Assets Essentials のリリースノート

Assets Essentials の最新リリースは 2021 年 8 月 16 日(PT)にリリースされました。このリリースでは、

  • Adobe は、プロビジョニングプロセスの完了後、自動的に Assets Essentials をデプロイします。管理者は、Cloud Manager ユーザーインターフェイスを使用して Assets Essentials をデプロイするために、追加の手順を実行する必要はありません。この自動デプロイメントは、2022 年 1 月 6 日以降にプロビジョニングされた環境で使用できるようになります。
  • Assets Essentials で動作する Creative Cloud プラグインの新しいバージョンを Adobe Exchange で利用できます。「Adobe XD v 2.1.0 用の Adobe Asset Link」および「Photoshop / InDesign / Illustrator v 3.1.65 用の Adobe Asset Link」を参照してください。
  • バグ修正および製品の機能強化。以前の既知の問題への対応含んでいます(アップロード後、左側のナビゲーションツリーにフォルダーが正しく表示されるようになり、ドラッグ&ドロップでアップロードする際、現在のフォルダーまたは任意のサブフォルダーを選択できるようになりました)。

このソリューションについて詳しくは、 Assets Essentials の概要を参照してください。この機能の使用を開始するには、Assets Essentials の基本を参照してください。

既知の問題

Assets Essentials ソリューションに関する既知の問題のリストは、継続的に改訂され、更新されています。

  • なし

問題が発生した場合や機能強化のご要望については、サポートチームにフィードバックを送付してください。

過去のリリース

2021.8.0 リリース

Assets Essentials 2021.8.0 は 2021 年 8 月 30 日(PT)にリリースされ、次の更新が行われました。

  • Adobe Workfront との統合により、Workfront ユーザーは、自分の作業を管理する中で、自分のデジタルアセットを管理することができます。詳しくは、他のアドビソリューションとの統合を参照してください。

2021.7.0 リリース

Assets Essentials 2021.7.0 は 2021 年 7 月 29 日(PT)にリリースされ、次の更新が行われました。

  • カスタマイズされたメタデータフォームを作成および管理して、アセットの詳細画面の Settings/メタデータフォームでユーザーにメタデータプロパティを表示するために使用できます。メタデータフォームを参照してください。
  • 多数のサブフォルダーを含んだネストされたフォルダーをアップロードする際のパフォーマンスの向上など、様々なバグ修正と製品の改善が行われました。

2021.6.0 リリース

Assets Essentials の最初のリリースは 2021 年 6 月 21 日(PT)に公開され、軽量のアセット管理機能を提供しています。次の主要機能と CRUD(作成、読み取り、更新、削除)操作をサポートしています。

  • アセット(ネストしたフォルダーを含む)のアップロードと追加。アセットとバージョンのプレビュー。
  • フルテキスト検索、詳細検索フィルター、迅速にアセットを検出できる保存済みの検索。
  • 基本的なアセット管理操作(更新、削除、ダウンロード、メタデータ管理など)。
  • Assets Essentials は、Adobe Journey Optimizer ユーザーがメッセージの作成時にアセットを管理するために利用できます。詳しくは、他のアドビソリューションとの統合を参照してください。

このページ