ドキュメントの更新(2016 年)

2016 年にリリースされた Audience Manager の新規および改訂版ドキュメントの一覧です。Experience Cloud リリースノートに含まれていない可能性のある、Audience Manager ガイドの細かな更新や変更が含まれています。

2016 年 12 月

トピック 説明
TraitWeight について アルゴリズムによる検出プロセスの追加手順について説明しました。この手順では、いくつかのデータ処理サイクルを通じたアルゴリズム特性の進化について説明しています。

選択した Audience Manager レポートでのデータサンプリングとエラー率...

新しい情報を追加し、わかりやすさとスタイルを改善しました。

Google Tag Manager(GTM)での DIL とのやり取り

2016 年 5 月におこなわれた Google のアップデート以降、タグのカスタム HTML セクションで DIL コードを読み込むことができます。コードをリモートでホストしなくてもよくなりました。

データ収集および製品統合に関するよくある質問

Audience Manager の IP アドレスと FTP アドレスのホワイトリストへの登録に関する新しい項目が含まれています。

プライバシーとデータ保持に関するよくある質問

元のドキュメントを更新および修正して、プライバシーに関する内容を追加しました。

重複レポートの CSV ファイル

重複レポートがレコード数の上限(100 万件)に達した場合は、そのレポートの .csv ファイルを請求することができます。セグメント間、セグメント/特性間、特性間の重複レポートのファイルが入手可能です。

GA.submitUniversalAnalytics

Google の Universal Analytics から Audience Manager にデータを送信するための新しい DIL メソッドについて説明するドキュメントです。

2016 年 11 月

トピック 説明
Audience Manager の訪問者認証ステータス Audience Manager では、訪問者 ID の認証ステータス UNKNOWN および LOGGED_OUT を同じように処理します。ドキュメントでは、 setCustomerID イベント呼び出しの処理方法を詳しく説明しています。
DPID と DPUUID に代わる CID モバイル識別子データソースに顧客 ID 統合コードを使用できるようになりました。Android デバイスには DSID_20914 CID_IC を、iOS デバイスには DSID_20915 CID_IC を使用します。

Audience Manager で使用される ID の一覧

Audience Manager の ID の詳細なリストについては、このドキュメントを参照してください。

Audience Lab に関するよくある質問

Audience Lab 機能に関するよくある質問です。

アドレス可能なオーディエンスおよび宛先での日付範囲

アドレス可能なオーディエンスおよび宛先に対する期間の働きについて説明する新しい内容です。

アドレス可能なオーディエンスの指標

新規および改訂されたレポート指標に合わせて説明を更新しました。

宛先ホームページ

宛先のランディングページの機能について説明する新しい内容です。

2016 年 10 月

トピック 説明
リアルタイムのアウトバウンド転送での OAuth 2.0 統合 OAuth 2.0 プロトコルを通じて、リアルタイムのアウトバウンドデータ転送のセキュリティを確保できるようになりました。導入するには、担当の Adobe Audience Manager コンサルタントにお問い合わせください。

アルゴリズムモデル

タイトルを「モデル」から「アルゴリズムモデル」に変更しました。

プロバイダーにより、データフィードが非アクティブ化された場合の影響

無効化用電子メールの添付ファイルで指定されている間違ったヘッダー名を修正しました。

宣言された ID 変数

ID サービスのドキュメントへのリンク切れを修正しました。

Audience Manager への DCM データファイルの取り込み

DCM アカウントマネージャーにファイル形式を確認するようにお客様に促す注意書きを追加しました。

GA.init

Google のアナリティクスコード analytics.js の最新バージョンでは GA.init() が機能しないことを明示しました。

Amazon S3:概要

一括アウトバウンドデータ転送の保存時暗号化の説明を追加しました。

定義済みのプロファイルの結合ルールオプション

Adobe Experience Cloud Device Co-op の詳しい説明を追加しました。

2016 年 9 月

トピック 説明
プライバシーに関するよくある質問 フランスの CNIL による法規制を遵守するために、demdex Cookie とパートナー Cookie の有効期間(TTL)値を 180 日に変更しました。
Experience Cloud で使用される Cookie フランスの CNIL による法規制を遵守するために、demdex Cookie とパートナー Cookie の有効期間(TTL)値を 180 日に変更しました。
データ統合ライブラリ(DIL)について データ統合ライブラリ(DIL)の概要です。
受信データファイルコンテンツ:構文、無効な文字、変数、例 受信データファイルの特性 ID における無効文字のリストを更新しました。

アドレス可能なオーディエンス

細かな修正と内容の再編成をおこないました。

Audience Manager のタイムゾーン

Audience Manager は UI 全体で協定世界時(UTC)を使用しています。

API コードの移行

セグメントテストグループ API およびデータフィード要求 API へのリンクを追加しました。

2016 年 8 月

トピック 説明

Audience Lab

セグメントテストグループに重複のないテストセグメントを作成すると、様々な宛先の有効性を測定し比較することができます。

DCS エラーコード、メッセージ、例

お客様が目にする新しいエラーコードを一覧に追加しました。

デジタル署名付き HTTP リクエスト

サーバー間 HTTP リクエストを暗号化する理由と方法を説明するドキュメントです。

プラットフォームレベルのキーによるデバイスターゲティング

Device Atlas による測定に従って、最もよく目にするデバイスキーのダウンロード可能なリストを追加しました。

DCS エラーコード、メッセージ、例

お客様が目にする新しいエラーコードを一覧に追加しました。

secureDataCollection

DIL で HTTP または HTTPS を使用してデータ収集の呼び出しをおこなう方法を制御します。

API に関するよくある質問

DIL で GET および POST メソッドを使用してイベント呼び出しでデータを送信する理由を説明する内容を追加しました。

リアルタイム送信データ転送

要件と情報を追加しました。

2016 年 7 月

トピック 説明

オンボーディングステータスレポート:概要

UI の再設計に合わせてドキュメントを修正しました。

一括管理の概要

新しい一括管理テンプレート v0.4.2 がダウンロード可能です。

Audience Optimization レポート

Audience Optimization レポートが更新され、クロスチャネルコンバージョン、役割に基づくアクセス制御、コンバージョングループ、レポートされたコンバージョン特性レポートが追加されました。

