利用条件コンポーネント

最終更新日: 2024-02-13
  • 作成対象:
  • Developer
    Admin
    User

利用条件​コンポーネントとは、フォーム内のセクションのことで、サービスの使用時やコンテンツへのアクセス時にユーザーが同意したり準拠したりする必要がある利用条件の概要を示します。

利用条件​コンポーネントは、テキスト、チェックボックス、リンクの各コンポーネントで構成される複合コンポーネントです。テキストコンポーネントには、タイトルと、利用条件の目的と範囲の概要が含まれます。また、ユーザーから明示的な同意を得るために使用されるチェックボックスも含まれます。同意テキストをリンクに置き換えることもできます。

メモ

AEM 6.5 Forms の場合、このコンポーネントは AEM 6.5 Forms Service Pack 19(6.5.19.0)で導入されました。このコンポーネントを有効にするには、Forms コアコンポーネントと WCM コアコンポーネントの両方に、必要なバージョンがインストールされていることを確認します。アダプティブフォームのコアコンポーネントのリリースについて詳しくは、アダプティブフォームのコアコンポーネントリリースを参照してください。

利用条件

利用条件コンポーネントの様々なコンポーネントについて詳しくは、利用条件コンポーネントのサブコンポーネントを参照してください。

使用方法

  • ユーザー使用許諾契約:このコンポーネントは、サービスプロバイダーとユーザーの間の契約として機能します。ユーザーは、サービスまたはコンテンツにアクセスする前に、利用条件を確認し、同意する必要があります。

  • 法的遵守:両方の当事者の権利、責任および義務を概説することで、サービスプロバイダーの法的遵守と保護を確実にします。

  • 登録プロセス:登録またはサインアップフォームには、利用条件​コンポーネントが含まれ、ユーザーがアカウントを作成する前に、またはサービスを使用する前に、そのユーザーは条件に明示的に同意する必要があります。

  • e コマーストランザクション:オンライン web サイトには、利用条件​コンポーネントが含まれており、ユーザーがオンラインで購入する前に、チェックアウトプロセスの一環として利用条件に同意するよう、そのユーザーに促すことができます。

  • セキュリティとプライバシーに関する契約利用条件​コンポーネントには、ユーザーデータの収集、保存および使用方法に関する詳細が含まれ、多くの場合、個別のプライバシーポリシーで補完されます

バージョンと互換性

アダプティブフォームのアコーディオンコアコンポーネントは、Cloud Service のコアコンポーネント 2.0.62 および AEM 6.5.16.0 Forms 以降のコアコンポーネント 1.1.28 の一部として 2023年2月にリリースされました。次の表に、サポートされているすべてのバージョン、AEM の互換性、対応するドキュメントへのリンクを示します。

コンポーネントのバージョン AEM as a Cloud Service AEM 6.5.16.0 Forms 以降
v1
リリース 2.0.62 以降と互換性あり

リリース 1.1.28 以降、2.0.0 未満と互換性があります。

コアコンポーネントのバージョンとリリースについて詳しくは、コアコンポーネントのバージョンドキュメントをご覧ください。

技術的詳細

アダプティブフォームの利用条件コアコンポーネントに関する最新情報については、GitHub のテクニカルドキュメントをご覧ください。コアコンポーネントの開発について詳しくは、 コアコンポーネント開発者向けのドキュメントをご覧ください。

設定ダイアログ

設定ダイアログを使用すると、訪問者に対する利用条件コンポーネントエクスペリエンスを簡単にカスタマイズできます。また、利用条件オプションを定義して、シームレスなユーザーエクスペリエンスを実現することもできます。

「基本」タブ

「基本」タブ

  • 名前 - 名前によって、ルールエディターでコンポーネントを一意に識別できます。名前文字列には特殊文字とスペースを使用できません。

  • タイトル - タイトルを使用すると、フォーム内のコンポーネントを簡単に識別できます。デフォルトでは、コンポーネントの上にタイトルが表示されます。 タイトルを追加しない場合、コンポーネントの名前がタイトルテキストの代わりに表示されます。

  • 承認オプションを表示 - ユーザーから明示的な同意を得るために使用する同意チェックボックスを表示するには、このオプションを選択します。

  • ポップアップとして表示 - 「利用条件」コンポーネントをポップアップウィンドウに表示するには、このオプションを選択します。

  • 同意テキストを web リンクに置き換える:同意テキストを web リンクに置き換える場合は、このオプションを選択します。このオプションをオフにすると、デフォルトで同意テキストが表示されます。

