Adobe Experience Platform リリースノート

リリース日:2023年10月25日(PT)

Experience Platformの既存の機能に対するアップデート:

ダッシュボード dashboards

Adobe Experience Platform では、毎日のスナップショットで得られた、組織のデータに関する重要なインサイトを確認できる複数のダッシュボードを提供しています。

新機能または更新された機能

機能
説明
宛先の使用状況指標
ライセンス使用状況ダッシュボードに新しい計測指標が追加されました。 「Audience Activationサイズ」と「データ書き出しサイズ」指標は、ライセンス使用権限に関して Platform から書き出したデータの量を追跡するのに便利です。 これらを始めとするライセンス使用状況指標の説明については、 利用可能な指標のドキュメントを参照してください。

アクセス権限の付与方法やカスタムウィジェットの作成方法など、ダッシュボードの詳細については、まずダッシュボードの概要を参照してください。

データ収集 data-collection

Adobe Experience Platform では、クライアントサイドのカスタマーエクスペリエンスデータを収集し、Adobe Experience Platform Edge Network に送信できます。そこでデータを補強して変換し、アドビまたはアドビ以外の宛先に配信できます。

新機能または更新された機能

タイプ
機能
説明
拡張機能
Meta Conversions API の機能強化

Meta Conversions API 拡張機能は 3 つ強化されました。

  • Meta Business Extension (MBE) との統合:Conversions API とAdobeの統合の pixelID およびアクセストークンを共有できるようにすることで、シームレスなログインエクスペリエンスを作成します。
  • Event Match Quality Score (EMQ) との統合:目的のアクションを完了する可能性が高い人物に広告を配信し、アクションを配信された広告にリンクすることができます。
  • LiveRamp (Alpha) との統合:LiveRamp の RampID を CIP フィールドに渡すことができるため、パートナーや Meta と直接 PII を共有する必要がなくなります。
拡張機能
LinkedIn Conversions API
LinkedIn Conversions API 拡張機能を使用すると、Experience PlatformイベントデータをLinkedInに転送して、LinkedIn マーケティングキャンペーンの有効性を評価できます。
秘密鍵
LinkedIn OAuth2 シークレット
LinkedIn OAuth 2 シークレットを使用すると、イベント転送で、サーバー間インタラクションを LinkedIn に送信できます。
イベント転送
タグとイベント転送の更新
Platform の タグおよび イベント転送のパフォーマンスを保持するために、成功および失敗の両方の最新の開発ビルドとステージビルドのみが保持されます。 使用されなくなったビルドはすべて削除されます。 さらに、スロットルとレート制限が実装され、少数の大量の API 使用によって他のユーザーの API パフォーマンスが低下することがなくなりました。
拡張機能
要素、ルールおよび拡張機能
要素、ルール、拡張機能がライブラリ出力で並べ替えられ、複数のビルドと同じライブラリのデプロイメント間の一貫性が確保されるようになりました。

データ収集について詳しくは、データ収集の概要を参照してください。

宛先 destinations

Destinations は、Adobe Experience Platform からのデータの円滑なアクティベーションを可能にする、事前定義済みの出力先プラットフォームとの統合です。宛先を使用して、クロスチャネルマーケティングキャンペーン、メールキャンペーン、ターゲット広告、その他多くの使用事例に関する既知および不明なデータをアクティブ化できます。

新規宛先または更新された宛先

宛先
新規/アップデート
説明
MoEngage
新規
Moengage の宛先を使用して、Adobeデータ(ユーザー属性、セグメント、イベント)を MoEngage にリアルタイムに接続およびマッピングします。 その後、顧客はこのデータに基づいて行動し、パーソナライズされたターゲット設定されたエクスペリエンスを提供できます。
Qualtrics Automations
新規
Adobe Experience Platformの複数のオペレーショナルデータソースの集計を Qualtrics Experience ID の入力として使用することで、顧客をより深く理解し、目的、感情、エクスペリエンスの要因を理解する際に、ターゲットを絞ったアウトリーチによってギャップを埋めることができます。

