宛先接続

このテンプレートの操作中に、斜体のすべての段落を置き換えるか削除します(この段落から始まります)。

まず、ページ上部のメタデータ(タイトルと説明)を更新します。 このページの UICONTROL のすべてのインスタンスを無視してください。 これは、機械翻訳プロセスがページをサポートする複数の言語に正しく翻訳するのに役立つタグです。 提出後、ドキュメントにタグを追加します。

重要
  • このテンプレートのすべてのセクションを、テンプレートで説明されている順序で入力します。
  • このテンプレートは、パートナーからのフィードバックに基づいて、まれに更新されます。 宛先のオーサリングドキュメントを開始する前に、 テンプレートの最新バージョン.

概要

顧客に提供する価値を含め、会社の概要を短く示します。 詳しくは、製品ドキュメントのホームページへのリンクを含めてください。

重要

このドキュメントページは、 宛先 チーム。 お問い合わせや更新のご依頼は、直接 更新用にアクセスできるリンクや電子メールアドレスを挿入します。例: support@YourDestination.com.

ユースケース

をいつどのように使用するかをより深く理解するのに役立ちます。 宛先 の宛先について、Adobe Experience Platformのお客様がこの宛先を使用して解決できる使用例を以下に示します。

使用例#1

モバイルメッセージプラットフォームの場合:

レンタルや販売用プラットフォームは、顧客の Android やiOSのデバイスにモバイル通知をプッシュして、以前にレンタルを検索した地域に更新済みの 100 件のリストがあることを知らせたいと考えています。

使用例#2

ソーシャルネットワークプラットフォームの場合:

スポーツアパレルブランドは、ソーシャルメディアアカウントを通じて既存の顧客にリーチしたいと考えています。 アパレルブランドは、独自の CRM からAdobe Experience Platformに電子メールアドレスを取り込み、独自のオフラインデータからセグメントを作成し、これらのセグメントを YourDestination に送信して、顧客のソーシャルメディアフィードに広告を表示できます。

前提条件

Adobe Experience Platformユーザーインターフェイスで宛先の設定を開始する前に顧客が認識しておく必要がある事項に関する情報を、この節に追加します。 次のような場合が考えられます。

  • 許可リスト
  • 電子メールハッシュの要件
  • お客様側のアカウントの詳細
  • プラットフォームに接続するための API キーの取得方法

お客様に役立つ場合は、関連するドキュメントにリンクアウトできます。

サポートされる ID

宛先でサポートされている ID に関する情報をこの節に追加します。 テーブルには、いくつかの標準値が事前入力されています。 宛先に適用しない値と、事前入力されていない値を削除します。

宛先 では、以下の表で説明する id のアクティブ化をサポートしています。 ID についての詳細情報。

ターゲット ID 説明 注意点
GAID Google Advertising ID ソース ID が GAID 名前空間の場合は、GAID ターゲット ID を選択します。
IDFA Apple の広告主 ID ソース ID が IDFA 名前空間の場合は、IDFA ターゲット ID を選択します。
ECID Experience Cloud ID ECID を表す名前空間。 この名前空間は、次のエイリアスからも参照できます。"Adobe Marketing Cloud ID"、"Adobe Experience Cloud ID"、"Adobe Experience Platform ID"。 次のドキュメントを読む: ECID を参照してください。
phone_sha256 SHA256 アルゴリズムでハッシュ化された電話番号 プレーンテキストと SHA256 ハッシュ化された電話番号の両方が、Adobe Experience Platformでサポートされています。 ソースフィールドにハッシュ化されていない属性が含まれている場合は、 変換を適用 オプション Platform 有効化時に、データを自動的にハッシュ化します。
email_lc_sha256 SHA256 アルゴリズムでハッシュ化された電子メールアドレス プレーンテキストと SHA256 ハッシュ化された電子メールアドレスの両方が、Adobe Experience Platformでサポートされています。 ソースフィールドにハッシュ化されていない属性が含まれている場合は、 変換を適用 オプション Platform 有効化時に、データを自動的にハッシュ化します。
extern_id カスタムユーザー ID ソース ID がカスタム名前空間の場合は、このターゲット ID を選択します。

書き出しのタイプと頻度

テーブルでは、目的の宛先に対応する行のみを残します。 [ 書き出し ] タイプに 1 行、[ 書き出し頻度 ] に 1 行が必要です。 宛先に適用しない値を削除します。

宛先の書き出しのタイプと頻度について詳しくは、以下の表を参照してください。

項目 タイプ メモ
書き出しタイプ セグメントの書き出し セグメント(オーディエンス)のすべてのメンバーを、 宛先 宛先。
書き出しタイプ プロファイルベース 宛先のアクティベーションワークフローのプロファイル属性選択画面で選択した目的のスキーマフィールド(例:メールアドレス、電話番号、姓)と共に、セグメントのすべてのメンバーを書き出します。
書き出しタイプ データセットの書き出し オーディエンスの関心や資格でグループ化または構造化されていない未加工のデータセットを書き出します。
書き出し頻度 ストリーミング ストリーミングの宛先は常に、API ベースの接続です。セグメント評価に基づいて Experience Platform 内でプロファイルが更新されるとすぐに、コネクタは更新を宛先プラットフォームに送信します。ストリーミングの宛先の詳細についてはこちらを参照してください。
書き出し頻度 バッチ バッチ宛先では、ファイルが 3 時間、6 時間、8 時間、12 時間、24 時間の単位でダウンストリームプラットフォームに書き出されます。 詳しくは、バッチ(ファイルベース)宛先を参照してください。

