ

Developer Console を使用してプレビュー層をデバッグするには、次の手順に従います。

  • 開発者コンソールで、「– すべてのプレビュー –」または名前に prev を含む実稼動環境を選択します。
  • プレビューインスタンスの関連情報を生成します。
    お使いの環境の URL を取得する方法の詳細については、環境の管理を参照してください。

このページ