出力先

このテンプレートを使用するときは、イタリックの段落をすべて置換または削除します (この方法で開始されます)。

最初に、ページの上部にあるメタデータ (タイトルと説明) を更新します。 このページの UICONTROL のインスタンスはすべて無視してください。 このタグを使用すると、machine translation プロセスが、そのページをサポートする多言語に正しく変換できます。 ドキュメントを送信した後で、ドキュメントにタグを追加することができます。

概要

お客様に提供される価値など、会社の概要を簡潔に説明します。 詳しくは、製品マニュアルのホームページへのリンクを参照してください。

重要

このドキュメントページは、ターゲットチームによって作成されてい ** ます。 問い合わせまたはアップデートのリクエストについては、 挿入リンクまたは電子メールアドレスを使用して、アップデートについて直接ご連絡ください。

前提条件

このセクションでは、お客様が注意する必要があることについての情報を追加してから、Adobe エクスペリエンスプラットフォームのユーザーインターフェイスを使用して宛先を設定します。 これは以下のとおりです。

  • 許可リストに追加されている必要があります
  • 電子メールのハッシュ化の要件
  • 自分で作成した取引先企業のあらゆる特性
  • プラットフォームに接続するための API キーの取得方法

お客様に有益な資料が記載されている場合は、関連ドキュメントにリンクさせることができます。

サポートされている id

このセクションで、宛先によってサポートされている id に関する情報を追加します。 Prefilled には、いくつかの標準的な値が含まれていることを示します。 コピー先に適用されない値と、prefilled ではない値を削除します。

以下の 表で説明されている id の有効化は、宛先によってサポートされています。 Id について詳しくは 🔗 、こちらを参照してください。

ターゲット Id 説明 注意点
GAID Google 広告 ID ソースアイデンティティが「ユーザー ID」名前空間である場合は、標的 id を選択します。
IDFA Apple の広告主 ID ソース id が IDFA 名前空間である場合は、IDFA ターゲット id を選択します。
ECID Experience Cloud ID ブール値 d を表す名前空間。 この名前空間は、次のエイリアスによって参照することもできます。 "Adobe Marketing Cloud ID"、"adobe エクスペリエンス Cloud ID"、"Adobe エクスペリエンス Platform ID"。 詳細については、次のドキュメントを参照してください 🔗
phone_sha256 SHA256 アルゴリズムを使用してハッシュされる電話番号 Adobe エクスペリエンスプラットフォームでは、プレーンテキストと SHA256 ハッシュ電話番号の両方がサポートされています。 「ソース」フィールドにハッシュされていない属性がある場合は、「変換を適用」オプションをオンにして、 ​データをアクティブ化時に自動的にハッシュするようにし Platform ます。
email_lc_sha256 SHA256 アルゴリズムを使用してハッシュされた電子メールアドレス プレーンテキストと SHA256 ハッシュ電子メールアドレスは、Adobe エクスペリエンスプラットフォームでサポートされています。 「ソース」フィールドにハッシュされていない属性がある場合は、「変換を適用」オプションをオンにして、 ​データをアクティブ化時に自動的にハッシュするようにし Platform ます。
extern_id カスタムユーザー Id ソース id がカスタム名前空間である場合は、このターゲット id を選択します。

書き出しタイプ

セグメント の書き出し-宛先になる宛先に使用されている識別子 (氏名、電話番号など) を使用して、セグメントのすべてのメンバー (氏名、電話番号など) を書き出すことができ ** ます。

ユースケース

出力先をどのように使用するかについて詳しく理解するに ** は、次の例に示すように、この送信先を使用して Adobe が実行できる、使用例をご確認ください。

ユースケース #1

モバイルメッセージプラットフォームについては、次のとおりです。

家庭用のレンタルおよび販売プラットフォームは、お客様の Android および iOS デバイスにモバイル通知をプッシュすることで、事前にレンタルの検索を行ったエリアに100アップデートされたリストがあることを知らせます。

ユースケース #2

ソーシャルネットワークプラットフォームの場合:

スポーツ衣料品が、既存の顧客にソーシャルメディアアカウントを使用して到達することを望んでいます。 衣料ブランドは、自分の CRM から Adobe エクスペリエンスプラットフォームに電子メールアドレスを取り込むことができます。また、オフラインデータからセグメントを作成して、これらのセグメントを宛先に送信することによって、顧客のソーシャルメディアフィードに広告を表示することができます。

目的の場所に接続します。

この送信先に接続するには、宛先の設定チュートリアルで説明されている手順に従って 🔗 ください。

接続パラメーター

このコピー先を設定する際に、 🔗 次の情報を入力する必要があります。

新しい宛先を設定する際には、ユーザーが入力する必要のあるフィールドを追加します。 これらのフィールドは、ターゲットによって異なります。また、ターゲット SDK での設定によって異なります。 コピー先のフィールドは、次に示すものとは異なる場合があります。

  • 「名前」: 今後その宛先について認識される名前を指定します。
  • 説明 : 今後この宛先を確認するために使用される説明。
  • アカウント ID : 移行先の アカウント id を指定します。

セグメントをこの宛先にアクティブにします。

🔗 この宛先までの対象ユーザーセグメントをアクティブにする方法については、「プロファイルをアクティブ化」と「セグメントの書き出し先をストリーミングする」を参照してください。

書き出したデータ

データを転送先に書き出す方法についてのメモを追加します。 これにより、お客様が宛先に正しく統合されたことを確認することができます。 例えば、次の例のような JSON を提供することができます。

{
  "person": {
    "email": "yourstruly@adobe.com"
  },
  "segmentMembership": {
    "ups": {
      "7841ba61-23c1-4bb3-a495-00d3g5fe1e93": {
        "lastQualificationTime": "2020-05-25T21:24:39Z",
        "status": "exited"
      },
      "59bd2fkd-3c48-4b18-bf56-4f5c5e6967ae": {
        "lastQualificationTime": "2020-05-25T23:37:33Z",
        "status": "existing"
      }
    }
  },
  "identityMap": {
    "ecid": [
      {
        "id": "14575006536349286404619648085736425115"
      },
      {
        "id": "66478888669296734530114754794777368480"
      }
    ],
    "email_lc_sha256": [
      {
        "id": "655332b5fa2aea4498bf7a290cff017cb4"
      },
      {
        "id": "66baf76ef9de8b42df8903f00e0e3dc0b7"
      }
    ]
  }
}

データの使用方法とガバナンス

Adobe Experience Platformデータを処理する場合、すべての宛先はデータ使用ポリシーに準拠しています。データガバナンスの適用方法について詳しくは Adobe Experience Platform 、 data ガバナンスの概要を参照 してください。

その他のリソース

お客様が成功するには、ご使用の製品ドキュメントまたはその他のリソースへのリンクを参照してください。

このページ