アダプティブフォームの作成

アダプティブフォームを使用すると、魅力的でレスポンシブ、かつ動的でアダプティブなフォームを作成できます。AEM Forms には、アダプティブフォームを作成して操作するための直感的なユーザーインターフェイスと、すぐに使用できる各種のコンポーネントが用意されています。フォームモデルやスキーマをベースとしてアダプティブフォームを作成することも、フォームモデルを使用せずにアダプティブフォームを作成することもできます。フォームモデルを選択する場合、そのモデルが業務上の要件を満たしているかどうかだけでなく、インフラに対する現在の投資や既存のアセットを拡張できるかどうかについても慎重に検討することが重要です。アダプティブフォームは、以下のいずれかの方法で作成できます。

  • フォームデータモデルを使用
    データ統合 を使用すると、異なるデータソースのエンティティとサービスをフォームデータモデルに統合して、アダプティブフォームの作成に使用できます。作成するアダプティブフォームで、複数のデータソースに対するデータの取得と書き込みが必要になる場合は、フォームデータモデルを選択します。

  • XML スキーマ定義(XSD)または JSON スキーマの使用
    XML スキーマおよび JSON スキーマは、組織内のバックエンドシステムによってデータが作成または使用される構造を表します。アダプティブフォームにスキーマを関連付けて、そのスキーマの要素を使用することにより、アダプティブフォームに動的なコンテンツを追加できます。スキーマの要素は、アダプティブフォームをオーサリングする際に、コンテンツブラウザーの「データモデルオブジェクト」タブで使用できます。

  • フォームモデルを使用せずに作成
    このオプションで作成されたアダプティブフォームは、フォームモデルを使用しません。このようなフォームで生成されるデータ XML は、フィールドと対応する値を持つフラットな構造です。

前提条件

アダプティブフォームを作成するには、以下が必要です。

  • アダプティブフォームテンプレート。テンプレートは、基本構造を提供し、アダプティブフォームの外観(レイアウトとスタイル)を定義します。特定のプロパティとコンテンツ構造を含むフォーマット済みのコンポーネントがあります。新しいテンプレートを作成したり、既存のテンプレートを読み込んだり、サンプルテンプレートをダウンロードして読み込んだりできます。
  • アダプティブフォームテーマ。テーマには、コンポーネントとパネルのスタイルを設定するための詳細情報が含まれています。スタイルには、背景色、状態色、透明度、配置、サイズなどのプロパティが含まれます。テーマを適用すると、指定したスタイルが対応するコンポーネントに反映されます。新しいテーマを作成したり、既存のテーマを読み込んだりサンプルテーマをダウンロードして読み込んだりできます。
  • ユーザーを forms-users に追加し、アダプティブフォームを作成するための権限をユーザーに付与します。フォーム専用のユーザーグループの詳細なリストについては、グループと権限を参照してください。

アダプティブフォームの作成

以下の手順を実行して、アダプティブフォームを作成します。

  1. Experience Manager Forms オーサーインスタンスにアクセスします。Cloud インスタンスまたはローカル開発インスタンスの場合があります。

  2. Experience Manager のログインページに資格情報を入力します。

    ログイン後、左上隅の Adobe Experience Managerフォームフォームとドキュメント​をタップします。

  3. 作成」をタップして、「アダプティブフォーム」を選択します。テンプレートを選択して、「次へ」をタップします。

  4. プロパティを追加」オプションが表示されます。以下のプロパティフィールドの値を指定します。「タイトル」フィールドと「ドキュメント名」フィールドは必須です。

    • タイトル:​フォームの表示名を指定します。タイトルを指定すると、Experience Manager Forms ユーザーインターフェイス内のフォームを特定しやすくなります。
    • 名前:​フォームの名前を指定します。指定された名前のノードがリポジトリーに作成されます。タイトルを入力し始めると、名前フィールドの値が自動的に生成されます。候補として入力された値は変更可能です。「ドキュメント名」フィールドには、英数字、ハイフン、アンダースコアのみを使用できます。無効な入力は、すべてハイフンに置き換えられます。
    • 説明:​フォームに関する詳細情報を指定します。
    • タグ:​アダプティブフォームを一意に識別するためのタグを指定します。タグを指定すると、フォームを検索しやすくなります。タグを作成するには、「タグ」ボックスに新しいタグ名を入力します。
  5. 以下のいずれかのフォームモデルに基づいてアダプティブフォームを作成できます。

    これらは、プロパティを追加​ページの「フォームモデル」タブから設定できます。デフォルトで選択されているフォームモデルは、「なし」です。

  6. 作成」をタップします。アダプティブフォームが作成され、フォームを編集用に開くためのダイアログが表示されます。

  7. 開く」をタップし、新しく作成されたフォームを新しいタブで開きます。フォームが編集用に開かれ、テンプレート内の利用可能なコンテンツが表示されます。新しく作成されたフォームを必要に応じてカスタマイズするためのサイドバーも表示されます。