新機能または更新された機能

機能
説明
(Beta)計算フィールドでのハッシュ関数のサポート
配列または配列から要素を書き出すための 特定の関数に加えて、追加の ハッシュ関数を使用して、書き出されたファイルの属性をハッシュ化できるようになりました。 サポートされているハッシュ関数は、shasha256sha512hashmd5crc32 です。
(限定的な GA)特定の宛先に対するアカウントオーディエンスのアクティブ化
Real-Time CDP B2B のお客様は、特定の宛先に対して アカウントオーディエンスをアクティブ化できるようになりました。 この機能について詳しくは、 アカウントオーディエンスの有効化チュートリアルを参照してください。

修正および機能強化

宛先の一般的な情報については、宛先の概要を参照してください。

サンドボックス sandboxes

Adobe Experience Platform は、デジタルエクスペリエンスアプリケーションをグローバルな規模で強化するように設計されています。企業ではしばしば複数のデジタルエクスペリエンスアプリケーションを並行して運用し、運用コンプライアンスを確保しながら、アプリケーションの開発、テスト、導入に注力する必要があります。このニーズに対応するために、Experience Platformでは、1 つの Platform インスタンスを別々の仮想環境に分割するサンドボックスを提供し、デジタルエクスペリエンスアプリケーションの開発と発展を支援しています。

新機能

機能
説明
サンドボックスツール
サンドボックスツール機能を使用すると、サンドボックス間の設定精度を向上させ、サンドボックス設定の書き出しと読み込みをサンドボックス間でシームレスに行うことができます。 サンドボックスツール機能を使用して、様々なオブジェクトを選択し、それらをパッケージに書き出すことができます。 詳しくは、 サンドボックスツール UI ガイドを参照してください。

サンドボックスについて詳しくは、 サンドボックスの概要 を参照してください。

セグメント化サービス segmentation

Segmentation Service を使用すると、Experience Platform に保存されている、個人(顧客、見込み客、ユーザー、組織など)に関連するデータをオーディエンスにセグメント化できます。オーディエンスは、セグメント定義または Real-Time Customer Profile データの他のソースを通じて作成できます。これらのオーディエンスは Platform で一元的に設定および管理されており、Adobe ソリューションから簡単にアクセスできます。

新機能

機能
説明
アカウントオーディエンス (限定 GA)
Real-time Customer Data Platform B2B Edition では、アカウントのセグメント化を使用して、ユーザーベースのオーディエンスからアカウントベースのオーディエンスまで、マーケティングのセグメント化エクスペリエンスを完全に簡単かつ高度にすることができます。 この機能について詳しくは、 アカウントオーディエンスの概要を参照してください。

セグメント化サービスの詳細については、「セグメント化サービスの概要」を参照してください。

ソース sources

Experience Platform は、様々なデータプロバイダーのソース接続を簡単に設定できる RESTful API とインタラクティブ UI を備えています。これらのソース接続を使用すると、外部ストレージシステムおよび CRM サービスの認証と接続、取得実行時間の設定、データ取得スループットの管理を行うことができます。

新機能または更新された機能

機能
説明
データランディングゾーンの認証を更新しました
資格情報を表示する際に、データランディングゾーンに指定された有効期限を表示できるようになりました。 アプリケーションで引き続き使用するには、有効期限より前にトークンを更新する必要があります。 指定された有効期限の前にトークンを手動で更新しない場合、次回資格情報を取得する際に自動的に更新され、新しいトークンが提供されます。 詳しくは、 データランディングゾーンの使用に関するドキュメントを参照してください。

ソースについて詳しくは、 ソースの概要を参照してください。

recommendation-more-help
76ad3ef1-9c0e-417b-8891-a4c7034d8bac