Adobe TargetとプラットフォームWeb SDKの連携

Adobe Experience PlatformWeb SDKは、Adobe Targetで管理されるパーソナライズされたエクスペリエンスをWebチャネルに配信およびレンダリングできます。 Visual Experience Composer(VEC)と呼ばれるWYSIWYGエディター、または非ビジュアルインターフェイスであるフォームベースのExperience Composerを使用して、アクティビティとパーソナライズエクスペリエンスを作成、アクティブ化、配信できます。

次の機能がテスト済みで、現在ターゲットでサポートされています。

  • A/Bテスト
  • A4Tインプレッションとコンバージョンのレポート
  • 自動パーソナライゼーション
  • エクスペリエンスのターゲット設定
  • 多変量分析テスト
  • ネイティブのターゲットインプレッションとコンバージョンレポート
  • VECのサポート

Adobe Targetを有効にする

Targetを有効にするには、次の手順を実行します。

  1. エッジ設定のターゲットを、適切なクライアントコードで有効にします。
  2. イベント追加に対するrenderDecisionsオプション。

次のオプションも追加できます。

  • decisionScopes:このアクティビティをイベントに追加して、特定のオプション(フォームベースのコンポーザーで作成されたアクティビティに役立ちます)を取得します。
  • スニペットのプレヒード:ページの特定の部分のみを非表示にします。

Adobe TargetVECの使用

プラットフォームWeb SDK実装でVECを使用するには、FirefoxまたはChrome VEC Helper Extensionをインストールしてアクティブ化します。

VECアクティビティを自動レンダリング

Adobe Experience PlatformWeb SDKは、Adobe TargetのVEC on the webで定義したエクスペリエンスを、ユーザーに合わせて自動的にレンダリングする機能を備えています。 VECアクティビティを自動レンダリングするようにAdobe Experience PlatformWeb SDKに指示するには、renderDecisions = trueと共にイベントを送信します。

alloy
("sendEvent", 
  { 
  "renderDecisions": true, 
  "xdm": {
    "commerce": { 
      "order": {
        "purchaseID": "a8g784hjq1mnp3", 
         "purchaseOrderNumber": "VAU3123", 
         "currencyCode": "USD", 
         "priceTotal": 999.98 
         } 
      } 
    }
  }
);

フォームベースのコンポーザーの使用

フォームベースのExperience Composerは、JSON、HTML、画像など、様々な応答タイプを持つA/Bテスト、Experience Targeting、Automated Personalization、Recommendationsのアクティビティを設定するのに役立つ、非視覚的なインターフェイスです。 Adobe Targetが返す応答のタイプや決定に応じて、コアビジネスロジックを実行できます。 フォームベースのComposerアクティビティの判断を取得するには、決定を取得するすべての「decisionScopes」と共にイベントを送信します。

alloy
  ("sendEvent", { 
    decisionScopes: [
      "foo", "bar"], 
      "xdm": {
        "commerce": { 
          "order": { 
            "purchaseID": "a8g784hjq1mnp3", 
            "purchaseOrderNumber": "VAU3123", 
            "currencyCode": "USD", 
            "priceTotal": 999.98 
          } 
        } 
      } 
    }
  );

決定範囲

decisionScopes パーソナライズされたエクスペリエンスをレンダリングするページのセクション、場所または部分を定義します。これらのdecisionScopesはカスタマイズ可能で、ユーザー定義です。 現在の[!DNL Target]ユーザーの場合、decisionScopesは「mbox」とも呼ばれます。 [!DNL Target] UIでは、decisionScopesは「場所」として表示されます。

__view__スコープ

Adobe Experience PlatformWeb SDKは、SDKに依存せずにVECアクションを取得し、VECアクションをレンダリングする機能を提供します。 __view__decisionScopesとして定義したイベントを送信します。

alloy("sendEvent", {
      "decisionScopes": ["__view__", "foo", "bar"], 
      "xdm": { 
        "web": { 
          "webPageDetails": { 
            "name": "Home Page"
          }
        } 
      }
    }
  ).then(function(results) {
    for (decision of results.decisions) {
      if (decision.decisionScope === "__view__") {
        console.log(decision.content)
      }
    }
  });

XDMでのオーディエンス

Adobe Experience PlatformWeb SDK経由で配信されるターゲットアクティビティのオーディエンスを定義する場合は、XDMを定義して使用する必要があります。 XDMスキーマ、クラス、ミックスインを定義した後、ターゲティング用のXDMデータで定義されたターゲットオーディエンスルールを作成できます。 ターゲット内では、XDMデータはカスタムオーディエンスーとしてパラメータービルダーに表示されます。 XDMはドット表記(例えばweb.webPageDetails.name)を使用してシリアル化されます。

ターゲットアクティビティに、カスタムパラメーターまたはユーザープロファイルを使用する定義済みのオーディエンスがある場合、それらはSDKを介して正しく配信されません。 カスタムパラメータやユーザプロファイルを使用する代わりに、XDMを使用する必要があります。 ただし、XDMを必要としない、Adobe Experience PlatformWeb SDKを介してサポートされる、すぐに使用できるオーディエンスターゲットフィールドがあります。 XDMを必要としないターゲットUIでは、次のフィールドを使用できます。

  • ターゲットライブラリ
  • 地域
  • ネットワーク
  • Operating System
  • サイトのページ
  • Browser
  • トラフィックソース
  • 時間枠

用語

決定事項: で Targetは、アクティビティから選択したエクスペリエンスとの関連を決定します。

スキーマ:決定 のスキーマは、でのオファーのタイプ Targetです。

範囲:決定 の範囲。Targetでは、範囲はmBoxです。 グローバルmBoxは__view__スコープです。

XDM:XDM はドット表記にシリアライズされ、mBoxパラメーター Target としてに挿入されます。

このページ

Adobe Summit Banner

A virtual event April 27-28.

Expand your skills and get inspired.

Register for free
Adobe Summit Banner

A virtual event April 27-28.

Expand your skills and get inspired.

Register for free
Adobe Maker Awards Banner

Time to shine!

Apply now for the 2021 Adobe Experience Maker Awards.

Apply now
Adobe Maker Awards Banner

Time to shine!

Apply now for the 2021 Adobe Experience Maker Awards.

Apply now