ドキュメントの更新(2019 年)

2019 年に新しく、または改訂版としてリリースされたドキュメントのリスト。Experience Cloud リリースノートで扱われていない可能性のある、Audience Manager ドキュメントの細かな更新が含まれています。

Audience Manager とその他の Experience Cloud ソリューションの変更点については、Experience Cloud リリースノートを参照してください。以前のリリースノートについては、以前の年度節を参照してください。

2019 年 11 月

トピック 説明
カリフォルニア州消費者プライバシー法(CCPA)のサポートとプライバシーに関するドキュメントの調査 2020 年 1 月 1 日に施行されるカリフォルニア州消費者プライバシー法(CCPA)は、カリフォルニア州在住者に対して個人情報に関する新たな権利を提供し、カリフォルニア州で事業をおこなう特定の事業者に対してデータ保護責任を課します。

Audience Manager は、Adobe Experience Platform プライバシーサービスなどのプライバシーツールを使用して、プライバシー規制に基づく義務を遵守し、データのアクセスや削除を要求するのに役立ちます。

現在のオプトアウト管理プロセスを更新し、宣言された ID(CRM ID など)によるオプトアウトを含めるようにしました。宣言された ID によるオプトアウトの場合、宣言された ID と最後にリンクされたデバイスは、Audience Manager のデータ収集からオプトアウトされます。オプトアウト リクエストは、この機能をサポートする宛先パートナーに、バッチとリアルタイムの両方でセグメント解除リクエストを送信するようになりました。

また、データセキュリティデータプライバシーおよびデータガバナンスに関するドキュメントを再設計し、前述の規則に準拠するために必要な情報を見つけやすくしました。

2019 年 10 月

トピック 説明
Adobe Sensei を駆使した、Audience Marketplace データのインテリジェントなレコメンデーション 特性レコメンデーションを利用すると、セグメントビルダーでセグメントを作成または編集する際に、購読していない Audience Marketplace データフィードから、追加が可能な特性に関するレコメンデーションが得られます。推奨特性をセグメントに追加すると、ターゲットオーディエンスを増やすことができます。
さらに、Marketplace ページが再設計され、簡単に類似の特性を見つけてデータフィードをフィルタリングできます。
一括管理ツール MacOS および Microsoft Windows オペレーティングシステムで動作し、Experience Cloud ログインをサポートする新しいバージョンの一括管理ワークシートがリリースされました。
プロファイル結合ルールの強化 Profile Merge Rules の一連の機能強化がリリースされまし た。

2019 年 9 月

トピック 説明
HTTP Strict-Transport-Security cookie のハイジャック攻撃やプロトコルダウングレード攻撃から保護する Web セキュリティポリシーのサポートである HTTP Strict-Transport-Security が追加されました。
最新性と頻度 記事の頻度キャップの例を更新し、最新性の仕組みの例を追加しました。
Audience Manager のドキュメントで複数のページにチュートリアルビデオを追加しました。

2019 年 8 月

トピック 説明
People-Based Destinations People-Based Destinations は Audience Manager の有料アドオンです。このアドオンは、ユーザーベースの環境(Facebook など)で、ハッシュ化された識別子(電子メールアドレスなど)を使用して、ファーストパーティのオーディエンスセグメントをアクティブ化できるようサポートします。
Twitter 用にカスタマイズされたオーディエンスをセルフサービスデバイスベースの宛先として設定する アドビでは現在、Twitter の宛先をセルフサービス設定モデルへと移行中です。この記事では、移行後も作業を継続できるよう、既存の Twitter 統合に対して必要な操作について説明します。
Audience Marketplace の請求例 新しい例(ケース 3)を追加しました。この例では、アクティブ化とモデリングのユースケースを用いて、セグメントに対する請求のしくみについて説明します。

