AEM Assets Brand Portal の概要

マーケターは、関連するデジタルコンテンツの作成、管理および顧客への配信をすばやくおこなうために、チャネルパートナーや内部のビジネスユーザーとの連携が必要となる場合があります。関連するコンテンツをカスタマージャーニー全体にわたってタイミングよく配信することは、顧客のニーズやコンバージョン、エンゲージメント、ロイヤリティを促進するために不可欠です。

しかし問題は、広範囲に広がる内部チームやパートナー、リセラーとの間でブランドロゴやガイドライン、キャンペーンアセット、製品の写真を効率的かつ安全に共有できるソリューションを構築するのは容易ではないということです。

Adobe Experience Manager(AEM)Assets Brand Portal は、アセット配布およびアセット投稿機能を提供することで、世界中に分散している Brand Portal ユーザーと効果的にコラボレーションするというマーケティング担当者のニーズに注力しています。

アセット配布により、承認されたクリエイティブアセットを容易に取得、制御し、それらのアセットを、様々なデバイスをまたいで、外部の関係者や内部のビジネスユーザーに安全に配布できます。一方、アセット投稿により、Brand Portal ユーザーは、オーサー環境にアクセスすることなく、Brand Portal にアセットをアップロードしたり、AEM Assets に公開したりできます。投稿機能は、Brand Portal でのアセットソーシングと呼ばれます。これらにより、Brand Portal ユーザー(外部の代理店/チーム)からのアセット配布および投稿の全体的な Brand Portal エクスペリエンスを向上させ、アセットの市場投入までの時間を短縮し、コンプライアンス違反や不正アクセスのリスクを低減できます。
Brand Portal でのアセットソーシングを参照してください。

ブラウザーベースのポータル環境では、アセットを簡単にアップロード、参照、検索、プレビュー、承認された形式で書き出すことができます。

AEM Assets と Brand Portal の連携の設定

Adobe Experience Manager Assets と Brand Portal の連携を設定すると、Brand Portal ユーザー向けにアセットの公開、アセットの配布、アセットの投稿機能が可能になります。

メモ

AEM Assets と Brand Portal の連携の設定は、AEM Assets as a Cloud Service および AEM Assets 6.3 以降でサポートされています。

Cloud Manager から Brand Portal をアクティベートすると、AEM Assets as a Cloud Service と Brand Portal の連携が自動的に設定されます。アクティベーションワークフローにより、バックエンドで必要な設定が作成され、AEM Assets as a Cloud Service インスタンスと同じ IMS 組織に Brand Portal がアクティベートされます。

一方、AEM Assets(オンプレミス版および Managed Services 版)と Brand Portal の連携は、Adobe Developer Console を使用して手動で設定されます。このコンソールでは、Brand Portal テナントの認証に使用する Adobe Identity Management サービス(IMS)トークンを調達します。

詳しくは、AEM Assets と Brand Portal の連携の設定を参照してください。

Brand Portal でのユーザーのペルソナ

Brand Portal では次のユーザー役割をサポートしています。

  • ゲストユーザー
  • 閲覧者
  • 編集者
  • 管理者

次の表に、これらの役割を持つユーザーが実行できるタスクを示します。

参照 検索 ダウンロード フォルダーの共有 コレクションの共有 アセットをリンクとして共有 管理ツールにアクセス
ゲストユーザー ✓* ✓* ✓* x x x x
閲覧者 x x x x
編集者 x
管理者
  • ゲストユーザーは、公開フォルダーおよび公開コレクション内にあるアセットのみを参照、アクセス、および検索できます。

ゲストユーザー

認証なしで Brand Portal 上のアセットに対する制限付きのアクセス権を持つユーザーはすべてゲストユーザーです。ゲストセッションは、ユーザーに対し、公開フォルダーおよび公開コレクションへのアクセスを許可します。ゲストユーザーは、アセットの詳細を参照したり、公開フォルダーおよび公開コレクションのメンバーのアセットの完全なアセット表示を行ったりできます。公開アセットを検索、ダウンロード、および Lightbox コレクションに追加できます。

ただし、ゲストセッションでは、コレクションや保存済みの検索結果を作成したり、それらを共有したりすることはできません。ゲストセッション中のユーザーはフォルダーやコレクションの設定にアクセスしたり、アセットをリンクとして共有したりすることはできません。次に、ゲストユーザーが実行できるタスクの一覧を示します。

公開アセットの参照および公開アセットへのアクセス

公開アセットの検索

公開アセットのダウンロード

Lightbox へのアセットの追加

閲覧者

Brand Portal の標準ユーザーは一般的に、閲覧者の役割を持ちます。この役割を持つユーザーは、承認されたフォルダー、コレクションおよびアセットにアクセスできます。また、アセット(元のアセットまたは特定のレンディション)を参照、プレビュー、ダウンロードおよび書き出したり、アカウント設定を指定したり、アセットを検索したりすることもできます。次に、閲覧者が実行できるタスクの一覧を示します。

アセットの参照

アセットの検索

アセットのダウンロード

編集者

編集者の役割を持つユーザーは、閲覧者が実行できるタスクをすべて実行できます。さらに、管理者によって共有されたファイルとフォルダーを表示できます。コンテンツ(ファイル、フォルダー、コレクション)を他のユーザーと共有することもできます。

