アカウントプロファイルの概要

メモ

アカウントプロファイルは、Real-time Customer Data Platform B2B Edition をご利用のお客様のみが利用できます。 利用可能な機能をはじめ Real-time CDP B2B Edition について詳しくは、まず Real-time CDP B2B Edition の概要を参照してください。

アカウントプロファイルを使用すると、複数のソースのアカウント情報を統合できます。 このアカウントの統合ビューは、多くのマーケティングチャネルと、顧客のアカウントデータを保存するために現在使用中の様々なシステムをまたいだデータをまとめます。B2B ワークフローの一部としてアカウントプロファイルを作成する方法について詳しくは、エンドツーエンドのチュートリアルを参照してください。

様々なソースのアカウントデータを組み合わせることで、各顧客アカウントとそれらに関連するビジネス機会および接点の全体像を詳細に把握できます。 これにより、組織はこれまでより一歩進んだ B2B マーケティングキャンペーンを展開できるようになります。 Real-time CDP B2B Edition の特長について詳しくは、Real-time CDP B2B Edition のユースケースを参照してください。

アカウントプロファイルビューア

Real-time CDP B2B Editionでは、Experience Platform ユーザーインターフェイスを使用して、アカウントプロファイルを表示し、接続されたエンタープライズソースからのアカウント ID を使用するか、ソースの詳細を直接入力することにより、特定のアカウントを検索できます。Platform UI 内でアカウントプロファイルを表示する方法について詳しくは、アカウントプロファイル UI ガイドを参照してください。

このページ