Adobe Experience Platform リリースノート

リリース日:2019 年 5 月 15 日(PT)

Adobe Experience Platform の新機能:

Data Ingestion

Adobe Experience Platform は、あらゆる種類および遅延のデータを取得するための豊富な機能セットを提供します。取得は、アドビの組み込みコネクター、データ統合パートナー、または Adobe Experience Platform UI を使用して、バッチ API またはストリーミング API を使用しておこなうことができます。

製品ドキュメントについては、「データ取得の概要」を参照してください。

バッチ取得

バッチ取得 API を使用して、任意の種類のデータを Adobe Experience Platform に取得します。バルク取得 API は、XDM または XDM 以外のスキーマのデータに準拠した、データを取得するための安全で拡張性の高いメカニズムをします。

機能 説明
リッチフォーマットのサポート JSON、Parquet、CSV の取得をサポート
データの検証 データに対して、スキーマ、データタイプ、制約の 3 つのレベルの検証が実行されます。
動作中のデータ暗号化 データがデータネットワークを介して送信される間、データを保護し、安全にします。
マルチパートアップロード 256MB 以上のファイルに対する大きなファイルのアップロードをサポート
自動パーティション データは自動的に分割され、スケーラビリティが向上し、大量のデータセットのパフォーマンスが最適化されます。

既知の問題

なし。

製品ドキュメントについては、「バッチ取得の概要」を参照してください。

コネクタ

Adobe Experience Platform Connectors を使用すると、複数のソースからデータを簡単に取り込むことができ、 Experience Platform サービス。 Platform コネクタを使用すると、クラウドベースのストレージシステムおよび CRM サービスに対する認証、取得の実行時間の設定、データ取得のスループットの管理をおこなうことができます。

機能 説明
クラウドベースのストレージコネクタ データの取り込み元 Microsoft Azure Blob および Amazon S3 Adobe Experience Platformへのクラウドストレージ
Microsoft Dynamics CRM & Salesforce CRM で使用可能なすべてのデータを見つける Microsoft Dynamics または Salesforce CRM。 標準またはカスタムの任意のオブジェクトを Microsoft Dynamics または Salesforce CRM。 増分データは、1 時間ごとまたは 1 日ごとに取得できます。

既知の問題

  • クラウドベースのストレージコネクタは、API 呼び出しを通じてのみ使用できます。

製品ドキュメントについては、「コネクタの概要」を参照してください。

アドビソリューション

アドビは、アドビソリューションから Adobe Experience Platform への管理されたデータ転送を提供します。このリリースでは、次のソリューションからデータ転送を利用できます。

機能 説明
Adobe Analytics Adobe Analyticsのレポートスイートデータは、 Platform.
Adobe Audience Manager Adobe Audience Managerのデータ収集ログ、オンボードデータ、特性およびセグメントデータは、 Platform.
Advertising Cloud DSPからのログ Advertising Cloud は、 Platform.
Adobe Campaign Standard Adobe Campaign Standardのプロファイルとイベントのデータは、 Platform.
Target (プレビュー) Adobe Targetのイベントデータは、 Platform.

既知の問題

なし。

ストリーミング取得

ストリーミング取り込みでデータがに送信される Experience Platform クライアントおよびサーバーサイドのデバイスからリアルタイムで取得できます。 更新は次の場所でおこなえます: Real-Time Customer Profiles 認証済みのデータ収集と複数レコードのペイロードをサポートする、1 秒未満の遅延。

機能 説明
同期検証 JSON ペイロードでのエラーの迅速な検出を可能にし、開発者の速度を向上します。
エンドツーエンドの監視 ストリーミングデータを監視し、 Data Lake および Real-time Customer Profile.
認証済みデータ収集 クライアントから認証トークンを要求するオプションのオン/オフを切り替えます。Adobe Experience Platform サービスが、信頼できるソースからのレコードと信頼できないソースからのレコードを区別できるようにします。
を通じたリアルタイムデータ送信Launch Adobe Experience Platform拡張機能をで使用します。 Launch XDM 形式のデータをクライアントデバイスからリアルタイムで簡単に送信する。

既知の問題

なし。

製品ドキュメントについては、「ストリーミング取得の概要」を参照してください。

監視

クライアントおよびサーバーサイドのデバイスから Adobe Experience Platform へのバッチおよびストリーミング取得をリアルタイムで監視します。

機能 説明
ストリーミングデータの監視 へのストリーミングデータの監視をエンドツーエンドでおこなう Data Lake, Real-Time Customer Profile、および Identity Service.

