環境設定

作成するすべての新規プロジェクトまたはパネルに関する、Analysis Workspaceおよびその関連コンポーネントの設定を管理できます。 既存のプロジェクトやパネルは影響を受けません。

環境設定の概要については、このビデオをご覧ください。

環境設定を更新

  1. Adobe Analyticsで、 プロジェクト ランディングページで、「 環境設定.

    ユーザー環境設定

  2. 各タブで使用可能な環境設定については、この記事の次のセクションから続行します。

一般環境設定

Analysis Workspaceで作成するすべての新しいプロジェクトの一般的な環境設定をカスタマイズできます。 これらの環境設定へのアクセス方法について詳しくは、 環境設定を更新.

環境設定 オプション
ランディングページ Adobe Analyticsにアクセスする際に、デフォルトのページとして表示するページを選択します。
  • プロジェクトリスト(デフォルト)
  • 空のプロジェクト
  • 特定のプロジェクトリストから選択
ヒントを表示 Analysis Workspaceの右下にある青いボックスにヒントを表示します。

このオプションは、デフォルトでは有効になっています。

左側のパネルグループに表示されるコンポーネント 左側のレールのコンポーネントメニューに表示する各コンポーネントの数を選択します。

0 を選択すると、コンポーネントはワークスペースの左側のレールからアクセスできなくなります。

デフォルトでは、次の各項目に対して 5 つのコンポーネントが表示されます。

  • ディメンション
  • 指標
  • フィルター
  • 日付範囲

Analysis Workspaceのコンポーネントについて詳しくは、 コンポーネントの概要.

プロジェクトの環境設定

Analysis Workspaceで作成するすべての新しいプロジェクトに対して、プロジェクトの環境設定をカスタマイズできます。 これらの環境設定へのアクセス方法について詳しくは、 環境設定を更新.

これらの同じ環境設定の一部は、個々のプロジェクトに対してカスタマイズすることもできます。詳しくは、 プロジェクトの概要.

各環境設定の詳細とコンテキストについては、リンクされた環境設定のタイトルをクリックします。

セクション 環境設定 オプション
表示
表示密度 左側のパネル、フリーフォームテーブル、コホートテーブルでの垂直方向のパディングを減らして、画面に表示するコンテンツの量を選択します。
  • コンパクト
  • 快適
  • 拡張(デフォルト)
カラーパレット Analysis Workspaceで使用するビジュアライゼーションカラーパレットを選択します。
  • Adobe が提供するパレット(デフォルト)
  • 条件付き書式パレット
  • 上/下パレット(分岐)
  • カスタム定義パレット
データ
レポートスイート テーブルとビジュアライゼーションがデータを導き出す場所から選択します。
  • 最新(デフォルト)
  • リストから選択された特定のレポートスイート
カレンダー 次のリストから選択します。
  • アドビが指定する範囲(デフォルトは今月)
  • カスタム定義範囲
パネルタイプ
  • フリーフォーム(デフォルト)
  • 空白
  • クイックインサイト
繰り返しインスタンスのカウント レポート内でレポートインスタンスがカウントされるかどうかを指定します。例えば、この設定を有効にすると、(有効になると)複数の連続するページビューが同じページに対して複数のページビューとして扱われます。 オフの場合、単一ページビューとしてカウントされます。

注意: この設定は、特定の指標(単一ページ訪問数など)にのみ影響し、フロービジュアライゼーションやフォールアウトビジュアライゼーションには適用されません。

数値の形式
  • 1,000.00(デフォルト)
  • 1.000,00
  • 1 000,00
CSV 区切り文字文字
  • カンマ(デフォルト)
  • セミコロン
  • コロン
  • パイプ
  • ピリオド
  • 空白文字
  • タブ
注釈を表示 注釈をプロジェクトに表示するかどうかを選択します。 注釈について詳しくは、 注釈:概要.

フリーフォームテーブルの環境設定

Analysis Workspaceで作成するすべての新しいプロジェクトに対して、フリーフォームテーブルの環境設定をカスタマイズできます。 これらの環境設定へのアクセス方法について詳しくは、 環境設定を更新.

