コンポーネント設定

データビューコンポーネントで使用されるコア設定。

コンポーネント設定

設定 説明/使用例
コンポーネントの種類 必須。コンポーネントを指標からディメンションに、またはその逆に変更できます。このドロップダウンを変更すると、コンポーネントがそれぞれに含まれているコンポーネント領域に移動します。
コンポーネント名 必須。Analysis Workspace に表示されるわかりやすい名前を指定できます。コンポーネントの名前を変更して、データビューに固有の名前を付けることができます。
説明 オプション(推奨)。 コンポーネントに関する情報を他のユーザーに提供します。
タグ (オプション)。Analysis Workspace UI で検索/フィルタリングを行いやすくするために、カスタムタグまたは標準搭載のタグでコンポーネントにタグを付けることができます。
コンテキストラベル (オプション)。コンポーネントに適用できる、使用可能なシステム定義のラベルのドロップダウン。これらのラベルは、Analysis Workspace のプロジェクトまたはパネルでのレポートに使用されるコンポーネントのセットを定義するために必要になる場合があります。
スキーマフィールド名 スキーマフィールドの名前。
データセットタイプ 必須。コンポーネントの元となるデータセットタイプ(イベント、参照、プロファイル)を示す編集不可のフィールド。
データセット コンポーネントの元のデータセットを示す編集不可のフィールド。 このフィールドには、複数のデータセットを含めることができます。
スキーマタイプ コンポーネントのデータタイプを示す編集不可のフィールド。 Platform では、サポートされているスキーマフィールドタイプを使用できますが、CJA でサポートされていないフィールドタイプもあります。 次のデータタイプがサポートされています。IntegerIntLongDoubleFloatNumberShortByteString および Boolean です。 現時点では、ルックアップデータセットでは String スキーマデータタイプのみを使用できます。
コンポーネント ID 必須。CJA APIは、このフィールドを使用してコンポーネントを参照します。データビューの各コンポーネントは、一意である必要があります。アドビは、各コンポーネントの ID を自動的に生成します。ただし、編集アイコンをクリックして、コンポーネント ID を変更することはできます。コンポーネント ID を変更すると、このコンポーネントを含む既存の Workspace プロジェクトがすべて機能しなくなります。単一のデータビュー内では各コンポーネントに一意の ID が必要ですが、他のデータビュー内では同じコンポーネント ID を使用できます。 他のデータビューで同じコンポーネント ID を使用すると、データビューをまたいで Workspace プロジェクトに互換性を持たせることができます。
パス 必須。コンポーネントの元となるスキーマパスを示す編集不可のフィールド。
データ使用状況ラベル Adobe Experience Platform でこのコンポーネントに割り当てられたデータ使用状況ラベル。 詳細情報
レポートでコンポーネントを非表示 管理者以外のユーザー向けデータビューからコンポーネントをキュレートできます。 管理者は、Analysis Workspace プロジェクトで「すべてのコンポーネントを表示」をクリックしてアクセスできます。

次に、データビューのコンポーネント設定に関するビデオを示します。

このページ