  • タイトルを非表示 - コンポーネントのタイトルを非表示にするには、このオプションを選択します。

  • フォームの送信時に子コンポーネントのデータをグループ化(オブジェクトにデータを含める) - このオプションを選択すると、子コンポーネントのデータが親コンポーネントの JSON オブジェクト内にネストされます。ただし、このオプションを選択しないと、送信した JSON データは、親コンポーネントのオブジェクトを持たないフラットな構造になります。例:

    • このオプションを選択すると、子コンポーネント(番地、市区町村、郵便番号など)のデータが、JSON オブジェクトとして親コンポーネント(住所)内にネストされます。これにより、階層構造が作成され、データは親コンポーネントの下に整理されます。

      送信したデータの構造:

      { "Address":
      
      { "Street": "123 Main Street", "City": "New York", "Zip Code": "12345" }
      
      }
      
    • このオプションを選択しないと、送信した JSON データは、親コンポーネント(住所)のオブジェクトを持たないフラットな構造になります。すべてのデータは同じレベルにあり、階層構造はありません。

      送信したデータの構造:

         { "Street": "123 Main Street", "City": "New York", "Zip Code": "12345" }
      
  • バインド参照 - バインド参照は、外部データソースに保存され、フォーム内で使用されるデータ要素への参照です。 バインド参照を使用すると、データをフォームフィールドに動的にバインドして、フォームにデータソースの最新のデータを表示できます。 例えば、フォームに入力された顧客 ID に基づいて、顧客の名前と住所をフォームに表示できます。 さらに、フォームに入力されたデータでデータソースを更新することもできます。 このようにして、AEM Forms で外部データソースとやり取りするフォームを作成し、データの収集と管理においてシームレスなユーザーエクスペリエンスを提供できます。

  • コンポーネントを非表示 - フォームでコンポーネントを非表示にするには、このオプションを選択します。このコンポーネントは、他の目的(ルールエディターでの計算に使用するなど)にも利用できます。 これは、ユーザーが表示する必要のない情報や直接変更した情報を保存する必要がある場合に役立ちます。

  • コンポーネントの無効化 - コンポーネントを無効にする場合は、このオプションを選択します。 エンドユーザーは、無効になっているコンポーネントをアクティブにしたり、編集したりすることはできません。 ユーザーはフィールドの値を表示できますが、変更することはできません。 このコンポーネントは、他の目的(ルールエディターでの計算に使用するなど)にも利用できます。

  • 読み取り専用 - コンポーネントを編集不可にするには、このオプションを選択します。 ユーザーはフィールドの値を表示できますが、変更することはできません。 このコンポーネントは、他の目的(ルールエディターでの計算に使用するなど)にも利用できます。

「ヘルプコンテンツ」タブ

「ヘルプコンテンツ」タブ

  • 短い説明 - 短い説明は、特定のフォームフィールドの目的に関する追加の情報や説明を提供する簡単な説明文です。これにより、ユーザーは、フィールドに入力するデータの種類を理解しやすくなります。また、入力された情報が有効で目的の条件を満たしていることを確認できるように、ガイドラインや例を提供できます。デフォルトでは、短い説明は非表示になっています。 「短い説明を常に表示」オプションを有効にすると、コンポーネントの下に説明が表示されます。

  • 短い説明を常に表示 - このオプションを有効にすると、コンポーネントの下に短い説明が表示されます。

  • ヘルプテキスト - ヘルプテキストとは、フォームフィールドの正しい入力を支援するためにユーザーに提供される追加の情報やガイダンスを指します。コンポーネントの横に配置されているヘルプアイコン(i)をクリックすると表示されます。 ユーザーがフィールドの要件や制約を理解できるように設計されているヘルプテキストは、フォームフィールドのラベルやプレースホルダーテキストよりも詳細な情報を提供できます。また、フォームへの入力をより簡単かつ正確にするための提案や例を提供することも可能です。

「アクセシビリティ」タブ

「アクセシビリティ」タブ

スクリーンリーダー用テキスト - スクリーンリーダー用テキストとは、視覚に障害のあるユーザーが使用する、支援テクノロジー(スクリーンリーダーなど)によって読み上げられる追加のテキストを指します。このテキストでは、フォームフィールドの目的に関するオーディオの説明が提供され、フィールドのタイトル、説明、名前および関連するメッセージ(カスタムテキスト)に関する情報を含めることができます。スクリーンリーダー用のテキストを使用すると、視覚に障害のあるユーザーを含むすべてのユーザーがフォームに確実にアクセスして、フォームフィールドとその要件を完全に理解できるようになります。

