Real-Time CDP Guardrails

最終更新日: 2023-12-15
  • 作成対象:
  • Developer
    User
    Admin
    Leader

Guardrail は、データとシステムの使用状況、パフォーマンスの最適化、Real-Time CDPでのエラーや予期しない結果の回避に関するガイダンスを提供するしきい値です。 ガードレールは、データの使用状況や消費量、ライセンスのエンタイトルメントに関連する処理方法を参照できます。

ここから始め、以下のリンクに従って、Real-Time CDPの様々なサービスおよび領域にわたるすべてのガードレールを理解します。

ヒント

また、 デジタルエクスペリエンスのブループリント を参照してください。 エンドツーエンドの待ち時間図 様々なExperience Platformサービス。

ガードレールのタイプ

すべてのReal-Time CDP領域およびサービスにわたって、次の 2 つのガードレールタイプがあることに注意してください。

ガードレールのタイプ 説明
パフォーマンスガードレール(ソフト制限) パフォーマンスガードレールは、使用例の範囲に関連する使用制限です。 パフォーマンスガードレールを超えると、パフォーマンスが低下し、遅延が発生する場合があります。 Adobeは、そのようなパフォーマンスの低下に対して責任を負いません。 パフォーマンスガードレールを常に上回るお客様は、パフォーマンスの低下を避けるために、追加の容量をライセンスすることを選択できます。
システムが適用するガードレール(ハード制限) システムが適用するガードレールは、Real-Time CDP UI または API によって適用されます。 UI や API によってブロックされたり、エラーが返されたりするので、上限を超えることはできません。

Real-Time CDPのライセンスと権利に関する情報

さらに、購入したReal-Time CDPエディションと層に基づくライセンスと使用権限の情報については、以下の製品説明リンクを参照してください。

他の Guardrail アプリケーション用のExperience Platform

他のガードレールアプリケーションにも同様のExperience Platformが存在します。 詳しくは、以下のリンクを参照してください。

次の手順

Real-Time CDPの様々な領域やサービスに適用されるガードレールについて理解したら、 Real-Time CDP実装の使用例.

このページ