Google Customer Match connection

概要

Google Customer Matchを使用すると、オンラインおよびオフラインのデータを使用して、Googleが所有し、運営する次のようなプロパティを通じて顧客に連絡し、顧客と再び関わり合うことができます。 Search、 Shopping、、 Gmailおよび YouTube。

Adobe Experience PlatformUIのGoogle Customer Matchの表示先

使用例

Google Customer Match宛先の使い方と使い方を理解するために、Adobe Experience Platformのお客様がこの機能を使って解決できる使用例を以下に示します。

使用例1

Google SearchとGoogle Shoppingを通じて既存の顧客に連絡し、過去の購入や閲覧の履歴に基づいてオファーやアイテムをパーソナライズしたいと考えているスポーツアパレルブランドです。 アパレルブランドは、自社のCRMからExperience Platformに電子メールアドレスを取り込み、自社のオフラインデータからセグメントを作成できます。 その後、Google Customer Matchにこれらのセグメントを送信して、SearchとShoppingで使用し、広告費用を最適化できます。

使用例2

有名なテクノロジー会社が新しい電話を始めました。 この新しい電話モデルを推進するために、電話の新機能を以前のモデルを所有するお客様に知らせたいと考えています。

このリリースを促進するために、電子メールアドレスを識別子として使用し、CRMデータベースからExperience Platformに電子メールアドレスをアップロードします。 セグメントは、古い電話モデルを所有する顧客に基づいて作成されます。 次に、セグメントがGoogle Customer Matchに送信されるので、会社は、現在の顧客、古い電話モデルを所有する顧客、および類似の顧客をYouTubeでターゲットできます。

Google Customer Match宛先のデータ・ガバナンス

Experience Platform内の一部の宛先には、宛先プラットフォームに送信または受信するデータに対する特定のルールと義務があります。 データの制約事項と義務、およびそのデータをAdobe Experience Platformや目的地プラットフォームでどのように使用するかについては、責任を持って理解してください。 Adobe Experience Platformは、データ使用上の義務の一部を管理するのに役立つデータ管理ツールを提供しています。 データ管理ツールとポリシーに ついて詳しく説明します。

サポートされるID

Google Customer Match は、次の表に示すIDのアクティベーションをサポートしています。IDの詳細を表示します。

ターゲットID 説明 注意点
GAID Google広告ID ソースIDがGAID名前空間の場合は、このターゲットIDを選択します。
IDFA Apple の広告主 ID ソースIDがIDFA名前空間の場合は、このターゲットIDを選択します。
phone_sha256_e.164 E164形式の電話番号。SHA256アルゴリズムでハッシュ化 平文とSHA256ハッシュの両方の電話番号がAdobe Experience Platformでサポートされています。 「ID matching requirements」の説明に従い、プレーンテキストとハッシュ化された電話番号にそれぞれ適切な名前空間を使用します。 ソースフィールドにハッシュ化されていない属性が含まれている場合は、「変換を適用」オプションをオンにして、アクティベーション上のデータを自動的にハッシュ化します。Platform
email_lc_sha256 SHA256アルゴリズムでハッシュ化された電子メールアドレス プレーンテキストとSHA256ハッシュの電子メールアドレスの両方が、Adobe Experience Platformでサポートされています。 「ID matching requirements」の説明に従い、プレーンテキストとハッシュ化された電子メールアドレスにそれぞれ適切な名前空間を使用します。 ソースフィールドにハッシュ化されていない属性が含まれている場合は、「変換を適用」オプションをオンにして、アクティベーション上のデータを自動的にハッシュ化します。Platform
user_id カスタムユーザーID ソースIDがカスタムターゲットの場合は、この名前空間IDを選択します。

エクスポートタイプ

セグメントエクスポート — セグメント(オーディエンス)のすべてのメンバーを、 Google Customer Match 宛先で使用されている識別子(名前、電話番号など)と共にエクスポートします。

Google Customer Match アカウントの前提条件

Experience PlatformでGoogle Customer Match宛先を設定する前に、Googleサポートドキュメントで説明されているCustomer Matchを使用する際のGoogleのポリシーを読み、それに従っていることを確認してください。

許可リスト

メモ

Experience Platformの最初のGoogle Customer Match宛先を設定する前に、Googleの許可リストに追加する必要があります。 リンク先を作成する前に、Googleが以下に説明する許可リストプロセスを完了していることを確認してください。

Experience PlatformでGoogle Customer Matchのアップロード先を作成する前に、Googleに問い合わせて、GoogleドキュメントのUse Customer Match partners to upload your dataの許可リスト手順に従う必要があります。

また、GoogleのUser_IDを使用してデータをアップロードする場合は、アカウントを追加する必要がある2つ目のGoogle許可リストもあります。 アカウントを許可リストに追加するには、Googleのアカウントマネージャーにお問い合わせください。

IDの一致要件

Google 個人識別情報(PII)を明確に送信しないようにする必要があります。したがって、Google Customer Matchに対してアクティブ化されたオーディエンスは、電子メールアドレスや電話番号など、ハッシュ化された​識別子をキーオフにすることができます。

Adobe Experience Platformに取り込むIDのタイプに応じて、対応する要件に従う必要があります。

電話番号のハッシュ要件

Google Customer Matchで電話番号をアクティブにする方法は2つあります。

  • 生の電話番号を取り込む:生の電話番号を E.164 形式で取り込んで、アクティベーション時に自動的にハッシュ化 Platformされます。このオプションを選択する場合は、必ず生の電話番号をPhone_E.164名前空間に取り込むようにしてください。
  • ハッシュ化された電話番号を取り込む:に取り込む前に電話番号を事前にハッシュ化でき Platformます。このオプションを選択する場合は、ハッシュ化された電話番号を必ずPHONE_SHA256_E.164名前空間に取り込むようにしてください。
メモ