既知の問題

なし。

データ管理

データセット管理

Adobe Experience Platform は、プラットフォームに保存されているすべてのデータを検出し、UI および RESTful API を使用してデータを管理する機能を提供します。

機能 説明
スケーラブル スケーラブルデータ。ペタバイト規模のデータを取得し、SLA 内で利用できるようにします。
REST でのデータの暗号化 保存データを暗号化して、データを保護し、安全にします。
GDPR のサポート 欧州連合(EU)内の個人情報の収集・処理に関する GDPR 法的ガイドラインに従います。

既知の問題

なし。

Catalog

Catalog は、Adobe Experience Platform 内のデータの場所と系列の記録システムです。Catalog には、内のファイルとディレクトリのメタデータと説明が格納されます。 Experience Platformを呼び出し、に保存されているデータに関する情報を検索できるメタデータストアとして機能します。 Platform.

機能 説明
Catalog Service API Catalog には、アカウント、バッチ、接続、コネクタ、データセット、タグ、 Experience Platform データ。

既知の問題

なし。

を使用し始めるには、以下を実行します。 Catalog Service API( カタログサービスの概要.

ETL

Adobe Experience Platformは、多数のソースから次にデータを抽出、変換、読み込み (ETL) できるデータ処理ツールとの統合をサポートしています。 Experience Platformを使用し、データが Platform サービス。 多数のパートナーが事前設定コネクタを提供し、 Experience Platform. また、ETL コネクタの開発に関するドキュメントも参照できます。

機能 説明
ETL コネクタ Unifi、Informatica、TMM Data、SnapLogic などのベンダーは、Adobe Experience Platform に接続するためのデータ処理ツール用の安全なコネクタを提供します。
ETL 統合 Experience Platform は、データを抽出、変換、読み込むための安全なコネクタを作成するユーザー向けに、ETL 統合ドキュメントを提供しています。 Platform.

既知の問題

なし。

製品ドキュメントについては、「ETL の概要」を参照してください)。

Experience Data Model (XDM)

標準化と相互運用性は、Experience Platform の背後にある重要な概念です。アドビが推進する Experience Data Model(XDM)は、顧客体験データを標準化し、顧客体験管理のスキーマを定義する取り組みです。

XDM はパブリックに文書化された仕様であり、デジタルエクスペリエンスのパワーを向上させるために設計されています。Adobe Experience Platform 上のサービスと通信するすべてのアプリケーションに共通の構造と定義を提供します。XDM 標準規格に準拠することで、すべての顧客体験データを共通の表現に反映させて、迅速かつ統合的な方法でインサイトを提供できます。顧客行動から有益なインサイトを得たり、セグメントを通じて顧客オーディエンスを定義したり、パーソナライズ機能のために顧客属性を使用したりできます。

XDM は Experience Cloud は、Adobe Experience Platformが提供し、適切なチャネルで、適切なタイミングで、適切な人に適切なメッセージを配信します。

方法 Experience Platform が構築されている XDM System 運用可能 Experience Data Model スキーマ Experience Platform コンポーネント。

機能 説明
Schema Registry この Schema Registry は、ユーザーインターフェイス (Schema Editor) および RESTful API を使用します。この API から、スキーマ関連のすべてのリソースを表示および管理できます。 この Schema Editor および Schema Registry また、API を使用して、各 IMS 組織に固有の新しいスキーマやリソースを作成および管理することもできます。
Schema Library この Schema Library すべてを含む Schema Registry 個々の IMS 組織で定義されたリソースや、Adobeがすべてのユーザーに提供するリソースを含む、 Experience Platform パートナー、およびアプリケーションを統合するベンダー Experience Platform.

既知の問題

なし。

を使用した XDM の操作について詳しくは、以下を参照してください。 Schema Registry API および Schema Editorを読んでください。 XDM システムドキュメント.

Real-time Customer Profile

Profile は、様々な企業データアセットのデータを結合し、リアルタイム消費者プロファイルの形式や、和集合ビューと呼ばれる関連する時系列イベントの形式でそのデータにアクセスできる汎用参照エンティティストアです。 統合表示は、様々なチャネルにわたる行動を伝え、強化するのに役立ちます。 Platform、およびAdobeソリューションの統合。 さらに、 Profile は、機械学習とSenseiを強化するために使用されます。 Profile また、API を直接使用して、サードパーティのソリューション、CRM システム、独自のソリューションの機能を強化することもできます。

