ランディングページの作成と公開

ランディングページへのアクセス

ランディングページのリストにアクセスするには、ジャーニー管理ランディングページ​を選択します。

ランディングページ​のリストには、作成されたすべての項目が表示されます。ステータスや変更日に基づいてフィルター処理できます。

公開された項目の場合、このリストからランディングページのライブレポートまたはランディングページのグローバルレポートにアクセスすることができます。

ランディングページの削除、複製および非公開も行えます。

注意

メッセージで参照されているランディングページを非公開にした場合、そのランディングページへのリンクが壊れ、エラーページが表示されます。

ランディングページの横にある「…」をクリックして、目的のアクションを選択します。

メモ

公開済みのランディングページは削除できません。削除するには、まず非公開にする必要があります。

ランディングページの作成

ランディングページの作成手順は次のとおりです。

  1. ランディングページのリストから、「ランディングページの作成」をクリックします。

  2. タイトルを追加します。必要に応じて、説明を追加できます。

  3. ランディングページにカスタムデータ使用ラベルまたはコアデータ使用ラベルを割り当てるには、「アクセスを管理」を選択します。オブジェクトレベルのアクセス制御(OLAC)について詳しくはこちらから

  4. プリセットを選択します。ランディングページプリセットを作成する方法については、この節を参照してください。

  5. 作成」をクリックします。

  6. プライマリページとそのプロパティが表示されます。プライマリページの設定方法については、こちらを参照してください。

  7. 「+」アイコンをクリックしてサブページを追加します。サブページの設定方法については、こちらを参照してください。

プライマリページサブページ(存在する場合)を設定およびデザインしたら、ランディングページをテストして公開できます。

プライマリページの設定

プライマリページとは、メールや web サイトなど、ユーザーがランディングページへのリンクをクリックした直後に表示されるページです。

プライマリページの設定を定義するには、次の手順に従います。

  1. ページ名(デフォルトは「プライマリページ」)を変更できます。

  2. コンテンツデザイナーを使用してページのコンテンツを編集します。ランディングページのコンテンツを定義する方法については、こちらを参照してください。

  3. ランディングページの URL を定義します。URL の最初の部分では、選択したプリセットの一部としてランディングページのサブドメインを事前に設定する必要があります。詳細情報

    注意

    ランディングページの URL は一意にする必要があります。

    メモ

    公開済みの場合でも、この URL を web ブラウザーにコピー&ペーストするだけでランディングページにアクセスすることはできません。代わりに、この節で説明されているように、プレビュー機能を使用してテストすることができます。

  4. ランディングページで、既に使用可能なフォームデータをプリロードする場合は、プロファイル情報を含むフォームフィールドの事前入力​を選択します。

    このオプションを有効にした場合、プロファイルが既にオプトイン/オプトアウトしているか、既に購読リストに追加されている場合、その選択はランディングページの表示時に反映されます。

    例えば、プロファイルが将来のイベントに関する通信の受信をオプトインした場合、次にそのプロファイルにランディングページが表示されたときに、対応するチェックボックスが既に選択されています。

  5. ページの有効期限を定義できます。その場合、ページの有効期限が切れたらアクションを選択する必要があります。

    • リダイレクト URL:ページの有効期限が切れたときにユーザーがリダイレクトされるページの URL を入力します。
    • カスタムページサブページを設定し、表示されるドロップダウンリストから選択します。
    • ブラウザーエラー:ページの代わりに表示するエラーテキストを入力します。

  6. 追加データ」セクションで、1 つ以上のキーと、それらに対応するパラメーター値を定義します。式エディターを使用して、これらのキーをプライマリページとサブページのコンテンツで活用することができます。詳しくは、この節を参照してください。

  7. プライマリページのデザイン時に 1 つ以上の購読リストを選択した場合、「購読リスト」セクションに表示されます。

  8. ランディングページから直接、ユーザーがフォームを送信したときに確認メッセージを送信するジャーニーを作成できます。このユースケースの最後に、このようなジャーニーの作成方法について説明します。

    ジャーニーを作成」をクリックして、ジャーニー管理ジャーニー​リストにリダイレクトします。

サブページの設定

最大 2 つのサブページを追加できます。例えば、ユーザーがフォームを送信すると表示される「ありがとうございました」ページを作成したり、ランディングページで問題が発生した場合に呼び出されるエラーページを定義したりできます。

サブページ設定を定義するには、次の手順に従います。

  1. ページ名(デフォルトは「サブページ 1」)を変更できます。

  2. コンテンツデザイナーを使用してページのコンテンツを編集します。ランディングページのコンテンツを定義する方法については、こちらを参照してください。

    メモ

    同じランディングページの任意のサブページからプライマリページへのリンクを挿入できます。例えば、操作を誤ったので再度購読したいユーザーをリダイレクトするには、確認サブページから購読プライマリページへのリンクを追加します。リンクの挿入について詳しくは、この節を参照してください。

  3. ランディングページの URL を定義します。URL の最初の部分では、ランディングページのサブドメインを事前に設定しておく必要があります。詳細情報

    注意

    ランディングページの URL は一意にする必要があります。

ランディングページのテスト

ランディングページの設定とコンテンツを定義したら、テストプロファイルを使用してプレビューできます。以下を パーソナライズされたコンテンツを使用すると、テストプロファイルデータを使用して、このコンテンツがランディングページにどのように表示されるかを確認できます。

注意

メッセージのプレビューや配達確認の送信を行うには、テストプロファイルを使用可能にしておく必要があります。テストプロファイルを作成する方法について説明します。

  1. ランディングページのインターフェイスから、「プレビューとテスト」ボタンをクリックして、テストプロファイルの選択にアクセスします。

    メモ

    プレビュー」ボタンには、コンテンツデザイナーからもアクセスできます。

  2. プレビューとテスト」画面から、1 つ以上のテストプロファイルを選択します。

    テストプロファイルの選択手順は、メッセージをテストする場合と同じです。詳しくは、この節を参照してください。

  3. プレビュー」タブを選択し、「プレビューを開く」をクリックしてランディングページをテストします。

  4. ランディングページのプレビューが新しいタブで開きます。パーソナライズされた要素が、選択したテストプロファイルデータに置き換えられます。

  5. ランディングページの各バリエーションに対してレンダリングをプレビューするには、別のテストプロファイルを選択します。

アラートの確認

ランディングページの作成中、公開前に重要なアクションを実行する必要がある場合は、アラートが表示されます。

次に示すように、画面の右上にアラートが表示されます。

メモ

このボタンが表示されない場合、アラートは検出されていません。

次の 2 種類のアラートが発生する可能性があります。

  • 警告​は、推奨奨事項とベストプラクティスを表します。

  • エラー​を解決しない限り、ランディングページを公開することはできません。例えば、プライマリページの URL が欠落している場合はアラートが表示されます。

注意

公開する前に、すべての​エラー​アラートを解決する必要があります。

ランディングページの公開

ランディングページの準備が整ったら、ページを公開し、メッセージで使用できる状態にできます。

注意

公開する前に、アラートを確認して解決します。詳細情報

ランディングページが公開されると、公開中のアイテム​ステータスでランディングページリストに追加されます。

これでライブになり、Journey Optimizer メッセージで使用できるようになります。このメッセージはジャーニーを通じて送信されます。

メモ

特定のレポートを通じて、ランディングページの影響を監視できます。詳細情報

このページ