2019 年 7 月

7 月に発表する主なドキュメントの更新はありません。

2019 年 6 月

トピック 説明
宛先ホームページ 宛先ランディングページの外観が変わりました。新しいレイアウトについて詳しくは、このページを参照してください。

2019 年 5 月

トピック 説明
Audience Manager API アドビは、製品ドキュメントからすべての API を製品ドキュメントから Swagger API へ移行している過程です。移行した最新の 2 つの API は次のとおりです。
非公開データフィード プライベートデータフィードを使用して、サードパーティのデータ共有に関するドキュメントを改善しました。新しい節、「データプロバイダーとデータ購入者の間で共有関係を設定する方法」を参照してください。
クロスデバイス対応データソースの作成 クロスデバイス対応データソースを作成または編集するため、ワークフローに新しいコントロール「非アクティブな顧客 ID のデータ保持」を導入しました。非アクティブな顧客 ID のデータ保持期間を設定できるようになりました。これにより、Audience Manager プラットフォームで最後に閲覧された後、Audience Manager がデータベース内に顧客 ID を保持する期間が決まります。
使用の制限 Audience Manager によるアルゴリズムモデル制限の処理方法を更新しました。Audience Manager は​アクティブ​なアルゴリズムモデルのみを制限としてカウントするようになりました。
カスタムパートナーの統合 このページには、Audience Manager とデータパートナー間のカスタム統合の一覧が掲載されています。
Oracle Data Cloud - Audience Manager は、受信データファイルを使用して、Oracle Data Cloud for Audience Marketplace から cookie とモバイル ID データを取り込みます。このページで説明するカスタム統合仕様は、モバイル ID(IDFA および Android デバイスID)を含む受信データファイルのみを対象としています。

2019 年 4 月

トピック 説明
IP アドレスの難読化 グローバルプライバシー規制により、多くの国で IP アドレスの難読化が求められる場合があります。Audience Manager を使用すると、訪問者の IP アドレス全体または国ごとに難読化できます。
Facebook WCA の統合 このページでは、オンライン広告ターゲティングの透明性を向上させるため、Web ベースの Audience Manager オーディエンスセグメントを Facebook に送信する目的で Facebook Website Custom Audiences(WCA)ピクセルを作成するプロセスについて説明します。
IAB TCF 用 Audience Manager プラグイン ユーザーのプライバシー保護対策として重要なのは、個人データの活用方法(例:「目的」)および使用者(例:「会社」)に対するユーザーからの同意の取得です。アドビでは、オプトイン機能IAB Transparency and Consent Framework(TCF)のサポートを通じて、ユーザーのプライバシー選択を管理および伝達する手段を提供しています。

この記事では、IAB TCF をサポートする Audience Manager のユースケースと、Audience Manager での IAB TCF サポートの実装方法について説明します。

2019 年 3 月

トピック 説明
グローバルデータソース グローバルデータソースにはすべての Audience Manager ユーザーがアクセスでき、Apple、Samsung、Microsoft、Roku、Android などのデバイスのメーカーによって生成されたデバイス広告 ID が含まれています。これらの ID は、メーカーが広告目的での利用を許可したものです。グローバルデータソースを使用すると、デバイス ID を同期し、これらのマッピングでキーにされたデータを読み込みまたは書き出しできます。Audience Manager では、ユーザーが読み込んだデバイス広告 ID(DAID)の形式が、デバイスの製造元が指定した標準形式と一致しているかを検証します。
ID マッピングの上限 デバイス ID に関連付けられたクロスデバイス ID マッピングの数を制限することで、セグメント化、レポートおよびセグメントの書き出しを改善しています。新しく設定された制限により、インジェストおよびダウンストリーム処理時に間違った統合や不正確なデータセットが発生した場合の影響を軽減します。
以下に、新しい制限を示します。
  • クロスデバイス ID ごとに 100 デバイス ID
  • デバイス ID ごとに 10 クロスデバイス ID
  • 1 デバイス ID に対して 1000 デバイス ID

2019 年 2 月

トピック 説明
特性レコメンデーション 特性レコメンデーションを利用すると、セグメントビルダーでセグメントを作成または編集する際に、セグメントルール内の特性に類似した他の特性についてのレコメンデーションが得られます。推奨特性をセグメントに追加すると、ターゲットオーディエンスを増やすことができます。

2019 年 1 月

トピック 説明
特性間重複レポート Tableau の新バージョンへのアップグレードに伴い、重複レポートのデータビジュアライゼーション方法が変更されました。特性間重複レポートのスクリーンショットを参照してください。
セグメント/特性間重複レポート Tableau の新バージョンへのアップグレードに伴い、重複レポートのデータビジュアライゼーション方法が変更されました。セグメント/特性間重複レポートのスクリーンショットを参照してください。
セグメント間重複レポート Tableau の新バージョンへのアップグレードに伴い、重複レポートのデータビジュアライゼーション方法が変更されました。セグメント間重複レポートのスクリーンショットを参照してください。

このページ