    アダプティブフォームのタイプにより、関連付けられた XML スキーマまたは JSON スキーマに存在するフォーム要素が、サイドバーにある​コンテンツブラウザー​の「データモデルオブジェクト」タブに表示されます。これらの要素もアドラッグ&ドロップしてダプティブフォームを作成できます。

フォームデータモデルに基づくアダプティブフォームの作成

データ統合を使用すると、複数のデータソースを統合し、それらのエンティティとサービスをまとめてフォームデータモデルを作成できます。これは、JSON スキーマの拡張機能です。フォームデータモデルを使用してアダプティブフォームを作成できます。フォームデータモデル内で設定されたエンティティまたはデータモデルオブジェクトは、フォームオーサリングのデータモデルオブジェクトとして使用できます。これらは各データソースに結合され、フォームの事前入力や送信済みデータの各データソースへの書き戻しに使用されます。また、アダプティブフォームルールを使用して、フォームデータモデル内で設定されているサービスを呼び出すこともできます。

フォームデータモデルを使用してアダプティブフォームを作成するには、以下の手順を実行します。

  1. プロパティを追加画面の「フォームモデル」タブで、 次から選択 ドロップダウンリストから「フォームデータモデル」を選択します。

    アダプティブフォームの作成

  2. フォームデータモデルを選択」をタップして展開します。使用可能なすべてのフォームデータモデルが一覧表示されます。フォームデータモデルを選択します。

メモ

アダプティブフォームのフォームデータモデルを変更することもできます。手順について詳しくは、「アダプティブフォームのフォームモデルプロパティの編集」を参照してください。

XML または JSON スキーマに基づくアダプティブフォームの作成

XML スキーマおよび JSON スキーマは、組織内のバックエンドシステムによってデータが作成または使用される構造を表します。アダプティブフォームにスキーマを関連付けて、そのスキーマの要素を使用して、アダプティブフォームに動的なコンテンツを追加できます。スキーマの要素は、アダプティブフォームを作成する際に、コンテンツブラウザーの「データモデルオブジェクト」タブで使用できます。スキーマ要素をドラッグ&ドロップしてフォームを作成できます。

アダプティブフォームのオーサリングのための XML または JSON スキーマの設計方法について理解するには、以下のドキュメントを参照してください。

アダプティブフォームのフォームモデルとして XML または JSON スキーマを使用するには、以下の手順を実行します。

  1. アダプティブフォーム作成ページの​プロパティを追加​ステップで、「フォームモデル」タブをクリックします。

  2. 「フォームモデル」のタブで、 次から選択 ドロップダウンから「スキーマ」を選択します。

  3. スキーマを選択」をタップして、以下のいずれかの操作を行います。

    • ディスクからアップロード - このオプションを選択して、「スキーマ定義をアップロード」をタップし、ファイルシステムから XML スキーマまたは JSON スキーマを参照してアップロードします。アップロードされたスキーマファイルは、フォームと共に保存されますが、他のアダプティブフォームからアクセスすることはできません。

    • リポジトリーを検索 - このオプションを選択して、リポジトリーで使用できるスキーマ定義ファイルのリストから選択します。XML または JSON スキーマファイルをフォームモデルとして選択します。選択したスキーマが参照されてフォームに関連付けられ、他のアダプティブフォームからアクセスして使用できるようになります。

      JSON スキーマファイル名が .schema.json で終わることを確認してください。例:mySchema.schema.json
      XML または JSON スキーマの選択
      XML または JSON スキーマの選択

  4. (XML スキーマのみ)XML スキーマを選択またはアップロードした後、選択した XSD ファイルのルート要素を指定して、アダプティブフォームにマッピングします。

    XSD ルート要素の選択
    XSD ルート要素の選択

メモ

アダプティブフォームのスキーマを変更することもできます。手順について詳しくは、「アダプティブフォームのフォームモデルプロパティの編集」を参照してください。

アダプティブフォームのフォームモデルプロパティの編集

アダプティブフォームは、フォームモデルを使用せずに(フォームモデルの「なし」オプションを使用して)作成することも、フォームモデル(XML スキーマ、JSON スキーマなど)またはフォームデータモデルを使用して作成することもできます。アダプティブフォームのフォームデータモデルを「なし」から別のフォームモデルに変更することもできます。フォームモデルをベースとするアダプティブフォームでは、同じフォームモデルに別の XML スキーマ、JSON スキーマまたはフォームデータモデルを選択することもできます。ただし、フォームモデルを別のフォームモデルに変更することはできません。

  1. アダプティブフォームを選択し、「プロパティ」アイコンをタップします。

  2. フォームモデル」タブを開き、以下のいずれかを実行します。

    • アダプティブフォームにフォームモデルがない場合、別のフォームモデルを選択し、それに応じて XML スキーマ、JSON スキーマまたはフォームデータモデルを選択できます。
    • アダプティブフォームがフォームモデルに基づいている場合、同じフォームモデルに対して別の XML スキーマ、JSON スキーマまたはフォームデータモデルを選択できます。
  3. 保存」をタップして、プロパティを保存します。

このページ