これらの同じ環境設定の一部は、個々のテーブル用にカスタマイズすることもできます。

使用可能な環境設定の詳細とコンテキストについては、リンクされたセクションのタイトルをクリックしてください。

セクション 環境設定 オプション
テーブル
テーブルタイプ
  • フリーフォーム
  • テーブルビルダー
デフォルトのテーブル指標
  • 発生件数
  • ユニーク訪問者
  • 訪問数
デフォルトのテーブルディメンション 「分」、「時間」、「日」、「週」、「月」、「四半期」、「年」から選択します。
日付の整列 各列の日付を整列させて、すべて同じ行で始まるようにします。
ヘッダーテキストを折り返し ヘッダーを読みやすく、またテーブルを共有しやすくするため、フリーフォームテーブルでヘッダーテキストを折り返せるようにします。これは、.pdf のレンダリングや名前の長い指標に使用すると便利です。デフォルトで有効です。
合計を表示 この合計は総計と等しいか、またはそのサブセットです。「なしを含む」オプションなど、フリーフォームテーブル内で適用されたすべてのテーブルフィルターを反映します。
総計を表示 この合計は、収集されたすべてのヒットを表し、「レポートスイートの合計」と呼ばれることもあります。セグメントがパネルレベルまたはフリーフォームテーブル内で適用されると、この合計は、セグメント条件に一致するすべてのヒットを反映するように調整されます。静的な行を含むテーブルや分類では、総計はサポートされません。
スパークラインを表示 グラフの下部に折れ線グラフを表示または非表示にします。 非表示の場合、凡例は線分を視覚的に参照しなくなります。
数値 セルに指標の数値を表示するかどうかを決定します。例えば、指標がページビュー数の場合、数値は行項目のページ表示回数になります。
パーセント セルに指標の割合の値を表示するかどうかを決定します。例えば、指標がページビュー数の場合、割合の値は行項目のページ表示回数を列の合計ページ表示回数で割った数になります。 注意:より正確な数値を示すために、100%を超える割合が表示されるようになりました。列の幅をさらに大きくできるように、上限を 1,000%まで高める予定です。
異常値を表示 この列の値に対して異常値検出を実行するかどうかを決定します。
ゼロを値なしとして解釈 値が 0 のセルについて、0 を表示するか空白にするかを決定します。この設定は、まだ終わっていない月の日ごとのデータを確認する際に便利です。 将来の日付のセルに 0 を表示するのではなく、空白にすることができます。この設定はグラフにも反映されます(つまり、この設定がオンの場合、値が 0 の線やバーはグラフに表示されません)。
背景 セルのすべての書式(棒グラフや条件付き書式など)をセルに表示するかどうかを指定します
  • 棒グラフ
  • 列の合計を最大値としてセルの値を示す横棒グラフを表示します。
  • 条件付き書式
  • 条件付き書式について詳しくは、「条件付き書式」( 列設定
セルのプレビュー 現在選択されている書式オプションが適用されると各セルがどのように表示されるかを示すプレビューが表示されます。
位置で分類 項目自体ではなく項目の位置に分類を保持する場合は、このオプションを選択します。 分類について詳しくは、 ディメンションの分類.
パーセンテージ計算

ビジュアライゼーション環境設定

Analysis Workspaceで作成するすべての新しいプロジェクトのビジュアライゼーション環境設定を更新できます。 これらの環境設定へのアクセス方法について詳しくは、 環境設定を更新.

これらの同じ環境設定の一部は、個々のビジュアライゼーション用にカスタマイズすることもできます。

使用可能な環境設定の詳細とコンテキストについては、リンクされたセクションのタイトルをクリックしてください。

セクション 環境設定 オプション
一般的なデフォルト
割合(%) すべてのビジュアライゼーションの値をパーセンテージで表示します。
凡例を表示 すべてのビジュアライゼーションの詳細な凡例テキストを非表示にできます。
項目数の上限を設定 すべてのビジュアライゼーションの X 軸の項目数を減らします。 これは、大きなデータセットがある場合に役立ちます。
2 軸を表示 (該当する場合) 2 つの指標がある場合にのみ適用されます。(ある指標の)Y 軸を左側に、(他の指標の)Y 軸を右側に表示できます。これは、プロットされた指標の大きさが非常に異なる場合に役立ちます。
正規化 (該当する場合) 指標を均等な比率にします。これは、プロットされた指標の大きさが非常に異なる場合に役立ちます。
Y 軸をゼロに固定 グラフに示されるすべての値がゼロよりもかなり上の場合、グラフのデフォルトでは、Y 軸の一番下はゼロ以外になります。このボックスをチェックすると、Y 軸は強制的にゼロになります(グラフは再描画されます)。
異常値で Y 軸のスケールの設定を許可 グラフに複数の指標がある場合、各異常値の上にマウスポインターを置いて、その指標の信頼帯を表示する必要があります。 ビジュアライゼーションが見やすくなるように、異常値検出の信頼区間では、Y 軸のスケールが自動的には調整されません。 このオプションを使用すると、信頼区間でビジュアライゼーションを拡大/縮小できます。

詳しくは、 Analysis Workspaceの異常値の表示.