編集者は、閲覧者が実行できるタスクに加えて、次のタスクを実行できます。

フォルダーの共有

コレクションの共有

アセットをリンクとして共有

管理者

管理者には、Admin Console でシステム管理者または Brand Portal 製品管理者としてマーキングされているユーザーが含まれます。管理者は、システム管理者とユーザーを追加/削除したり、プリセットを定義したりできます。また、ユーザーに電子メールを送信したり、ポータルの使用状況とストレージに関するレポートを表示したりできます。

管理者は、編集者が実行できるすべてのタスクに加えて、次のタスクを実行できます。

ユーザー、グループ、ユーザーの役割の管理

壁紙、ページヘッダーおよび電子メールのカスタマイズ

カスタム検索ファセットの使用

メタデータスキーマフォームの使用

画像プリセットまたは動的レンディションの適用

レポートの操作

AEM Assets の作成者は、上記のタスクに加えて、次のタスクを実行できます。

AEM Assets と Brand Portal の連携の設定

Brand Portal へのフォルダーの公開

Brand Portal へのコレクションの公開

Brand Portal URL の代替エイリアス

Brand Portal 6.4.3 以降では、各組織はそれぞれの Brand Portal テナントの既存 URL に対して 1 つの代替(エイリアス)URL を持つことができます。エイリアス URL を作成するには、既存の URL に代替プレフィックスを含めます。
カスタマイズできるのは Brand Portal URL のプレフィックスのみであり、URL 全体でないことに注意してください。例えば、geomettrix.brand-portal.adobe.com という既存ドメインを持つ組織は、アドビに依頼することで geomettrixinc.brand-portal.adobe.com という URL を作成できます。

ただし、AEM オーサーインスタンスを設定する際にはテナント ID URL のみを使用できます。テナントエイリアス(代替)URL は使用できません。

メモ

既存のポータル URL 中のテナント名のエイリアスを取得するには、各組織からアドビサポートへ新規テナント名の作成依頼を出す必要があります。このリクエストが処理される際は、まずそのエイリアスが使用可能かどうかの確認が行われ、その後でエイリアスが作成されます。

古いエイリアスを置き換えたり、古いエイリアスを削除するには、同じ手続きに従う必要があります。

Brand Portal へのアクセス権の申請

ユーザーは、Brand Portal へのアクセス権をログイン画面から申請できます。この申請は Brand Portal 管理者に送信され、この管理者が Adobe Admin Console を通じてユーザーにアクセス権を付与します。アクセス権が付与されると、ユーザーに通知電子メールが届きます。

アクセス権を申請するには、以下の手順を実行します。

  1. Brand Portal ログインページから、「アクセスが必要ですか?」の横にある「ここをクリックしてください」を選択します。ただし、ゲストセッションに入るには、「ゲストとしてアクセスしますか?」の横にある「ここをクリックしてください」を選択します。

    Brand Portal のログイン画面

    アクセスを申請ページが開きます。

  2. 組織の Brand Portal へのアクセスを申請するには、有効な Adobe ID、Enterprise ID、Federated ID のいずれかが必要です。

    アクセスを申請ページで、自分の ID を使用してログインするか(シナリオ 1)、Adobe ID を作成します(シナリオ 2)。

    アクセスの申請

    シナリオ 1

    1. Adobe ID、Enterprise ID または Federated ID を持っている場合は、「ログイン」をクリックします。
      ログインページが開きます。
    2. Adobe ID 資格情報を入力し、「ログイン」をクリックします。

    アドビへのログイン

    アクセスを申請ページにリダイレクトされます。

    シナリオ 2

    1. Adobe ID を持っていない場合は、アクセスを申請ページの「Adobe ID を取得」をクリックして、Adobe ID を作成します。
      ログインページが開きます。
    2. Adobe ID を取得」をクリックします。
      新規登録ページが開きます。
    3. 名前、電子メール ID およびパスワードを入力します。
    4. 新規登録」をクリックします。

    アクセスを申請ページにリダイレクトされます。

  3. アクセスの申請に使用する現在のユーザーの名前と電子メール ID が次のページに表示されます。管理者のコメントは空欄のまま、「送信」をクリックします。

製品管理者によるアクセス権の付与

Brand Portal 製品管理者は Brand Portal の通知領域および自分のインボックス内の電子メールでアクセス申請を受け取ります。

アクセス申請の通知

製品管理者がアクセス権を付与するには、Brand Portal の通知領域に届いた通知をクリックし、「アクセス権を付与」をクリックする必要があります。
または、アクセス申請電子メールに記載されているリンクをたどって Adobe Admin Console にアクセスし、該当する製品設定にユーザーを追加することもできます。

Adobe Admin Console ホームページにリダイレクトされます。Adobe Admin Console を使用してユーザーを作成し、そのユーザーを、Brand Portal にグループとして表示される製品プロファイル(旧称:製品設定)に割り当てます。Admin Console でのユーザーの追加について詳しくは、ユーザーの追加を参照してください(手順 4~7 に従って、ユーザーを追加します)。

Brand Portal の言語

Brand Portal の言語は、Adobe Experience Cloud 設定で変更できます。

アクセス申請の通知

言語を変更するには:

  1. 上部メニューから、ユーザー/プロファイルを編集を選択します。

    プロファイルを編集

  2. Experience Cloud 設定ページで、言語ドロップダウンメニューから言語を選択します。

Brand Portal のメンテナンス通知

Brand Portal のメンテナンスのために停止が計画されている場合は、Brand Portal にログインすると、バナー通知が表示されます。以下に通知の例を示します。

この通知を解除すると、Brand Portal を引き続き使用できます。この通知は、新しいセッションのたびに表示されます。

リリースおよびシステム情報

このページ