オーディエンスコンポジションの基本を学ぶ get-start-audience-composition

recommendation-more-help

このドキュメントでは、Adobe Journey Optimizer 内でオーディエンス構成を使用する方法について詳しく説明します。リアルタイム顧客プロファイルのみの顧客で、Adobe Journey Optimizer を使用していない場合は、こちらをクリックしてください{target=“_blank”}。

オーディエンス構成を使用すると、コンポジションワークフロー ​を作成できます。このワークフローでは、既存の Adobe Experience Platform オーディエンスを 1 つのビジュアルキャンバスにまとめ、様々なアクティビティ(分割、除外など)を活用して、新しいオーディエンスを作成できます。

完了すると、結果のオーディエンス ​は既存のオーディエンスと共に Adobe Experience Platform に保存され、Journey Optimizer のキャンペーンやターゲット顧客へのジャーニーに活用できます。詳しくは、Journey Optimizer でオーディエンスをターゲットにする方法を参照してください

IMPORTANT
オーディエンス構成とカスタムアップロードオーディエンスからのオーディエンスと属性の使用は、現在、Healthcare Shield または Privacy and Security Shield では使用できません。
エンリッチメント属性は、まだポリシー適用サービスと統合されていません。したがって、エンリッチメント属性に適用するデータ使用ラベルは、Journey Optimizer キャンペーンでは適用されません。

オーディエンスコンポジションには、Adobe Journey Optimizer の​ オーディエンス ​メニューからアクセスできます。

  • 概要」タブには、組織のオーディエンスデータに関連する主要指標を含んだ専用のダッシュボードが表示されます。詳しくは、Adobe Experience Platform のダッシュボードガイドを参照してください。

  • 参照」タブには、Adobe Experience Platform に保存されている既存のオーディエンスがすべて表示されます。

  • コンポジション」タブを使用すると、オーディエンスを組み合わせて新しいオーディエンスを作成するコンポジションワークフローを作成できます。

各カードをクリックして、オーディエンスコンポジションを使用する方法を確認してください。

b22c9c5d-9208-48f4-b874-1cefb8df4d76