からのユーザー ID の変換 Adobe Real-Time CDP ユニバーサル ID に

ベータ版機能

とのDSP統合の使用 この Adobe Real-Time Customer Data Platform (CDP)はAdobe Experience Platformの一部で、ターゲット広告のために、ハッシュ化されたメールアドレスをユニバーサル ID に変換します。

  1. (メールアドレスを変換: RampIDs、を使用する広告主 Adobe Analytics for Advertising) トラッキングの設定 Analytics 測定:

    1. (まだ完了していない場合)すべて完了 実装の前提条件 Analytics for Advertising および トラッキング URL の AMO ID と EF ID.

    2. ユニバーサル ID パートナーに登録し、Web ページにユニバーサル ID 固有のコードをデプロイして、デスクトップおよびモバイル Web ブラウザーの ID からビュースルーへのコンバージョンに一致させます(モバイルアプリは除く)。

      • の場合 RampIDs: デスクトップおよびモバイル web ブラウザーの ID からビュースルーへの変換に一致するように(モバイルアプリではなく)、web ページに追加の JavaScript タグをデプロイする必要があります。 Adobeアカウントチームにお問い合わせください。チームからは、に登録するための手順が示されます LiveRamp LaunchPad tag from LiveRamp 認証トラフィックソリューション。 登録は無料ですが、契約書に署名する必要があります。 登録後、Adobeアカウントチームは、組織が web ページに実装するための一意のタグを生成し、提供します。
  2. オーディエンスソースの作成 オーディエンスをDSP アカウントまたは広告主アカウントに読み込みます。 ユーザー識別子を任意のに変換することもできます 使用可能なユニバーサル ID 形式.

    ソース設定には、自動生成されたソースキーが含まれます。これは、次の手順で使用します。

  3. Adobe Experience Platformで、を使用して Advertising DSP宛先接続を設定します Source Key これは、DSP ソース設定で生成されました。

    DSP宛先接続のアクティブ化、セグメントの選択および制御権限へのアクセス手順については、「」を参照してくださいAdobe Advertising Cloud DSP接続.」と入力します。

    ソースメールアドレスは、SHA-256 アルゴリズムを使用してハッシュ化する必要があります。

  4. すべての手順を完了したら、オーディエンスライブラリ(からオーディエンスを作成または編集する際に使用可能)で検証します。 Audiences > All Audiences またはプレースメント設定内)を選択した場合、24 時間以内にセグメントが入力されます。 ユニバーサル ID の数と、元のハッシュ化されたメールアドレスの数を比較します。

    ハッシュ化されたメールアドレスのユニバーサル ID への翻訳率は、90% を超える必要があります。 例えば、顧客データプラットフォームからハッシュ化されたメールアドレスを 100 個送信する場合は、90 個を超えるユニバーサル ID に翻訳する必要があります。 90% 以下の翻訳率が課題です。 セグメント数の変化について詳しくは、「」を参照してくださいメール ID とユニバーサル ID のデータの相違の原因.」と入力します。

    トラブルシューティングのサポートについては、Adobeアカウントチームまたは adcloud-support@adobe.com.

セグメントは 24 時間ごとに更新されます。 ただし、セグメントへの追加は、デフォルトで 30 日後、または顧客が指定した有効期限が切れた後に有効期限が切れます。 有効期限が切れる前にReal-Time CDPからセグメントを再プッシュして、セグメントを更新します。 カスタムセグメントの有効期限をリクエストするには、Adobeアカウントチームにお問い合わせください。

recommendation-more-help
9ff4800f-94be-45f0-a5bf-09d0d7e96baa