デザインダイアログ

デザインダイアログでは、利用条件コンポーネントの CSS スタイルを定義および管理できます。

「スタイル」タブ

タブを使用して、コンポーネントの CSS スタイルの定義と管理を行います。アダプティブフォームの利用条件コアコンポーネントは、AEM のスタイルシステムをサポートしています。

デザインダイアログ

  • デフォルトの CSS クラス:アダプティブフォームの利用条件コアコンポーネントにデフォルトの CSS クラスを指定できます。

  • 許可されたスタイル:スタイルを表す名前と CSS クラスを指定してスタイルを定義します。 例えば、「bold text」という名前のスタイルを作成し、CSS クラス「font-weight: bold」を指定できます。アダプティブフォームエディターでアダプティブフォームにこれらのスタイルを使用または適用できます。スタイルを適用するには、アダプティブフォームエディターでスタイルを適用するコンポーネントを選択し、「プロパティ」ダイアログに移動して「スタイル」ドロップダウンリストから希望のスタイルを選択します。スタイルを更新または変更する必要がある場合は、デザインダイアログに戻り、「スタイル」タブでスタイルを更新して変更を保存します。

カスタムプロパティ

カスタムプロパティダイアログ

カスタムプロパティを使用すると、フォームテンプレートを使用してカスタム属性(キーと値のペア)をアダプティブフォームのコアコンポーネントに関連付けることができます。カスタムプロパティは、コンポーネントのヘッドレスレンディションのプロパティセクションに反映されます。これにより、カスタム属性値に基づいて適応する動的なフォーム動作を作成できます。例えば、開発者は、モバイル、デスクトップ、web プラットフォーム上にヘッドレスフォームコンポーネントの様々なレンディションをデザインできるので、幅広いデバイスでのユーザーエクスペリエンスが大幅に向上します。

  • グループ名:カスタムプロパティグループを識別する名前を指定できます。複数のカスタムプロパティグループを追加、削除または並べ替えることができます。カスタムプロパティグループを追加すると、次のオプションが表示されます。

    • キーと値のペア:各カスタムプロパティグループの「追加」ボタンをクリックすると、複数のカスタムプロパティ名とカスタムプロパティ値を追加できます。

    • 削除:タップまたはクリックすると、カスタムプロパティ名とカスタムプロパティ値を削除できます。

    • 並べ替え:タップまたはクリックしてドラッグすると、カスタムプロパティ名とカスタムプロパティ値の順序を並べ替えることができます。

利用条件コンポーネントのサブコンポーネント

利用条件​コンポーネントは、次のサブコンポーネントで構成される複合コンポーネントです。

このコンポーネントは、同意テキストを web リンクに置き換えます。これは、ユーザーが特定のセクション、追加情報または外部ドキュメントへの参照を提供することを目的とするシナリオで使用されます。設定ダイアログを使用すると、リンク​コンポーネントを訪問者向けに個別に簡単にカスタマイズできます。

「基本」タブ

「基本」タブ

  • 名前 - 名前によって、ルールエディターでコンポーネントを一意に識別できます。名前文字列には特殊文字とスペースを使用できません。

  • タイトル - タイトルを使用すると、フォーム内のコンポーネントを簡単に識別できます。デフォルトでは、コンポーネントの上にタイトルが表示されます。 タイトルを追加しない場合、コンポーネントの名前がタイトルテキストの代わりに表示されます。

  • タイトルを非表示 - コンポーネントのタイトルを非表示にするには、このオプションを選択します。

  • リンク - 同意テキストの代わりに使用するリンクと、対応する表示テキストを指定します。複数のリンクを追加するには、「追加」ボタンをクリックします。

  • バインド参照 - バインド参照は、外部データソースに保存され、フォーム内で使用されるデータ要素への参照です。 バインド参照を使用すると、データをフォームフィールドに動的にバインドして、フォームにデータソースの最新のデータを表示できます。 例えば、フォームに入力された顧客 ID に基づいて、顧客の名前と住所をフォームに表示できます。 さらに、フォームに入力されたデータでデータソースを更新することもできます。 このように AEM Formsで外部データソースとやり取りするフォームを作成して、データの収集と管理のためのシームレスなユーザーエクスペリエンスを提供できます。

  • 非連結フォーム要素としてマーク:どのスキーマにもリンクされていないフォームフィールドを設定する場合は、このオプションを選択します。このオプションを使用すると、データソースを更新せずにデータを保存できます。また、標準のデータベース統合とは別に、カスタム方法でデータを処理できます。