割合(%) 線のビジュアライゼーションに対する値をパーセンテージで表示します。
凡例を表示 折れ線グラフのビジュアライゼーションの詳細な凡例テキストを非表示にできます。
項目数の上限を設定 折れ線グラフのビジュアライゼーションの X 軸の項目数を減らします。 これは、大きなデータセットがある場合に役立ちます。
2 軸を表示 (該当する場合) 2 つの指標がある場合にのみ適用されます。(ある指標の)Y 軸を左側に、(他の指標の)Y 軸を右側に表示できます。これは、プロットされた指標の大きさが非常に異なる場合に役立ちます。
正規化 (該当する場合) 指標を均等な比率にします。これは、プロットされた指標の大きさが非常に異なる場合に役立ちます。
X 軸を表示 折れ線グラフに X 軸を表示します。
Y 軸を表示 折れ線グラフに Y 軸を表示します。
Y 軸を固定 グラフに示されるすべての値がゼロよりもかなり上の場合、グラフのデフォルトでは、Y 軸の一番下はゼロ以外になります。このボックスをチェックすると、Y 軸は強制的にゼロになります(グラフは再描画されます)。
最小を表示 最小値のラベルをオーバーレイして、指標内の谷をすばやく強調表示します。 注意:最小値は、ディメンション内の値の完全なセットではなく、ビジュアライゼーション内の表示可能なデータポイントから導き出されます。
最大を表示 最大値のラベルをオーバーレイして、指標のピークをすばやく強調表示します。 注意:最大値は、ディメンション内の値の完全なセットではなく、ビジュアライゼーション内の表示可能なデータポイントから導き出されます。
近似曲線を表示 回帰または移動平均トレンドラインを線系列に表示します。 近似曲線は、データにより明確なパターンを表現するのに役立ちます。
コホート
精度 トレンドビジュアライゼーションの場合、時間の精度(日、週、月、四半期、年)を変更できます。 この変更は、データソーステーブルにも適用されます。
割合のみを表示 数値を削除し、割合のみを表示します。
割合を整数に四捨五入 パーセント値を、小数値ではなく、最も近い整数に丸めます。
割合の平均行を表示 テーブルの先頭に新しい行を挿入し、各列の値の平均を加算します。
コホートプレビュー コホートビジュアライゼーションでのカラーパレットの表示方法のプレビュー。
コホートパレット コホートビジュアライゼーションで使用されるカラーパレット。
コンビネーショングラフ
X 軸を表示 コンボグラフに X 軸を表示します。
Y 軸を表示 コンボグラフに Y 軸を表示します。
行にバーベルを表示 コンボグラフの線にバーベルを表示します。
主要指標の概要
概要表示タイプ
  • 変化率を強調
  • 数値を強調
スパークラインを表示 グラフの下部にある折れ線グラフの表示/非表示を切り替えます。 非表示の場合、凡例は線分を視覚的に参照しなくなります。
スパークラインに最大値と最小値を表示 主折れ線グラフと比較折れ線グラフに最小値と最大値を表示します。
比較を表示 比較データを表示します。 非表示の場合、比較折れ線グラフと変更概要オブジェクトの両方が非表示になります。
数値オプション 主要指標の概要 セクション
  • 変更の割合を表示
  • 生の差異を表示
  • プライマリ日付範囲とセカンダリ日付範囲の指標の合計値の生の差異
フォールアウト
コンテナ 「訪問」と「訪問者」を切り替えて、訪問者のパスを分析できます。デフォルトは訪問者です。これらの設定により、訪問者のエンゲージメントを(訪問全体にわたって)訪問者レベルで分析したり、1 回の訪問に分析を制限したりできます。

