アダプティブフォームのメタデータプロパティの再利用 reusing-adaptive-forms

アダプティブフォームの新規作成または AEM Sites ページへのアダプティブフォームの追加には、最新の拡張可能なデータキャプチャコアコンポーネントを使用することをお勧めします。これらのコンポーネントは、アダプティブフォームの作成における大幅な進歩を表し、ユーザーエクスペリエンスの向上を実現します。この記事では、基盤コンポーネントを使用してアダプティブフォームを作成する古い方法について説明します。

バージョン
記事リンク
AEM 6.5
ここをクリックしてください
AEM as a Cloud Service
この記事

既存のアダプティブフォームの一部のプロパティを使用して新しいアダプティブフォームを生成する場合は、単純にコピーと貼り付けの機能を使用できます。さらに、新しいアダプティブフォームを希望のフォルダーパスに貼り付けることもできます。すべてのメタデータプロパティが複製され、XFA ベースのアダプティブフォームの XFA と XSD ベースのアダプティブフォームの XSD もコピーされます。

NOTE
ステータスとレビューの詳細はコピーされません。例えば、アダプティブフォームが公開され、その後にそのアダプティブフォームをコピーした場合、貼り付けられるアダプティブフォームは未公開の状態になります。同様に、コピーされたアセットがレビュー中の場合、貼り付けられたアセットは同じレビュー中とはなりません。

アダプティブフォームのコピー copy-an-adaptive-form

次のいずれかの方法を使用して、アダプティブフォームをコピーします。

  1. クイックアクションからコピー aem6forms_copy アイコンをクリックします。

    note note
    NOTE
    クイックアクションは、マウスのカーソルを合わせたときにサムネール上に表示されるアクション項目です。
  2. アダプティブフォームを選択します。選択方法はビューによって異なります。

    カードビューの場合は、選択 aem6forms_check-circle アイコンをクリックして選択モードに移行し、コピーするすべてのアダプティブフォームをクリックします。

    リスト表示の場合は、選択するすべてのアダプティブフォームのチェックボックスをオンにします。

    note note
    NOTE
    コピーと貼り付けの機能はアダプティブフォームのみをサポートしていますので、選択したアセットはすべてアダプティブフォームである必要があります。また、選択したすべてのアセットは同じフォルダー内のものである必要があります。

    アセットを選択したら、ツールバーにあるコピー aem6forms_copy アイコンをクリックして、選択したアダプティブフォームをコピーします。

アダプティブフォームの貼り付け paste-an-adaptive-form

コピーアクションをクリックすると、選択モードが自動的に終了し、貼り付け 貼り付け アイコンが表示されます。必要なフォルダーパスに移動して貼り付け 貼り付け アイコンをクリックし、コピーしたアダプティブフォームを貼り付けます。

同じフォルダー内に貼り付ける場合、または貼り付け先のフォルダー内に同じノード名(CRX リポジトリへの保存に使用される名前)の別のファイルがある場合は、接尾辞に 1 が追加されます(例えば、myaf は myaf1 となり、同じ場所に myaf1 がある場合は myaf が myaf2 になります)。その他のプロパティはすべて元のアダプティブフォームと同じになります。

貼り付け 貼り付け アイコンをクリックすると、アイコンは再び非表示になります。一度に行える貼り付け操作は一回だけです。同じアセットのコピーを再び作成するには、再度アセットをコピーします。

新しいアダプティブフォームのコンテンツの変更 change-contents-of-new-adaptive-form

貼り付けたアダプティブフォームのコンテンツは、次の方法を用いて変更し、コピー元のフォームとは別のフォームにすることができます。

  1. メタデータプロパティの変更:

    タイトルや説明など、アダプティブフォームのメタデータプロパティを変更できます。メタデータプロパティとその変更方法について詳しくは、 フォームメタデータの管理 を参照してください。

  2. XFA/XSD ベースのアダプティブフォームの XFA/XSD の変更:

    アダプティブフォームで使用する XFA/XSD を変更できます。これらのアダプティブフォームの変更方法について詳しくは、フォームメタデータの管理を参照してください。

  3. 再公開:

    貼り付けたアセットはコピー元のアセットとは別のものになります。エンドユーザーが使用できるように、新しいアセットとして公開することができます。アセットの公開方法を理解するには、

関連トピック see-also

recommendation-more-help
fbcff2a9-b6fe-4574-b04a-21e75df764ab