待機アクティビティ

パス内の次のアクティビティを実行するまで待機する場合は、「待機」アクティビティを使用できます。後に続くアクティビティを実行するタイミングを定義できます。選択肢は次の 3 つあります。

待機アクティビティについて

最大の待機期間は 30 日です。テストモードでは、「テストの待機時間」パラメーターを使用すると、各待機アクティビティの持続時間を定義できます。デフォルト時間は 10 秒です。これにより、テスト結果を迅速に取得できます。このページを参照してください。

1 つのジャーニーで複数の待機アクティビティを使用する場合、グローバルなジャーニーのタイムアウトは 30 日なので、プロファイルは常にジャーニーに入って 30 日後に最大でジャーニーからドロップアウトするので、注意が必要です。

期間待機

次のアクティビティを実行するまでの待機期間を選択します。

固定日待機

次のアクティビティの実行日を選択します。

カスタム待機

このオプションでは、イベントやデータソースのフィールドに基づく高度な式を使用して、カスタムの日付(例:2020 年 7 月 12 日午後 5 時)を定義できます。カスタムの期間(例えば 7 日など)を定義することはできません。式エディターでは、式を dateTimeOnly 形式にする必要があります。このページを参照してください。dateTimeOnly 形式の詳細については、このページを参照してください。

メモ

dateTimeOnly 式を利用するか、関数を使用して dateTimeOnly に変換することができます。例:「toDateTimeOnly(@{Event.offerOpened.activity.endTime})」の場合、イベント内のフィールドは「2016-08-12T09:46:06Z」の形式になります。

ジャーニーのプロパティには​タイムゾーン​が必要です。そのため、今のところ、時刻とタイムゾーンのオフセットを組み合わせた、完全な ISO-8601 タイムスタンプ(2016-08-12T09:46:06.982-05 など)をインターフェイスから直接指定することはできません。このページを参照してください。

このページ