次のオプションがあります。

  • 訪問
  • 訪問者。
フロー
コンテナ フロー セクション
  • 訪問
  • 訪問者。
ラベルの折り返し 通常、フロー要素のラベルは、画面の領域を節約するために切り捨てられます。しかし、このチェックボックスをオンにすることで完全なラベルを表示できます(デフォルト = オフ)。
繰り返しインスタンスを含める フロービジュアライゼーションは、ディメンションのインスタンスに基づいています。この設定により、ページのリロードなど、繰り返し発生するインスタンスを含めるか除外するかを選択できます。ただし、listVar、listProp、s.product、マーチャンダイジング eVar など複数の値を持つディメンションを含むフロービジュアライゼーションから、繰り返しを削除することはできません。(デフォルト = オフ)。
ツールチップを表示 フロービジュアライゼーション内の個々のノードにカーソルを合わせたときに、ノードデータを含むツールチップを表示するかどうかを指定します。
列の数 フロー図で必要な列数を決定します。
列ごとに展開される項目数 各列に必要な項目数。
積み重ねグラフ
100%の積み重ね 積み上げ面、積み上げ棒、または積み上げ横棒のビジュアライゼーションのこの設定は、グラフを「100 % の積み上げ」のビジュアライゼーションに変更します。

詳しくは、 棒グラフおよび積み重ね棒グラフ.

ヒストグラム
グループ数 ビジュアライゼーション内のデータ範囲(グループ)の数を選択します。 グループの最大数は 50 です。

詳しくは、 ヒストグラム.

カウント方法 次のオプションから選択します。
  • ヒット
  • 訪問
  • 訪問者。

例えば、ページビューと共に使用する場合、訪問者ごとのページビュー、訪問のページビュー、ヒットごとのページビューを選択できます。 ヒットの場合、フリーフォームテーブルの y 軸指標として、「回数」が使用されます。

マップ
ディメンションのプロット
  • モバイルの緯度 / 経度
  • 地域ディメンション
マップタイプ
  • バブル
  • ヒートマップ
カラーテーマ 「Coral」、「Reds」、「Greens」、「Blues」、「Heatmap」、「Positive/Negative」から選択します。
マップのスタイル [ 基本 ]、[ 通り ]、[ 明るい ]、[ 明るい ]、[ 暗い ]、[ 衛星 ] から選択します。
変更の概要
  • 変更の割合
  • 生の差異
割合(%) 変更概要ビジュアライゼーションの値をパーセンテージで表示します。
凡例を表示 変更概要ビジュアライゼーションの詳細な凡例テキストを非表示にできます。
数値の概要
割合(%) 概要番号ビジュアライゼーションの値をパーセンテージで表示します。
凡例を表示 概要番号ビジュアライゼーションの詳細な凡例テキストを非表示にできます。
概要値の基準 「最大」、「最小」、「平均」、「中央値」、「合計」から選択します。
値を短縮 概要番号 セクション
ツリーマップ
割合(%) ツリーマップビジュアライゼーションの値をパーセンテージで表示します。
項目数の上限を設定 ツリーマップビジュアライゼーションの X 軸の項目数を減らします。 これは、大きなデータセットがある場合に役立ちます。
ベン
凡例を表示 ベン図ビジュアライゼーションの詳細な凡例テキストを非表示にできます。
散布図
割合(%) 散布図のビジュアライゼーションの値を割合で表示します。
凡例を表示 散布図のビジュアライゼーションの詳細な凡例テキストを非表示にできます。
項目数の上限を設定 散布図の X 軸の項目数を減らします。 これは、大きなデータセットがある場合に役立ちます。
Y 軸をゼロに固定 グラフに示されるすべての値がゼロよりもかなり上の場合、グラフのデフォルトでは、Y 軸の一番下はゼロ以外になります。このボックスをチェックすると、Y 軸は強制的にゼロになります(グラフは再描画されます)。

デフォルトの環境設定を復元

すべてのユーザー設定をシステムのデフォルトに戻すことができます。 これは、「会社」タブの管理者の環境設定には影響しません。

このアクションは取り消しできません。

  1. Adobe Analyticsで、 コンポーネント > 環境設定.

    ユーザー環境設定

  2. 右上で、「 デフォルトに戻す.

  3. プロンプトが表示されたら、「 」を選択します。 デフォルトに戻す.

ダークテーマ

Adobe Analytics ユーザーインターフェイスの背景を暗くしたい場合は、 ダークテーマ に切り替えることができます。

  1. 右上の Experience Cloud ユーザーアイコンをクリックします。

    ダークテーマ

  2. ダークテーマ​トグルを右に切り替えます。

このページ