待機アクティビティ wait-activity

パス内の次のアクティビティを実行するまで待機する場合は、「待機」アクティビティを使用できます。後に続くアクティビティを実行するタイミングを定義できます。次のオプションがあります。

待機アクティビティについて about_wait

待機期間は最長 29 日です。テストモードでは、「テストの待機時間」パラメーターを使用すると、各待機アクティビティの持続時間を定義できます。デフォルト時間は 10 秒です。これにより、テスト結果を迅速に取得できます。このページを参照してください。

グローバルジャーニーのタイムアウトが 30 日なので(つまり、プロファイルはジャーニーにエントリしてから最大 30 日後に常にジャーニーからドロップアウトするので)、1 つのジャーニーで複数の待機アクティビティを使用する場合は注意が必要です。詳しくは、このページを参照してください。

個人が待機アクティビティにエントリできるのは、30 日のジャーニータイムアウトより前に待機期間を完了するのに十分な時間がジャーニーに残っている場合のみです。例えば、それぞれ 20 日に設定された 2 つの待機アクティビティを追加すると、2 番目の待機が 30 日のタイムアウト後に終了することをシステムが検出します。したがって、2 番目の待機は無視され、その待機を開始する前に個人はジャーニーを離脱します。この例では、顧客はジャーニーに合計 20 日間滞在します。

ベストプラクティスとして、待機を使用して再エントリをブロックすることは避けます。代わりに、ジャーニープロパティレベルで「再エントリを許可」オプションを使用します。詳しくは、このページを参照してください。

期間待機 duration

次のアクティビティを実行するまでの待機期間を選択します。最大期間は 29 日です。

カスタム待機 custom

このオプションでは、イベントやデータソースのフィールドに基づく高度な式を使用して、カスタムの日付(例:2023 年 7 月 12 日午後 5 時)を定義できます。カスタムの期間(例えば 7 日など)を定義することはできません。式エディターでは、式を dateTimeOnly 形式にする必要があります。このページを参照してください。dateTimeOnly 形式の詳細については、このページを参照してください。

NOTE
dateTimeOnly 式を利用するか、関数を使用して dateTimeOnly に変換することができます。例えば、toDateTimeOnly(@event{Event.offerOpened.activity.endTime}) では、イベント内のフィールドが 2023-08-12T09:46:06Z の形式になります。
ジャーニーのプロパティには​ タイムゾーン ​が必要です。そのため、今のところ、時刻とタイムゾーンのオフセットを組み合わせた、完全な ISO-8601 タイムスタンプ(2023-08-12T09:46:06.982-05 など)をインターフェイスから直接指定することはできません。このページを参照してください。

待機アクティビティが期待どおりに動作することを検証するには、ステップイベントを使用できます。このページを参照してください。

recommendation-more-help
b22c9c5d-9208-48f4-b874-1cefb8df4d76