2016 年リリースノート

2016 年の Experience Cloud Identity Service の機能リリース、更新、変更点です。

これらの変更点は、Experience Cloud リリースノートにも記載されています。

バージョン 1.10

2016 年 11 月

重要
  • バージョン 1.10 を使用するには AppMeasurement 1.8.0 が必要です。
  • Experience Cloud Identity Service ライブラリ 2.0.0 以降を使用している場合は、Adobe Media Manager の ID 同期はデフォルトで開始されます。ID 同期と一致率についてを参照してください。

修正点および改善点

  • サーバー側環境での ID サービスの実装方法に関する説明を追加しました。

  • クロスドメイン遷移時に Experience Cloud と Analytics の ID を上書きできるブール関数である Visitor.overwriteCrossDomainMCIDAndAID が追加されました。訪問者 ID の上書きを参照してください。

  • TS = UTC timestamp が visitor.appendVisitorIDsTo 関数のプロパティとして追加されました。ID サービスではタイムスタンプを使用して、5 分間隔でリダイレクト URL に ID を使用するかどうかを決定します。訪問者 ID 追加関数を参照してください。

  • 地域 ID を返す新しい関数である Visitor.getLocationHint, が追加されました。地域 ID(ロケーションヒント)の取得を参照してください。

  • ターゲットパブリッシング iFrame で ID 同期を手動で実装するための 2 つの関数として、idSyncByURLidSyncByDataSource が追加されました。URL またはデータソースによる ID 同期を参照してください。

  • disableThirdPartyCalls:true の場合に AppMeasurement のトラッキングコールがブロックされる問題を修正しました。

  • 異なるドメイン間で Experience Cloud ID(MID)が渡されなかった、ID サービスの問題を修正しました。

バージョン 1.9.0

2016 年 10 月

修正点および改善点

  • Audience Manager の一意のユーザー ID(AAMUUID)を Experience Cloud ID として ID サービスに渡していた問題を修正しました。
  • AMCV Cookie の有効期間(TTL:time-to-live)が切れた場合でも、Experience Cloud ID が Cookie に含まれている限り ID サービスはその情報をサーバーに戻します。この呼び出しの後、ID サービスは非同期で呼び出しをおこない、Cookie を更新します。ID サービスはサーバーからの応答を待つ必要がないので、パフォーマンスの改善に役立ちます。既存の AMCV cookie の値を使用して、更新をリクエストできます。
  • ID サービスは直接ページ上で自動的に Experience Cloud ID(MID)を Adobe Media Manager と他の内部アドビドメインに同期します。自動同期は、すべての既存アカウントおよび新規アカウントで有効です。これは、Media Manager の一致率の改善に役立ちます。VisitorAPI.js バージョン 1.8 またはそれ以降で適用されます。ID 同期と一致率についても参照してください。

新規および改訂されたドキュメント

新規: AMCV Cookie から地域とユーザー ID を取得する

バージョン 1.8.0

2016 年 9 月

修正点および改善点

関数 disableThirdPartyCalls で設定できるオプションのブール値のフラグとして、Visitor.getInstance が追加されました。disableThirdPartyCalls= true の場合、この ID サービスは他のドメインの呼び出しをおこないません。デフォルト値は disableThirdPartyCalls= false です。disableThirdPartyCalls を参照してください。

バージョン 1.7.0

2016 年 8 月

修正点および改善点

  • 関数 idSyncAttachIframeOnWindowLoad で設定できるオプションのブール値のフラグとして、Visitor.getInstance が追加されました。idSyncAttachIframeOnWindowLoad= true の場合、ID サービスは、ウィンドウの読み込み時に ID 同期 iFrame を読み込みます。デフォルトでは、ID サービスは、可能な限り迅速に iFrame を読み込みます。このフラグは、廃止される ​代わるもの idSyncAttachIframeASAP です。Visitor.getInstance 関数の変数を参照してください。

  • ドメイン、ネイティブアプリおよびハイブリッドアプリから Web 移行への Experience Cloud ID のトラッキングをサポートする機能が追加されました。訪問者 ID 追加ヘルパー関数を参照してください。

  • ID サービスが訪問者 Experience Cloud ID をクライアント側またはサーバー側に生成したかどうか、または ID 呼び出しがタイムアウトしたかどうかを判断する関数が visitorAPI.js コードに追加されました。タイムアウトトラッキング関数およびクライアント側訪問者 ID 生成のトラッキングを参照してください。

