Target 概要

Adobe Experience Platform Web SDK は、Adobe Targetで管理されているパーソナライズされたエクスペリエンスをWebチャネルーに配信し、レンダリングできます。 Visual Experience Composer (VEC)と呼ばれるWYSIWYGエディター、または フォームベースのExperience Composer (非ビジュアルインターフェイス)を使用して、アクティビティとパーソナライズエクスペリエンスを作成、アクティブ化、配信できます。

Adobe Targetを有効にする

有効にするに Targetは、次の操作を行う必要があります。

  1. 適切なクライアントコードを使用して エッジ設定のターゲットを有効にし ます。
  2. イベント追加に対する renderDecisions オプション。

その後、オプションで次のこともできます。

  • 追加 decisionScopes をイベントに送信して、特定のアクティビティを取得します(フォームベースのコンポーザーで作成されたアクティビティに役立ちます)。
  • ペ追加ージの特定の部分のみを非表示にする ためのプレヒードスニペット。

Adobe TargetVECの使用

プラットフォームWeb SDK実装でVECを使用するには、 Firefox または Chrome VEC Helper Extensionをインストールしてアクティブ化する必要があります。

VECアクティビティを自動レンダリング

Adobe Experience PlatformWeb SDKは、Adobe TargetのVEC on the webで定義したエクスペリエンスを、ユーザーに合わせて自動的にレンダリングする機能を備えています。 VECアクティビティを自動レンダリングするAdobe Experience PlatformWeb SDKに示すには、次のイベントを送信し renderDecisions = trueます。

alloy
("sendEvent", 
  { 
  "renderDecisions": true, 
  "xdm": {
    "commerce": { 
      "order": {
        "purchaseID": "a8g784hjq1mnp3", 
         "purchaseOrderNumber": "VAU3123", 
         "currencyCode": "USD", 
         "priceTotal": 999.98 
         } 
      } 
    }
  }
);

フォームベースのコンポーザーの使用

フォームベースのExperience Composerは、JSON、HTML、画像など、様々な応答タイプを持つA/Bテスト、 Experience TargetingAutomated Personalization、Recommendationsのアクティビティを設定するのに役立つ、非視覚的なインターフェイスです。 Adobe Targetが返す応答のタイプや決定に応じて、コアビジネスロジックを実行できます。 フォームベースのComposerアクティビティの判断を取得するには、決定を取得するすべての「decisionScopes」と共にイベントを送信します。

alloy
  ("sendEvent", { 
    decisionScopes: [
      "foo", "bar"], 
      "xdm": {
        "commerce": { 
          "order": { 
            "purchaseID": "a8g784hjq1mnp3", 
            "purchaseOrderNumber": "VAU3123", 
            "currencyCode": "USD", 
            "priceTotal": 999.98 
          } 
        } 
      } 
    }
  );

決定範囲

decisionScopes パーソナライズされたエクスペリエンスをレンダリングするページのセクション、場所または部分を定義します。 これら decisionScopes はカスタマイズ可能で、ユーザー定義です。 現在の [!DNL Target] お客様 decisionScopes の場合は、「mbox」とも呼ばれます。 UIでは、「場所」と [!DNL Target]decisionScopes して表示されます。

範囲 __view__

Adobe Experience PlatformWeb SDKは、SDKに依存せずにVECアクションを取得し、VECアクションをレンダリングする機能を提供します。 として __view__ 定義されたイベントを送信し decisionScopesます。

alloy("sendEvent", {
      "decisionScopes": ["__view__", "foo", "bar"], 
      "xdm": { 
        "web": { 
          "webPageDetails": { 
            "name": "Home Page"
          }
        } 
      }
    }
  ).then(function(results) {
    for (decision of results.decisions) {
      if (decision.decisionScope === "__view__") {
        console.log(decision.content)
      }
    }
  });

XDMでのオーディエンス

Adobe Experience PlatformWeb SDKを介して配信されるターゲットアクティビティのオーディエンスを定義する場合は、 XDM を定義して使用する必要があります。 XDMスキーマ、クラス、ミックスインを定義した後、ターゲティング用のXDMデータで定義されたターゲットオーディエンスルールを作成できます。 ターゲット内では、XDMデータはカスタムオーディエンスーとしてパラメータービルダーに表示されます。 XDMはドット表記(例えば、 web.webPageDetails.name)を使用してシリアル化されます。

ターゲットアクティビティに、カスタムパラメーターまたはユーザープロファイルを使用する定義済みのオーディエンスがある場合は、SDKを介して正しく配信されないことに注意してください。 カスタムパラメータやユーザプロファイルを使用する代わりに、XDMを使用する必要があります。 ただし、XDMを必要としない、Adobe Experience PlatformWeb SDKを介してサポートされる、すぐに使用できるオーディエンスターゲットフィールドがあります。 ターゲットUIで使用できるXDMを必要としないフィールドは次のとおりです。

  • ターゲットライブラリ
  • 地域
  • ネットワーク
  • Operating System
  • サイトのページ
  • Browser
  • トラフィックソース
  • 時間枠

用語

判断: では、アクティビティ Targetから選択したエクスペリエンスとの関連を示します。

スキーマ: 決定のスキーマは、でのオファーの種類で Targetす。

範囲: 決定の範囲。 で Targetは、mBoxです。 グローバルmBoxが __view__ スコープです。

XDM: XDMはドット表記にシリアライズされ、mBoxパラメーター Target としてに挿入されます。

このページ