機能 説明
Real-time customer profile Profile データ入力を介してデータを取り込み、プロファイルストア内の既存のデータと結合し、ほぼリアルタイムで統合ビューを作成または変更します。 このデータは、顧客のエクスペリエンスに合わせて進化し、パーソナライズされたレコメンデーションを作成するために使用できます。
和集合表示 Profile の主な特徴の一つは、マルチチャネルデータの統合です。Profile は、消費者ベース、データセット全体、およびリンクされた ID(和集合表示と呼ばれる)に、個人の結合された表示を提供できます。
Edge Edge サービスは、低レイテンシのデータ収集、プラグ可能なコンピューティング、およびアドレス可能なすべてのチャネルにわたる迅速なデータアクティベーションのフレームワークです。Edge サービスは、リアルタイムのパーソナライゼーションを促進します。

既知の問題

なし。

製品ドキュメントについては、「プロファイルの概要」を参照してください。。

ID サービス

ID サービスは、組織のエコシステムで実行中の各異なるシステム間のデータの断片化に起因する、お客様の ID の切り離しによる基本的な課題を解決します。これは、デバイス間や消費者がブランドに関わるために使用する様々なシステム間で ID をブリッジすることで実現します。このようにして、ID サービスは顧客とその行動を完全に理解し、効果的なデジタルエクスペリエンスをリアルタイムで提供します。

機能 説明
ID グラフ ID グラフは、顧客のアクティビティをほぼリアルタイムで更新する、ID 間の関係のマップです。Identity Service は、組織のみが表示でき、データに基づいて構築された ID グラフ(「プライベートグラフ」)を管理します。 Identity Service 取り込まれたデータのレコードに複数の ID が含まれている場合に、プライベートグラフが拡張され、ID 間の関係が追加されます。

既知の問題

なし。

製品ドキュメントについては、「ID サービスの概要」を参照してください。

Segmentation Service

Segmentation Service は、プロファイルストアの特定のプロファイルのサブセットを定義し、プロファイルストア内のマーケティング可能な人々のグループを区別する基準を記述します。 セグメントは、レコードデータ(人口統計情報など)や、ブランドの顧客タッチポイントを表す時系列イベントに基づいて作成できます。

例えば、「スニーカーを購入し忘れましたか?」という電子メールキャンペーンでは、過去 30 日間にランニングシューズを検索したが購入を完了しなかったすべてのユーザーのオーディエンスが必要な場合があります。または、リワードプログラムで特定のレーティングを持つユーザーのみに表示するように Web コンテンツをターゲティングすることもできます。

機能 説明
セグメント化 API RESTful サービスを使用すると、顧客セグメントを作成するためのプログラム的なアクセスが可能です。
セグメントビルダー セグメントビルダーは、 Profile データ。

既知の問題

なし。

製品ドキュメントについては、「セグメント化サービスの概要」を参照してください

データガバナンス

Adobe Experience Platform を使用すると、会社は複数のエンタープライズシステムからデータを統合し、マーケティング担当者が顧客をより良く識別、理解し、惹きつけることができるようになります。Experience Platform には、内でのデータの適切な使用を保証するエンドツーエンドのデータガバナンスインフラストラクチャが含まれます Platform とは、システム間で共有される場合に使用されます。

データガバナンスは、顧客データを管理し、データの使用に適した規制、制限、ポリシーへのコンプライアンスを確保するために使用される一連の戦略とテクノロジーです。内で重要な役割を果たします Experience Platform 様々なレベル(カタログ化、データ系列、データ使用のラベル付け、データアクセスポリシー、マーケティングアクションのデータに対するアクセス制御など)で使用できます。

データガバナンスを開始するには、お客様のデータに適用される規制、契約上の義務、および企業ポリシーを十分に理解する必要があります。ここから、適切なデータ使用ラベルを適用してデータを分類し、その使用をデータ使用ポリシーの定義を通じて制御できます。

データガバナンスフレームワークは、 Experience Platform ユーザーインターフェイスと Policy Service API

機能 説明
ラベル Experience Platform エンティティ 事前に定義されたカテゴリ別ラベルに基づいて、接続、データセット、データセットのフィールドレベルでデータ使用量ラベルを適用および管理します。
データ使用ポリシーの作成 ラベルの存在と要求されたマーケティングアクションに基づいて、データ使用ポリシーを定義し、管理します。
ポリシー違反の確認 に対してマーケティングアクションを実行する際に、定義された使用ポリシーに違反するかどうかを評価します Platform データ。

既知の問題

  • なし。

詳しくは、「データガバナンスの概要」を参照してください)。

このページ