Phone名前空間に取り込まれた電話番号は、Google Customer Matchでは有効にできません。

Eメールハッシュ要件

電子メールアドレスをAdobe Experience Platformに取り込む前にハッシュ化したり、Experience Platform内で明確な電子メールアドレスを使用して、アクティベーション上でPlatformハッシュ化したりできます。

Googleのハッシュ要件およびアクティベーションに関するその他の制限について詳しくは、Googleのドキュメントの次の節を参照してください。

Experience Platformでの電子メールアドレスの取り込みについて詳しくは、バッチインジェストの概要およびストリーミングインジェストの概要を参照してください。

電子メールアドレスを自分でハッシュする場合は、上のリンクで説明したGoogleの要件に準拠していることを確認してください。

カスタム名前空間の使用

User_ID名前空間を使用してGoogleにデータを送信する前に、gTagを使用して自分のIDを同期させてください。 詳細については、Googleの公式文書を参照してください。

リンク先の設定 — ビデオチュートリアル

次のビデオでは、Google Customer Match宛先を設定し、セグメントをアクティブにする手順を示します。 手順は、次のセクションで順番にレイアウトされます。

宛先に接続

宛先/カタログ​で、広告​カテゴリまでスクロールします。 「Google Customer Match」を選択し、「設定」を選択します。

Google Customer Matchのリンク先に接続

メモ

この宛先との接続が存在する場合は、宛先カードに「Activate」ボタンが表示されます。 「アクティブ化」と「設定」の違いについて詳しくは、保存先のワークスペースドキュメントの「カタログ」の節を参照してください。

アカウント​の手順で、Google Customer Match宛先への接続を事前に設定している場合は、「既存のアカウント」を選択し、既存の接続を選択します。 または、「新しいアカウント」を選択して、Google Customer Matchへの新しい接続を設定できます。 ログインしてGoogle Adアカウントに接続するには、[宛先に接続]​を選択します。

メモ

Experience Platformは、認証プロセスでの秘密鍵証明書の検証をサポートします。 Google Adアカウントに正しくない資格情報を入力した場合は、正しくない資格情報でワークフローが完了しないようにエラーメッセージが表示されます。

Google Customer Matchの宛先に接続 — 認証手順

資格情報が確認され、Adobe Experience CloudがGoogleアカウントに接続されたら、「次へ」を選択して、認証​の手順に進むことができます。

資格情報の確認

認証​手順で、名前​と​説明​をアクティベーションフローに入力し、Googleの​アカウントID​を入力します。

この手順では、この宛先に適用する​マーケティングアクション​を選択することもできます。 マーケティングアクションは、データがエクスポート先にエクスポートされる意図を示します。 Adobe定義のマーケティングアクションから選択するか、独自のマーケティングアクションを作成することができます。 マーケティングアクションについて詳しくは、データ使用ポリシーの概要を参照してください。

上記のフィールドに入力した後、「宛先を作成」を選択します。

重要
  • 「PIIと結合」マーケティングアクションは、デフォルトでGoogle Customer Match宛先に対して選択されており、削除できません。
  • Google Customer Match宛先用。 アカウント IDは、Googleを使用する顧客のクライアントIDです。IDの形式はxxx-xxx-xxxxです。

Google Customer Matchの接続 — 認証手順

これで宛先が作成されました。後でセグメントをアクティブにする場合は、「保存して終了」を選択します。また、「次へ」を選択してワークフローを続行し、アクティブ化するセグメントを選択することもできます。どちらの場合も、残りのワークフローについては、次の「 Google Customer Matchにセグメントをアクティブにする」を参照してください。

セグメントをGoogle Customer Matchにアクティブ化

Google Customer Matchにセグメントをアクティブ化する方法については、宛先へのデータのアクティブ化を参照してください。

セグメントスケジュール​の手順で、IDFAまたはGAIDセグメントをGoogle Customer Matchに送信する際に、アプリIDを指定する必要があります。

Google Customer Match App ID

App IDを見つける方法の詳細については、Googleの公式文書を参照してください。

セグメントのアクティベーションが成功したことを確認します。

アクティベーションの流れが完了したら、Google Ads​アカウントに切り替えます。 アクティブ化されたセグメントは、Googleアカウントに顧客リストとして表示されます。 提供するアクティブオーディエンスが100人を超えない限り、セグメントサイズに応じて、一部のユーザーは値を入力しないことに注意してください。

セグメントをIDFAとGAIDの両方のモバイルIDにマッピングする場合、Google Customer MatchはIDマッピングごとに個別のセグメントを作成します。 Google Adsアカウントに、IDFAとGAIDのマッピング用の2つの異なるセグメントが表示されます。

追加のリソース

このページ

Adobe Summit Banner

A virtual event April 27-28.

Expand your skills and get inspired.

Register for free
Adobe Summit Banner

A virtual event April 27-28.

Expand your skills and get inspired.

Register for free
Adobe Maker Awards Banner

Time to shine!

Apply now for the 2021 Adobe Experience Maker Awards.

Apply now
Adobe Maker Awards Banner

Time to shine!

Apply now for the 2021 Adobe Experience Maker Awards.

Apply now