  • コンポーネントを非表示 - フォームでコンポーネントを非表示にするには、このオプションを選択します。 このコンポーネントは、他の目的(ルールエディターでの計算に使用するなど)にも利用できます。 これは、ユーザーが表示する必要のない情報や直接変更した情報を保存する必要がある場合に役立ちます。

  • コンポーネントの無効化 - コンポーネントを無効にするかロックする場合は、このオプションを選択します。エンドユーザーは、無効になっているコンポーネントをアクティブにしたり、編集したりすることはできません。 ユーザーはフィールドの値を表示できますが、変更することはできません。 このコンポーネントは、他の目的(ルールエディターでの計算に使用するなど)にも利用できます。

  • 読み取り専用 - コンポーネントを編集不可にするには、このオプションを選択します。 ユーザーはフィールドの値を表示できますが、変更することはできません。 このコンポーネントは、他の目的(ルールエディターでの計算に使用するなど)にも利用できます。

「検証」タブ

「検証」タブ

  • 必須 - コンポーネントをアダプティブフォームに表示する場合は、このオプションを選択します。 オプションを選択した後、フォームの送信を続行する前に選択を行う必要があります。このオプションを選択すると、「基本」タブの「コンポーネントを非表示」または「コンポーネントの無効化」は選択できなくなります。

  • エラーメッセージ - このオプションを使用すると、「必須」チェックボックスがオンになっていて、フォームフィールドは空白の場合に表示されるメッセージを指定できます。

  • スクリプト検証メッセージ - このオプションを使用すると、スクリプトの検証が失敗した場合に表示するメッセージを入力できます。

「ヘルプコンテンツ」タブ

「ヘルプコンテンツ」タブ

  • 短い説明 - 短い説明は、特定のフォームフィールドの目的に関する追加の情報や説明を提供する簡単な説明文です。これにより、ユーザーは、フィールドに入力するデータの種類を理解しやすくなります。また、入力された情報が有効で目的の条件を満たしていることを確認できるように、ガイドラインや例を提供できます。デフォルトでは、短い説明は非表示になっています。 「短い説明を常に表示」オプションを有効にすると、コンポーネントの下に説明が表示されます。

  • 短い説明を常に表示 - このオプションを有効にすると、コンポーネントの下に短い説明が表示されます。

  • ヘルプテキスト - ヘルプテキストとは、フォームフィールドの正しい入力を支援するためにユーザーに提供される追加の情報やガイダンスを指します。コンポーネントの横に配置されているヘルプアイコン(i)をクリックすると表示されます。 ユーザーがフィールドの要件や制約を理解できるように設計されているヘルプテキストは、フォームフィールドのラベルやプレースホルダーテキストよりも詳細な情報を提供できます。また、フォームへの入力をより簡単かつ正確にするための提案や例を提供することも可能です。

「アクセシビリティ」タブ

「アクセシビリティ」タブ

スクリーンリーダー用テキスト - スクリーンリーダー用テキストとは、視覚に障害のあるユーザーが使用する、支援テクノロジー(スクリーンリーダーなど)によって読み上げられる追加のテキストを指します。このテキストでは、フォームフィールドの目的に関するオーディオの説明が提供され、フィールドのタイトル、説明、名前および関連するメッセージ(カスタムテキスト)に関する情報を含めることができます。スクリーンリーダー用のテキストを使用すると、視覚に障害のあるユーザーを含むすべてのユーザーがフォームに確実にアクセスして、フォームフィールドとその要件を完全に理解できるようになります。

テキストコンポーネント

テキスト​コンポーネントには、ユーザーに情報を提供するテキストコンテンツが表示されます。このコンポーネントには、実際の利用条件、法的言語またはその他の関連するテキスト情報が含まれます。

設定ダイアログを使用すると、テキストコンポーネントを訪問者向けに個別に簡単にカスタマイズできます。シームレスなユーザーエクスペリエンス用にテキストオプションを簡単に定義するには、テキストコンポーネントの設定ダイアログを使用します。

チェックボックスコンポーネント

チェックボックスは、ユーザーの同意または承認を得るために使用されます。これは、ユーザーが概要を説明した条件を読み、同意したことを視覚的に示すものとして機能します。ユーザーの同意を示すには、チェックボックスをオンにすることが必須です。

設定ダイアログを使用すると、訪問者向けにチェックボックスコンポーネントを個別に簡単にカスタマイズできます。シームレスなユーザーエクスペリエンス用にチェックボックスのプロパティを定義するには、チェックボックスコンポーネントの設定ダイアログを使用します。

関連トピック

このページ