宛先への接続

重要

宛先に接続するには、宛先の管理 アクセス制御権限が必要です。詳しくは、アクセス制御の概要または製品管理者に問い合わせて、必要な権限を取得してください。

この宛先に接続するには、宛先設定のチュートリアルの手順に従ってください。宛先の設定ワークフローで、以下の 2 つのセクションにリストされているフィールドに入力します。

宛先に対する認証

宛先の認証時に入力する必要があるフィールドを追加します。 これらのフィールドは宛先固有で、Destination SDKの設定に応じて異なります。 宛先のフィールドが次に示すフィールドと異なる場合があります。 また、以下のサンプルのスクリーンショットに似たスクリーンショットを含めてください。

宛先に対して認証するには、必須フィールドに入力し、「宛先に接続」を選択します。

宛先への認証方法を示すサンプルスクリーンショット

  • Bearer トークン:宛先への認証をおこなうために bearer トークンを入力します。

宛先の詳細を入力

新しい宛先を設定する際に顧客が入力する必要があるフィールドを追加します。 これらのフィールドは宛先固有で、Destination SDKの設定に応じて異なります。 宛先のフィールドが次に示すフィールドと異なる場合があります。 また、以下のサンプルのスクリーンショットに似たスクリーンショットを含めてください。

宛先の詳細を設定するには、以下の必須フィールドとオプションフィールドに入力します。UI のフィールドの横のアスタリスクは、そのフィールドが必須であることを示します。

宛先の詳細を入力する方法を示すサンプルスクリーンショット

  • 名前:今後この宛先を認識するための名前。
  • 説明:今後この宛先を識別するのに役立つ説明。
  • アカウント ID:お使いの 宛先 アカウント ID。

アラートの有効化

アラートを有効にすると、宛先へのデータフローのステータスに関する通知を受け取ることができます。リストからアラートを選択して、データフローのステータスに関する通知を受け取るよう登録します。アラートの詳細については、 UI を使用した宛先アラートの購読.

宛先接続の詳細の入力を終えたら「次へ」を選択します。

この宛先に対してセグメントをアクティブ化

重要

データをアクティブ化するには、宛先の管理宛先のアクティブ化プロファイルの表示​および​セグメントの表示に対するアクセス制御権限が必要です。詳しくは、アクセス制御の概要または製品管理者に問い合わせて、必要な権限を取得してください。

必要に応じて削除します。新しいストリーミング先をドキュメント化する場合は、最初の段落を残します。 新しいファイルベースの宛先をドキュメント化する場合は、2 番目の段落を残します。 データセットを書き出す宛先をドキュメント化する場合は、3 番目の段落を残します。

この宛先にオーディエンスセグメントをアクティベートする手順は、ストリーミングセグメントの書き出し宛先へのプロファイルとセグメントのアクティベートを参照してください。

読み取り プロファイルの一括書き出し先に対するオーディエンスデータのアクティブ化 を参照してください。

読み取り (ベータ版)データセットの書き出し を参照してください。

属性と ID のマッピング

アクティベーションワークフローの「マッピング」手順で、サポートされるマッピングに関する情報をソースフィールドとターゲットフィールドの間に追加します。 宛先で、プロファイル属性、ID 名前空間、またはその両方の書き出しがサポートされている場合があります。 一部のフィールドは必須の場合があります。 ターゲット属性は、事前定義済みのものも、カスタムのものもあります。 重要な注意事項を呼び出し、好ましくはスクリーンショットと共に例を使用します。 参照用として使用できる宛先ページの 2 つの例を次に示します。

エクスポートされたデータ/データエクスポートの検証

宛先へのデータの書き出し方法に関する段落を追加します。 これにより、顧客が宛先と正しく統合されていることを確認できます。 例えば、以下のような JSON のサンプルを指定できます。 または、宛先プラットフォームでのセグメントの生成を顧客が期待する方法を示すスクリーンショットと情報を、宛先のインターフェイスから提供できます。

{
  "person": {
    "email": "yourstruly@adobe.com"
  },
  "segmentMembership": {
    "ups": {
      "7841ba61-23c1-4bb3-a495-00d3g5fe1e93": {
        "lastQualificationTime": "2020-05-25T21:24:39Z",
        "status": "exited"
      },
      "59bd2fkd-3c48-4b18-bf56-4f5c5e6967ae": {
        "lastQualificationTime": "2020-05-25T23:37:33Z",
        "status": "existing"
      }
    }
  },
  "identityMap": {
    "ecid": [
      {
        "id": "14575006536349286404619648085736425115"
      },
      {
        "id": "66478888669296734530114754794777368480"
      }
    ],
    "email_lc_sha256": [
      {
        "id": "655332b5fa2aea4498bf7a290cff017cb4"
      },
      {
        "id": "66baf76ef9de8b42df8903f00e0e3dc0b7"
      }
    ]
  }
}

データの使用とガバナンス

Adobe Experience Platform のすべての宛先は、データを処理する際のデータ使用ポリシーに準拠しています。Adobe Experience Platform がどのように データガバナンスを実施するかについて詳しくは、データガバナンスの概要を参照してください。

その他のリソース

お客様が成功するために重要と考える製品ドキュメントやその他のリソースへのリンクを提供できます。

このページ