Dynamic Chat の概要

Dynamic Chat では、使いやすいインターフェイスを利用して、Web サイトを訪問するユーザーとアカウントの両方をターゲットに設定できます。名前、連絡先情報、フリーテキストなど、関連するコンテンツを収集します。サイト訪問者は、セールスチームとのミーティングを予約することもできます。Dynamic Chat のアクティビティとエンゲージメントデータを使用して、Marketo プログラムにメンバーを追加し、クロスチャネルアクティビティをトリガーすることができます。

メモ

Dynamic Chat は徐々に展開される過程にあり、現在は可用性が限られています。このページは、一般提供(GA)の詳細が利用可能になり次第、更新されます。

ヒント

訪問 このページ をクリックして、Dynamic Chat のチュートリアルビデオを表示します。

統合

Dynamic Chat の主要な要素は、Marketo サブスクリプションとネイティブにインターフェイスする機能です。この統合の全機能を活用するには、まずデータ同期を開始する必要があります。Marketo データベースのサイズによっては、最初の 1 回限りの同期が完了するまでに最大 24 時間かかる場合があります。

以下が同期されます。

  • ユーザーフィールドデータ
  • 会社フィールドデータ
  • アクティビティデータ

ダイアログ

ダイアログは、単一のチャットエンゲージメントを表します。Web サイト訪問者に対して魅力的なチャットダイアログを開くのに必要なすべての要素を含むコンテナと考えてください。各ダイアログで、ダイアログを表示するページ、表示するページ、ダイアログ自体の内容とフローを指定できます。さらに、指標を見つけて、ダイアログのパフォーマンスを確認できます。ダイアログの詳細

設定

「設定」タブで、様々なダイアログの外観をカスタマイズします。フォント、色、応答時間などを変更します。設定の詳細を表示

カレンダー

「カレンダー」タブで、(Outlook または Gmail)のカレンダーを接続して、Chatbot での予定スケジュールに使用します。ユーザーのカレンダーが Dynamic Chat に接続されると、そのユーザーはキューに追加され、Web サイトの訪問者が予定をスケジュールする際に使用できるようになります。

また、訪問者がユーザーのカレンダーに予定をスケジュールする際に訪問者に送信する招待の本文をカスタマイズすることもできます。

会議

Web サイトの訪問者が様々なダイアログを使用してスケジュールしたすべての予定が表示されます。ここには、予約者のメールアドレス、予約したエージェント、予約の日時、会議があったかどうかが表示されます。

ルーティング

ここでは、カレンダーに関連付けられたすべてのエージェントのリストと、Web サイトの訪問者に表示される順序を確認できます。会議はラウンドロビン方式でおこなわれます。エージェントが 5 人いてエージェント 3 が最後の会議に出席した場合、エージェント 4 が次の会議に出席し、次にエージェント 5 がその次の会議に出席し、その後はエージェント 1 に戻ります。

よくある質問

Dynamic Chat は、会社の Web サイトの任意の場所にインストールできますか。それとも、Marketoのランディングページでのみ機能しますか。

Dynamic Chat の JavaScript スニペットは、任意の Web サイトおよびMarketoのランディングページにインストールできます。

レポート用のデータはどのくらいの期間保存されますか?

90 日(制限の完全なリストを参照) ) をクリックします。

Dynamic Chat はライブチャットを許可していますか?

いいえ、事前に決定された応答のみを利用します。

Dynamic Chat は英語以外の言語をサポートしていますか?

はい。Dynamic Chat は、次の言語をサポートしています。フランス語、ドイツ語、日本語、スペイン語、イタリア語、ポルトガル語(ブラジル)、韓国語、簡体字中国語、繁体字中国語。 詳しくは、 以下の節.

AI/NLP 機能はサポートしていますか?

AI/NLP 機能はサポートしていません。

匿名ユーザーをターゲットにするにはどうすればよいですか?

ダイアログで、Person Email is Empty 属性を使用します。

言語の変更

ダイナミックチャットの言語を変更するには、次の手順に従います。

重要

プロファイルレベルで言語を変更すると、の言語が変更されます すべて Experience Cloudアプリケーションは、Dynamic Chat だけではありません。

  1. Experience Cloudアカウントで、設定アイコンをクリックし、「 」を選択します。 環境設定.

  2. メールアドレスの下の現在の言語をクリックします。

  3. 新しい言語(第 2 言語はオプション)を選択し、 保存.

    メモ

    数十の言語から選択できますが、Dynamic Chat では次の言語のみをサポートしています。英語、フランス語、ドイツ語、日本語、スペイン語、イタリア語、ポルトガル語(ブラジル)、韓国語、簡体字中国語、繁体字中国語。

言語を更新すると、自身で入力した単語(ストリーム応答など)を除き、アプリ自体のすべての情報が変更されます。

ダイナミックチャットの制限

パラメーター 説明 制限
合計ダイアログ ダイアログの合計数(公開および下書き) 500
公開済みダイアログ 保存された公開済みダイアログの数 100
ダイアログごとの Target URL 単一のダイアログに追加できる Target URL の数 20
ダイアログごとの属性 単一のダイアログのオーディエンス条件に追加できる属性の数 100
グループ 単一のダイアログに追加できるグループの数 10
グループごとの属性 グループに追加できる属性の数 10
カード ダイアログごとにキャンバスに追加できるカードの数 500
匿名リードデータ保持期間 エンゲージメントのない匿名リードの情報が保持される期間 90 日間
目標アクティビティ保持期間 目標アクティビティデータの保持期間 24 か月
ドキュメントアクティビティ保持期間 ドキュメントの活動データが保持される時間 24 か月
ダイアログアクティビティ保持期間に関するインタラクション ダイアログアクティビティデータとやり取りした時間が保持されます 90 日間
会議予約アクティビティ保持期間 会議の予約アクティビティがダイナミックチャットに保存される時間 24 か月

このページ