Gainsight PX 接続 gainsight-px

概要 overview

Gainsight PX は、製品チームが製品の使用方法を理解し、フィードバックを収集し、製品のチュートリアルなどのアプリ内エンゲージメントを作成して、ユーザーのオンボーディングと製品の導入を促進できる製品エクスペリエンスプラットフォームです。

IMPORTANT
宛先コネクタとドキュメントページは、 Gainsight PX チーム。 お問い合わせや更新のご依頼は、 pxsupport@gainsight.com.

ユースケース use-cases

をいつどのように使用するかをより深く理解するのに役立ちます。 Gainsight PX の宛先について、Adobe Experience Platformのお客様がこの宛先を使用して解決できる使用例を以下に示します。

アプリ内エンゲージメントのターゲティング targeting-in-app-engagements

ある SaaS 会社は、Gainsight PX 上に構築されたアプリ内ガイドを通じて顧客との関わりを高めたいと考えています。 このエンゲージメントを受け取るオーディエンスは、Adobe Experience Platform上に構築されています。 Gainsight PX の宛先は、オーディエンスを受け取り、Gainsight PX 環境内で使用できるようにします。

前提条件 prerequisites

  • 次の項目に連絡: Gainsight サポートチームに問い合わせ、サブスクリプション用の外部セグメント機能のアクティベーションをリクエストします。
  • を使用して、PX サブスクリプションの OAuth Secret 値を生成します。 新しい秘密鍵を生成 ボタン 会社の詳細ページ
    Gainsight PX の会社の詳細画面に「新しい秘密鍵を生成」ボタンが表示される

サポートされている ID supported-identities

Gainsight PX では、以下の表で説明する ID のアクティブ化をサポートしています。 ID についての詳細情報。

ターゲット ID
説明
IdentifyID
Gainsight PX とAdobe Experience Platformでユーザーを一意に識別する共通のユーザー識別子

サポートされるオーディエンス supported-audiences

この節では、この宛先に書き出すことができるオーディエンスのタイプについて説明します。

オーディエンスの起源
サポートあり
説明
Segmentation Service
Experience Platform セグメント化サービス.
カスタムアップロード
X
CSV ファイルから Experience Platform に読み込まれたオーディエンス。

書き出しのタイプと頻度 export-type-frequency

宛先の書き出しのタイプと頻度について詳しくは、以下の表を参照してください。

項目
タイプ
メモ
書き出しタイプ
セグメントの書き出し
Gainsight PX 宛先で使用される識別子(氏名、電話番号など)を使用して、オーディエンスのすべてのメンバーを書き出します。
書き出し頻度
ストリーミング
ストリーミングの宛先は常に、API ベースの接続です。オーディエンスの評価に基づいてExperience Platformでプロファイルが更新されると、コネクタは更新を宛先プラットフォームに送信します。 詳しくは、ストリーミングの宛先を参照してください。

宛先への接続 connect

IMPORTANT
宛先に接続するには、宛先の管理 アクセス制御権限が必要です。詳しくは、アクセス制御の概要または製品管理者に問い合わせて、必要な権限を取得してください。

この宛先に接続するには、宛先設定のチュートリアルの手順に従ってください。宛先の設定ワークフローで、以下の 2 つの節でリストされているフィールドに入力します。

宛先に対する認証 authenticate

宛先に対して認証するには、必須フィールドに入力し、「宛先に接続」を選択します。

認証のスクリーンショット

宛先の詳細を入力 destination-details

宛先の詳細を設定するには、以下の必須フィールドとオプションフィールドに入力します。UI のフィールドの横のアスタリスクは、そのフィールドが必須であることを示します。

「名前」フィールドと「説明」フィールドの入力方法を示す、Experience Platformユーザーインターフェイスの宛先の詳細画面

  • 名前:今後この宛先を認識するための名前。
  • 説明:今後この宛先を識別するのに役立つ説明。

宛先接続の詳細の入力を終えたら「次へ」を選択します。

この宛先に対してセグメントをアクティブ化 activate

IMPORTANT
  • データをアクティブ化するには、宛先の管理宛先のアクティブ化プロファイルの表示 ​および​ セグメントの表示に対するアクセス制御権限が必要です。詳しくは、アクセス制御の概要または製品管理者に問い合わせて、必要な権限を取得してください。
  • 書き出す idID グラフを表示 アクセス制御権限.
    ワークフローでハイライト表示された ID 名前空間を選択して、宛先に対するオーディエンスをアクティブ化します。 {width="100" modal="regular"}

この宛先にオーディエンスセグメントをアクティベートする手順は、ストリーミングセグメントの書き出し宛先へのプロファイルとセグメントのアクティベートを参照してください。

ID のマッピング map

この宛先は、プロファイル属性と ID 名前空間のマッピングをサポートします。 ターゲットマッピングは常に IDENTIFY_ID id 名前空間。

マッピングの設定方法をより深く理解するには、以下の例を参照してください。

プロファイル属性のマッピング map-profile-attribute

以下の例では、source フィールドは IDENTIFY_ID ターゲット名前空間にマッピングされる XDM プロファイル属性です。

ID 名前空間の例マッピング画面で、ソースとターゲットの値を選択する方法を示します

ID 名前空間のマッピング map-identity-namespace

以下の例では、ソースフィールドは ID 名前空間 (ECID) は、 IDENTIFY_ID ターゲット名前空間。

ソースとターゲットの値を選択する方法を示す属性のサンプルマッピング画面

書き出されたデータ/データ書き出しの検証 exported-data

セグメント化データは、Experience Platformから Gainsight PX にストリーミングされます。

セグメントメタデータは、 Gainsight PX UI

Gainsight PX のセグメントリスト画面で、外部セグメントを表示。

セグメントメンバーシップ情報は、Audience Explorer 画面の「セグメント」タブに表示されます。 Gainsight PX UI

Gainsight PX の Audience Explorer 画面に、ユーザーに関連するセグメントが表示される。

データの使用とガバナンス data-usage-governance

Adobe Experience Platform のすべての宛先は、データを処理する際のデータ使用ポリシーに準拠しています。Adobe Experience Platform がどのように データガバナンスを実施するかについて詳しくは、データガバナンスの概要を参照してください。

recommendation-more-help
7f4d1967-bf93-4dba-9789-bb6b505339d6