クロスチャネルコンバージョン

Audience Optimization レポートの「Cross Channel Conversion」オプションを使用すると、提供されたオンラインのインプレッションやクリックがオフラインのコンバージョンにどの程度貢献しているかを把握することができます。

報告されたコンバージョン特性

このレポートでは、特定の日付において、コンバージョングループのコンバージョン特性としてラベル付けされたすべての特性が表示されます。

プラットフォームレベルのキーによる GeoTargeting(地域に基づくターゲティング)

キーのリストを最新の値に更新しました。

プラットフォームレベルのキーによるデバイスターゲティング

Audience Manager アカウントのすべてのプロパティにわたってデバイス関連変数を使用して、ユーザーをターゲティングするのに使用できるプラットフォームレベルの共通のキー値ペアについて説明する新しいドキュメントです。

2016 年 6 月

トピック 説明

サーバー側転送

2017 年 9 月に Audience Manager ドキュメントから削除されました。Analytics ドキュメントに移動しました。

ピクセル呼び出しを使用したキャンペーンのインプレッションデータのキャプチャ

モバイル ID を d_cid で渡す説明を追加しました。

ベータ環境

DCS、UI、API のホスト名を更新しました。

API URL

ベータ環境のホスト名を更新しました。

2016 年 4 月

トピック 説明

Experience Cloud 訪問者 ID のバージョン

ID 1 と ID 2 のテキストを修正しました。

プロファイル結合ルールダッシュボード

ダッシュボードの新しい結合ルールカードの説明を追加しました。

定義済みのプロファイルの結合ルールオプション

新しいレポート指標が追加されました。

プロファイル結合ルールのレポート指標

プロファイル結合のレポート指標およびグラフを定義する新しいドキュメントです。

Analytics での Audience Manager セグメント

Audience Manager セグメントを Analytics とリアルタイムに共有します。

宛先

宛先のドキュメントの内容と構成を大幅に変更しました。これらの変更は、複雑さを軽減し、Cookie および URL の宛先のワークフローをより明確にするためのものです。

2016 年 3 月

トピック 説明

特性ビルダーでの比較演算子の使用

新しい名前の演算子 Matcheswords が追加されました。この演算子では、正規表現を使用せずに、一致する単語のパターンを指定できます。

2016 年 2 月

トピック 説明

購読者のデータフィードを非アクティブ化する

Audience Marketplace のデータプロバイダーが加入者のフィードを非アクティブ化する方法について説明します。

プロバイダーにより、データフィードが非アクティブ化された場合の影響

Audience Marketplace でプロバイダーがデータフィードへのアクセスを無効にした場合、データ購入者はどうすればよいかを説明します。

DCS エラーコード、メッセージ、例

Cookie のブロックについてのエラー 172 を追加しました。

ID 同期ファイルの名前およびコンテンツの要件

より明確な説明になるように内容を修正しました。ファイル名とファイルコンテンツ ID が互いにどのように対応しているかを説明する新しい節です。

受信データファイルの Amazon S3 の名前に関する要件

ファイル名の Android および iOS コードの構文を追加しました。

受信データファイルの FTP の名前に関する要件

2016 年 1 月

トピック 説明

OAuth 認証

権限に基づく認証と暗黙の認証のリンクを追加しました。

Google AdWords リマーケティングリストへのセグメントの送信

セグメントデータを Google AdWords リマーケティングリストに送信する方法の説明です。

訪問者プロファイルビューア

この機能の利用には管理者権限が必要であることを説明する注意書きを追加しました。

DIL create

declaredId のテキストを修正しました。顧客 ID はエンコードされていない値でのみ渡す必要があります。ID のエンコードによって、識別子が二重にエンコードされます。

サーバー間 DCS API 呼び出しの実行

d_mid 変数の説明を追加しました。

DCS API 呼び出しでサポートされている属性

ピクセル呼び出しを使用したキャンペーンのインプレッションデータのキャプチャ

d_mid d_region のキーおよびマクロを新しく追加しました。

Audience Optimization レポートのデータファイル

イベントタイプの説明を新しく追加しました。

データプロバイダーの請求レポートについて

Audience Marketplace 請求レポートの各項目を定義する新しいドキュメントです。

セグメントビルダーの特徴とセグメントサイズデータ

特性とセグメントの 30 日間合計の違いについての説明を追加しています。

Audience Marketplace のプランの詳細ページについて

購入者のサブスクリプション詳細ページに表示されるプラン情報について説明する新しいドキュメントです。

このページ

Adobe Summit Banner

A virtual event April 27-28.

Expand your skills and get inspired.

Register for free
Adobe Summit Banner

A virtual event April 27-28.

Expand your skills and get inspired.

Register for free
Adobe Maker Awards Banner

Time to shine!

Apply now for the 2021 Adobe Experience Maker Awards.

Apply now
Adobe Maker Awards Banner

Time to shine!

Apply now for the 2021 Adobe Experience Maker Awards.

Apply now