Adobe Experience Platform リリースノート

最終更新日: 2024-02-10
  • 作成対象:
  • Developer
    User
    Admin
    Leader

リリース日:2023年2月22日(PT)

Adobe Experience Platform の既存の機能に対するアップデート:

データ収集

Adobe Experience Platform では、クライアントサイドのカスタマーエクスペリエンスデータを収集し、Adobe Experience Platform Edge Network に送信できます。そこでデータを補強して変換し、アドビまたはアドビ以外の宛先に配信できます。

Assurance

Adobe Assurance を使用すると、モバイルアプリでデータを収集したりエクスペリエンスを提供したりする方法を検査、配達確認、シミュレートおよび検証できます。

新機能または更新された機能

機能 説明
公開 API Adobe Assurance API が利用できるようになりました。 Assurance API は、Mobile SDK で Adobe Assurance 拡張機能を実装すると、ユーザーが自分自身の web およびモバイルアプリをテストしデバッグできるようになる API のコレクションです。 Assurance API について詳しくは、Assurance API の概要を参照してください。

Assurance について詳しくは、Assurance ドキュメントを参照してください。

Destinations

Destinations は、Adobe Experience Platform からのデータの円滑なアクティベーションを可能にする、事前定義済みの出力先プラットフォームとの統合です。宛先を使用して、クロスチャネルマーケティングキャンペーン、メールキャンペーン、ターゲット広告、その他多くの使用事例に関する既知および不明なデータをアクティブ化できます。

新機能または更新された機能

機能 説明
ファイルベース(バッチ)宛先と統合するための同意ポリシーの強化

プロファイルが同意ポリシーの資格を失った場合、Experience Platform はポリシーの終了をファイルベース宛先にプロアクティブに通知するようになりました。これは、同じ機能がストリーミング宛先について 2023年2月にリリースされたのを受けたものです。

メモ:この機能は、Privacy and Security Shield のお客様と Healthcare Shield のお客様のみが使用できます。

新規ドキュメントまたは更新されたドキュメント

ドキュメント 説明
宛先の仕組みに関するドキュメント

ユーザーからのよくある質問に基づいて、宛先の仕組みについて説明する次の 3 つの新しい記事を公開しました。

宛先の一般的な情報については、宛先の概要を参照してください。

エクスペリエンスデータモデル(XDM)

XDM は、Adobe Experience Platform に取り込むデータの共通構造および定義(スキーマ)を提供するオープンソース仕様です。XDM 標準規格に準拠しているので、すべての顧客体験データを共通の表現に反映させて、迅速かつ統合的な方法でインサイトを提供できます。顧客アクションから有益なインサイトを得たり、セグメントを通じて顧客オーディエンスを定義したり、パーソナライズ機能のために顧客属性を使用したりできます。

更新された機能

機能 説明
UI を介したフィールドの非推奨化 データを取り込んだ後でスキーマ内のフィールドを非推奨(廃止予定)にすることができるようになりました。 XDM フィールドの非推奨化では、フィールドを UI ビューから削除しつつ引き続き使用することができます。 必要に応じて、非推奨フィールドを再度表示できます。また、そのフィールドを参照する任意のセグメント、クエリまたはダウンストリームソリューションは、通常どおりに動作します。

新しい XDM コンポーネント

コンポーネントのタイプ 名前 説明
クラス XDM 個人見込み客プロファイル XDM 個人見込み客プロファイルクラスは、パートナー提供の ID を取り込みます。

更新された XDM コンポーネント

コンポーネントのタイプ 名前 説明
フィールドグループ フリークエンシーキャップの制約 フリークエンシーキャップの制約フィールドグループが 繰り返しイベントとカスタムイベントをサポートするように更新されました。
データタイプ Web リファラー Web リファラープロパティが xdm:linkNamexdm:linkRegion を含むように更新されました。これらはそれぞれ、前のページで選択した HTML 要素の名前と領域です。
フィールドグループ Adobe CJM ExperienceEvent - メッセージインタラクションの詳細 トラッカー URL フィールドが Adobe CJM ExperienceEvent に追加されました。このトラッカーは、ユーザーが選択した URL を提供します。
フィールドグループ Adobe CJM ExperienceEvent - メッセージインタラクションの詳細 空の meta:enum プロパティが URL トラッキングタイプフィールドから削除されました。
データタイプ メディア情報 メディア情報データタイプの videoSegment プロパティの正規表現パターンが削除されました

