Audience Source 設定

Data Visibility Level: アカウントにアクセスできる単一の広告主がセグメントを利用できるかどうか (Advertiser) またはアカウントへのアクセス権を持つすべての広告主 Account.

Advertiser: (広告主レベルの表示のみ)セグメントを利用できる広告主。 アカウントにアクセスできる広告主のリストから 1 つを選択します。

Enter IMS Org Id: (Real-Time CDP (ソースのみ)のAdobe Experience Cloud組織 ID Adobe Experience Platform アカウント。

Convert PII to the following IDs: (ActionIQ および Tealium ソースのみ ) 個人を特定できる情報 (PII) を変換する ID タイプです。 データ料金は適宜適用されます。

  • RampID: PII を RampID に変換するには: 次を選択した場合: RampID ​の場合、セグメントは RampIDs 自動的に。

  • Unified ID2.0: (ActionIQ ソースのみ )PII を 統合 ID 2.0.

Source Key: (読み取り専用。自動的に生成)オーディエンスを Advertising DSPにプッシュするために、顧客データプラットフォームで宛先接続の作成に使用できるソースキー。 値をクリップボードにコピーして、宛先接続設定に貼り付けたり、ファイルに貼り付けたりできます。

recommendation-more-help
9ff4800f-94be-45f0-a5bf-09d0d7e96baa