モバイルアプリでの Adobe Experience Cloud の実装のチュートリアル

Adobe Experience Platform Mobile SDK を使用して、モバイルアプリに Adobe Experience Cloud アプリケーションを実装する方法を説明します。

Experience Platformモバイル SDK は、Adobe Experience Cloudのお客様がAdobe Experience Platform Edge Network を通じてAdobeアプリケーションとサードパーティのサービスの両方を操作できるようにする、クライアントサイド SDK です。 詳しくは、 Adobe Experience Platform Mobile SDK ドキュメント を参照してください。

ビルド設定

このチュートリアルでは、Luma と呼ばれるサンプル小売アプリケーションで Platform Mobile SDK を実装する手順を説明します。 この Luma アプリ には、現実的な実装を構築できる機能があります。 このチュートリアルを完了すると、すべてのマーケティングソリューションを、Platform Mobile SDK を通じて独自のモバイルアプリに実装する準備が整います。

このレッスンはiOS向けに設計され、Swift で記述されていますが、概念の多くは Android™にも当てはまります。

このチュートリアルでは、次の内容について学習します。

メモ

同様のマルチソリューションチュートリアルを Web SDK.

前提条件

このレッスンでは、練習を完了するために必要な Adobe ID と権限があることを前提としています。アクセスできない場合は、Adobe管理者に問い合わせて、アクセス権を要求する必要があります。

  • データ収集には、以下が必要です。
    • プラットフォーム — 権限項目 モバイル

    • プロパティ権限 — 許可する項目 開発, 承認, 公開, 拡張機能の管理、および 環境の管理.

    • 会社権限 — 許可する項目 プロパティを管理 また、オプションのプッシュメッセージレッスンを完了している場合、 アプリ設定を管理

      タグ権限について詳しくは、 タグのユーザー権限 を参照してください。

  • Experience Platformでは、次が必要です。
    • データモデリング — スキーマを管理および表示する権限項目です。

    • Identity Management—id 名前空間を管理および表示する権限項目です。

    • データ収集 — データストリームを管理および表示する権限項目。

    • リアルタイム CDP、Journey Optimizer、Customer Journey Analyticsなどのプラットフォームベースのアプリケーションをご利用の場合は、次のものも必要です。

      • データ管理 — データセットを管理および表示して完了する権限項目 オプションの Platform 演習 ( Platform ベースのアプリケーションのライセンスが必要です)。
      • 開発 サンドボックス このチュートリアルで使用できる
  • Adobe Analyticsの場合は、どちらかを知っておく必要があります レポートスイート を使用して、このチュートリアルを完了できます。

すべてのExperience Cloudのお客様は、Mobile SDK のデプロイに必要な機能にアクセスできる必要があります。

また、あなたが~に詳しいと想定されています Swift. レッスンを完了するのに専門家である必要はありませんが、コードを快適に読んで理解できれば、レッスンを最大限に活用することができます。

Luma アプリケーションのダウンロード

サンプルアプリケーションの 2 つのバージョンをダウンロードできます。

  1. — このチュートリアルの実践演習を完了するためのExperience Cloudコードのないバージョン
  2. 完全実装済み — 参照用に完全なExperience Cloud実装を含むバージョン。

それでは、始めましょう。

次へ: XDM スキーマの作成

メモ

Adobe Experience Platform Mobile SDK の学習に時間を割いていただき、ありがとうございます。 ご質問がある場合、一般的なフィードバックを共有したい場合、または今後のコンテンツに関する提案がある場合は、こちらで共有してください Experience Leagueコミュニティディスカッション投稿

このページ