Twitter Custom Audiences 接続

概要 overview

Twitter で既存のフォロワーと顧客をターゲットに設定し、Adobe Experience Platform 内に構築したオーディエンスをアクティブ化して、関連するリマーケティングキャンペーンを作成します。

前提条件 prerequisites

Twitter Custom Audiences の宛先を設定する前に満たす必要がある、以下の Twitter の前提条件を確認してください。

  1. Twitter Ads アカウントは広告を利用する資格を持っている必要があります。新規 Twitter Ads アカウントは、作成後最初の 2 週間は、広告を利用する資格がありません。
  2. でアクセスを承認したTwitterユーザーアカウント Twitter Audience Manager は、 Partner Audience Manager 権限が有効です。

サポートされている ID supported-identities

Twitter Custom Audiences では、以下の表で説明する id のアクティブ化をサポートしています。 ID についての詳細情報。

ターゲット ID
説明
注意点
device_id
IDFA/AdID/Android ID
Google Advertising ID(GAID) とApple Advertisers(IDFA) の両方がAdobe Experience Platformでサポートされています。 これらの名前空間や属性は、ソーススキーマから適切にマッピングしてください。 マッピング手順 宛先のアクティベーションワークフローの
メール
ユーザーの電子メールアドレス
プレーンテキストの電子メールアドレスと SHA256 ハッシュ化された電子メールアドレスを、このフィールドにマッピングしてください。 ソースフィールドにハッシュ化されていない属性が含まれている場合は、 変換を適用 オプション、 Platform 有効化時に、データを自動的にハッシュ化します。 顧客の電子メールアドレスをAdobe Experience Platformにアップロードする前にハッシュ化する場合、これらの ID は、SHA256 を使用して、ソルトなしでハッシュ化する必要があります。

サポートされるオーディエンス supported-audiences

この節では、この宛先に書き出すことができるオーディエンスのタイプについて説明します。

オーディエンスの起源
サポートあり
説明
Segmentation Service
Experience Platform セグメント化サービス.
カスタムアップロード
CSV ファイルから Experience Platform に読み込まれたオーディエンス。

書き出しのタイプと頻度 export-type-frequency

宛先の書き出しのタイプと頻度について詳しくは、以下の表を参照してください。

項目
タイプ
メモ
書き出しタイプ
オーディエンスの書き出し
「カスタムオーディエンス」の宛先で使用される識別子を使用して、オーディエンスのすべてのTwitterを書き出します。
書き出し頻度
ストリーミング
ストリーミングの宛先は常に、API ベースの接続です。オーディエンス評価に基づいて Experience Platform 内でプロファイルが更新されるとすぐに、コネクタは更新を宛先プラットフォームに送信します。ストリーミングの宛先の詳細についてはこちらを参照してください。

ユースケース use-cases

をいつどのように使用するかをより深く理解するのに役立ちます。 Twitter Custom Audiences の宛先について、Adobe Experience Platformのお客様がこの宛先を使用して解決できる使用例を以下に示します。

ユースケース 1

既存のフォロワーや顧客をTwitterの対象にし、Adobe Experience Platform内で構築されたオーディエンスを List Custom Audiences twitter。

宛先に接続 connect

IMPORTANT
宛先に接続するには、 宛先の表示 および 宛先の管理 アクセス制御権限. 詳しくは、アクセス制御の概要または製品管理者に問い合わせて、必要な権限を取得してください。

この宛先に接続するには、宛先設定のチュートリアルの手順に従ってください。宛先の設定ワークフローで、以下の 2 つのセクションにリストされているフィールドに入力します。

宛先に対する認証 authenticate

  1. 次を検索: Twitter Custom Audiences 宛先カタログの宛先および「 」を選択します。 設定.
  2. 選択 宛先に接続.
    linkedInへの認証
  3. twitter資格情報を入力し、「 」を選択します。 ログイン.

宛先の詳細の入力 destination-details

宛先の詳細を設定するには、以下の必須フィールドとオプションフィールドに入力します。UI のフィールドの横のアスタリスクは、そのフィールドが必須であることを示します。

  • 名前:今後この宛先を認識するための名前。
  • 説明:今後この宛先を識別するのに役立つ説明。
  • アカウント ID: Twitter Ads アカウント ID。 これは、 Twitter Ads 設定。

アラートの有効化 enable-alerts

アラートを有効にすると、宛先へのデータフローのステータスに関する通知を受け取ることができます。リストからアラートを選択して、データフローのステータスに関する通知を受け取るよう登録します。アラートについて詳しくは、UI を使用した宛先アラートの購読についてのガイドを参照してください。

宛先接続の詳細の入力を終えたら「次へ」を選択します。

この宛先に対してオーディエンスをアクティブ化 activate

IMPORTANT
  • データをアクティブ化するには、 宛先の表示, 宛先のアクティブ化, プロファイルの表示、および セグメントを表示 アクセス制御権限. アクセス制御の概要を参照するか、製品管理者に問い合わせて必要な権限を取得してください。
  • 書き出す idID グラフを表示 アクセス制御権限.
    ワークフローでハイライト表示された ID 名前空間を選択して、宛先に対するオーディエンスをアクティブ化します。 {width="100" modal="regular"}

この宛先にオーディエンスをアクティベートする手順は、ストリーミングオーディエンスの書き出し宛先へのプロファイルとオーディエンスのアクティベートを参照してください。

データの使用とガバナンス data-usage-governance

Adobe Experience Platform のすべての宛先は、データを処理する際のデータ使用ポリシーに準拠しています。Adobe Experience Platform がどのようにデータガバナンスを実施するかについて詳しくは、データガバナンスの概要を参照してください。

その他のリソース additional-resources

オーディエンスをTwitterにマッピングする場合は、次のオーディエンスの命名要件を満たしていることを確認してください。

  1. 人間が読み取り可能なオーディエンスマッピング名を指定する。 Experience Platformセグメントに使用したのと同じ名前を使用することをお勧めします。
  2. 特殊文字 (+ & 、 % : ; @ / = ? $) がオーディエンスおよびオーディエンスマッピング名に含まれています。 Experience Platformのオーディエンス名にこれらの文字が含まれている場合は、オーディエンスをTwitter先にマッピングする前に、それらの文字を削除してください。

詳細情報: List Custom Audiences twitterは、 Twitter文書.

recommendation-more-help
7f4d1967-bf93-4dba-9789-bb6b505339d6