Platform の XDM について詳しくは、XDM システムの概要を参照してください。

クエリサービス

クエリサービスを使用すると、標準 SQL を使用して Adobe Experience Platform Data Lake でデータに対してクエリを実行できます。データレイクの任意のデータセットを結合したり、クエリ結果を新しいデータセットとして取得したりすることで、それらのデータセットをレポートやデータサイエンスワークスペースで使用したり、リアルタイム顧客プロファイルに取り込んだりできます。

更新された機能

機能 説明
SQL によるプロファイルでのデータセットの有効化 CTAS クエリで LABEL を使用して、データセットを「プロファイル対応」にするか、ALTER を使用して、プロファイルで有効になるように既存のデータセットを更新します。この拡張 SQL 構成を使用して、リアルタイム顧客プロファイルビジネスの使用例に対して派生データセットをシームレスにサポートできます。 詳しくは、 派生データセットドキュメントのシームレスな SQL フロー を参照してください。
スケジュール済みクエリの監視 「スケジュール済みクエリ」タブを使用すると、クエリの実行に関する重要な情報を見つけたり、アラートを購読したりできます。 スケジュール詳細のクエリ、ステータス、クエリが失敗した場合のエラーメッセージ/コードを監視できます。
オートコンプリート機能の切り替え クエリエディターのオートコンプリート機能を切り替えると、特定のメタデータコマンドが削除され、処理時間が短縮されます。この機能では、クエリの記述時に、クエリの SQL キーワード候補とテーブル詳細が自動的に提示されます。
データセットのサンプル クエリでサンプリングレートを指定し、データセットサンプルを使用して、均一なランダムサンプルを作成するか、特定の条件に基づいて条件付きサンプルを作成します。

クエリサービスについて詳しくは、クエリサービスの概要を参照してください。

Real-Time Customer Data Platform B2B エディション

Real-Time Customer Data Platform(Real-Time CDP)上に構築された Real-Time CDP B2B エディションは、B2B サービスモデルで業務を行っているマーケター向けに設計されています。複数のソースからのデータをまとめて、人物とアカウントプロファイルの単一のビューに結合します。この統合されたデータにより、マーケターは特定のオーディエンスを正確にターゲットにして、利用可能なすべてのチャネルでそれらのオーディエンスを惹き付けることができます。

更新された機能

機能 説明
関連アカウントサービスの有効化 新しい切り替え機能を使用すると、お使いのアカウントで関連アカウントサービスを有効にできます。 詳しくは、関連アカウントサービスの有効化に関するガイドを参照してください。

Real-Time CDP B2B Edition について詳しくは、Real-Time CDP B2B Edition の概要を参照してください。

ソース

Adobe Experience Platform では、外部ソースからデータを取り込むことができ、Platform サービスを使用してそのデータの構造化、ラベル付け、および拡張を行うことができます。アドビのアプリケーション、クラウドベースのストレージ、サードパーティのソフトウェア、CRM システムなど、様々なソースからデータを取り込むことができます。

Experience Platform は、様々なデータプロバイダーのソース接続を簡単に設定できる RESTful API とインタラクティブ UI を備えています。これらのソース接続を使用すると、外部ストレージシステムおよび CRM サービスの認証と接続、取得実行時間の設定、データ取得スループットの管理を行うことができます。

更新された機能

機能 説明
Google PubSub を使用したサブスクリプションレベルアクセスの指定 認証時にサブスクリプション ID を指定して、Google PubSub ソースを使用する際に特定のトピックサブスクリプションへのアクセスを定義できるようになりました。詳しくは、フローサービス API または Platform UI を使用した Google PubSub 認証のチュートリアルを参照してください。
Marketo からのカスタムアクティビティデータの取り込み カスタムアクティビティデータを Marketo インスタンスから Experience Platform に取り込めるようになりました。 カスタムアクティビティデータを取り込むには、B2B アクティビティスキーマにカスタムアクティビティフィールドグループを設定し、アクティビティデータセットを使用してデータフローを作成する必要があります。 データフローが完了すると、取り込まれたデータセットには Marketo インスタンスからの標準アクティビティとカスタムアクティビティの両方が含まれています。 その結果、クエリサービスを使用して、Platform のカスタムアクティビティレコードにアクセスできます。 詳しくは、カスタムアクティビティデータのデータフローの作成に関するガイドを参照してください。
Marketo からの未要求アカウントの除外 企業データのデータフローを作成する際に、未要求アカウントを取り込みから除外するか取り込みに含めるかを設定できるようになりました。詳しくは、ソース接続とデータフローの作成: Marketo に関するガイドを参照してください。

ソースについて詳しくは、ソースの概要を参照してください。

このページ