新規および改訂されたドキュメント

改訂:Experience Cloud Identity Service の要件

既知の問題

Audience Manager DIL コードと visitorAPI.js コードを同じページに使用しているお客様は、DIL 変数 secureDataCollection= false を設定する必要があります。secureDataCollection を参照してください。

バージョン 1.6.0

2016 年 7 月

重要

Experience Cloud ID サービスの バージョン 1.6.0 には、JavaScript 版 AppMeasurement バージョン 1.6.2 が​必要​です。ID サービスバージョン 1.6.0 にアップグレードする場合は、適切な AppMeasurement コードバージョンを使用していることを確認してください。

機能 説明

クロスオリジンリソース共有(CORS)

CORS を利用すると、ブラウザーから、現在のドメイン以外のドメインのリソースをリクエストできます。Experience Cloud Identity Service は、クライアント側のクロスオリジンリソースリクエストを可能にする CORS 標準規格をサポートしています。CORS をサポートしていないブラウザー上では、JSONP リクエストに切り替わります。

以下を参照してください。

修正点および改善点

  • dpm.demdex.net への ID 同期呼び出しに d_fieldgroup パラメーターが追加されました。この新しいパラメーターは、内部のトラブルシューティングおよびデバッグの目的で使用されます。

  • ID サービスが生成する iFrame にタイトル属性が追加されました。iFrame のタイトルを指定すると、目の不自由な利用者向けにスクリーンリーダーで読み上げ可能なページ情報を提供できます。iFrame のタイトル属性は Adobe ID Syncing iFrame に設定されます。

  • 関数 Visitor.getInstance で設定できるオプションのフラグとして、idSyncAttachIframeASAP: true が追加されました。true の場合、ID サービスは ID 同期 iFrame をできるだけ早く読み込みます。これにより、ID 同期の一致率が向上します。デフォルトでは、ID サービスはウィンドウの読み込み時に iFrame を読み込みます。Visitor.getInstance 関数の変数を参照してください。

  • AppMeasurement で無限ループが発生するコールバック関数の問題を修正しました。

  • loadTimeout 間隔のデフォルトが 500 ミリ秒から 30,000 ミリ秒に変更されました。Visitor.getInstance 関数の変数を参照してください。

新規および改訂されたドキュメント

新規

改訂済み

バージョン 1.5.7

2016 年 6 月

機能 説明

iframe.sandbox 属性の変更

iFrame で、iframe.sandbox='allow-scripts allow-same-origin'; が設定できるようになりました。

これらの 2 トークンのみを許可することは、セキュリティを強化し、ID サービスに ID 同期で必要となる基本機能を提供するのに役立ちます。

sandbox 属性は、Internet Explorer のバージョン 9 以前ではサポートされていません。詳細については、この iFrame ドキュメントの属性の節を参照してください。

Experience Cloud ID(MID)のエンコード

ID サービスは、サーバーから返される、または visitor.setMarketingCloudVisitorID() 関数で設定された、MID 値をエンコードするようになります。MID について詳しくは、Cookie と Experience Cloud ID を参照してください。

修正点

訪問者 API は、従来の Analytics 訪問者 ID がない場合の、Audience Manager を使用した余分な再同期の呼び出しを強制しなくなりました。

バージョン 1.5.x

2016 年 5 月

ドキュメントの更新

バージョン 1.5.x

2016 年 4 月

ドキュメントの更新

Experience Cloud Identity Service の Target への実装

バージョン 1.5.4

2016 年 3 月

機能 説明

オプトアウトのサポート

Experience Cloud ID サービスは、訪問者によるオプトアウトに対応しました。

ID の同期間隔の変更

Experience Cloud ID サービスでは、データ収集サーバーが呼び出されるたびに ID の同期が呼び出されるようになりました。これまでは、Experience Cloud ID 取得の最初の呼び出し時に 1 回のみリクエストされていました。

ドキュメントの更新

バージョン 1.5.3

2016 年 1 月

ドキュメントの更新

トピック 説明

顧客 ID と認証状態

テキストを修正しました。顧客 ID はエンコードされていない値でのみ渡す必要があります。ID のエンコードによって、識別子が二重にエンコードされます。

このページ