アダプティブフォームコンポーネントのインラインスタイル設定

最終更新日: 2024-02-07
  • 作成対象:
  • Intermediate
    User

アダプティブフォームの新規作成または AEM Sites ページへのアダプティブフォームの追加には、最新の拡張可能なデータキャプチャコアコンポーネントを使用することをお勧めします。これらのコンポーネントは、アダプティブフォームの作成における大幅な進歩を表し、ユーザーエクスペリエンスの向上を実現します。この記事では、基盤コンポーネントを使用してアダプティブフォームを作成する古い方法について説明します。

バージョン 記事リンク
AEM 6.5 ここをクリックしてください
AEM as a Cloud Service この記事

アダプティブフォームの全体的な外観とスタイルは、テーマエディターでスタイルを指定して定義できます。また、アダプティブフォームの個々のコンポーネントにインライン CSS スタイルを適用し、即座に変更をプレビューすることもできます。インラインスタイルは、テーマで設定されたスタイルよりも優先されます。

インライン CSS プロパティを適用

コンポーネントにインラインスタイルを追加するには、次の手順を実行します。

  1. フォームエディターでフォームを開き、モードを「スタイル設定」に変更します。モードをスタイルモードに変更するには、ページツールバーで canvas-drop-downスタイル​を選択します。

  2. ページ内のコンポーネントを選択し、編集ボタン edit-button をクリックします。サイドバーでスタイル設定プロパティが開きます。

    サイドバーのフォーム階層ツリーからコンポーネントを選択することもできます。フォーム階層ツリーは、サイドバーでフォームオブジェクトとして使用できます。

    スタイルモードでは、フォームオブジェクトの下にコンポーネントが表示されます。ただし、サイドバーのフォームオブジェクトリストには、フィールドやパネルなどのコンポーネントが一覧表示されます。フィールドとパネルは、テキストボックスやラジオボタンなどのコンポーネントを含めることができる汎用コンポーネントです。

    サイドバーからコンポーネントを選択すると、選択したコンポーネントのすべてのサブコンポーネントのリストと選択したコンポーネントのプロパティが表示されます。特定のサブコンポーネントを選択して、そのスタイルを設定できます。

  3. サイドバーのタブをクリックして、CSS プロパティを指定します。次のようなプロパティを指定できます。

    • 寸法と位置(表示設定、パディング、高さ、幅、余白、位置、z インデックス、フロート、クリア、オーバーフロー)
    • テキスト(フォントファミリー、太さ、色、サイズ、行の高さ、整列)
    • 背景(画像とグラデーション、背景色)
    • 境界線(幅、スタイル、色、半径)
    • 効果(シャドウ、不透明度)
    • 詳細(コンポーネントのカスタム CSS を作成できます)
  4. 同様に、コンポーネントの他の部分(ウィジェット、キャプション、ヘルプなど)のスタイルを適用できます。

  5. 完了」を選択して変更を確定するか、または「キャンセル」を選択して変更を破棄します。

例:フィールドコンポーネントのインラインスタイル

以下の図は、インラインスタイルが適用される前後のテキストフィールドを示しています。

インラインスタイルが適用される前のテキストボックスコンポーネント

インラインスタイルプロパティを適用する前のテキストボックスコンポーネント

下の画像に示されるように、次の CSS プロパティを適用した後のテキストボックスのスタイルの変更に注目してください。

セレクター

CSS プロパティ

効果

フィールド

境界線

境界線の幅=2px

境界線のスタイル=実線

境界線のカラー=#1111

フィールドの周囲に黒色の 2px 幅の境界線を作成

テキストボックス

背景色

#6495ED

背景色を CornflowerBlue (#6495ED) に変更します。

注:値フィールドには、カラーの名前または 16 進数コードを指定できます。

ラベル

寸法と位置/幅

100 px

ラベルの幅を 100 px に固定します

フィールドヘルプアイコン テキスト/フォントカラー #2ECC40 ヘルプアイコンの表面の色を変更します。

詳細な説明

text-align

中央

長いヘルプ説明を中央揃えにする

インラインスタイルが適用された後のテキストボックスのスタイル

インラインスタイルプロパティを適用した後のテキストボックスコンポーネント

上述の手順に従って、他のコンポーネント(パネル、送信ボタン、ラジオボタンなど)を選択し、そのスタイルを設定できます。

メモ

スタイルのプロパティは、選択したコンポーネントにより異なります。

スタイルをコピー&ペースト

アダプティブフォーム内のあるコンポーネントから別のコンポーネントにスタイルをコピーして貼り付けることもできます。スタイル​モードで、コンポーネントを選択し、「コピー」アイコン コピー をクリックします。

同じタイプの別のコンポーネントを選択し、「ペースト」アイコン コピー をタップして、コピーしたスタイルをペーストします。「スタイルを消去」アイコン コピー を選択して、適用したスタイルを消去することもできます。

コンポーネントの異なる状態にスタイルを設定

コンポーネントタイプの状態ごとにスタイルを設定できます。状態には、フォーカス、無効、ホバー、エラー、成功、必須が含まれます。

コンポーネントの状態のスタイル設定を定義するには、次の手順を実行します。

  1. スタイル​モードで、コンポーネントを選択し、「編集」アイコン 編集 を選択します。

  2. 状態」ドロップダウンリストを使用して、コンポーネントの状態を選択します。

    状態を選択

  3. コンポーネントの選択した状態のスタイル設定を定義し、「保存」を選択してプロパティを保存します。

成功状態とエラー状態をシミュレートすることもできます。「展開」アイコンを選択して、「成功をシミュレート」および「エラーをシミュレート」オプションを表示します。

状態をシミュレート

関連トピック

このページ