Advertising Search、Social、およびCommerce広告用にAdobe Targetで A/B テストを設定します

広告検索、ソーシャル、Commerceのみを使用する広告主

Google Adsおよび Microsoft Advertising アカウントのみ

Adobe AdvertisingとAdobe Targetを使用すると、デジタル広告トラフィックのランディングページエクスペリエンス A/B テストを簡単に設定できます Google Ads および Microsoft Advertising コピー先:

  • コンバージョン率(CVR)および取得効率測定(CPA、CPL、CAC など)を改善する。

  • 広告に関連する、よりパーソナライズされたランディングページのエクスペリエンスを提供します(例えば、画像/ビデオクリエイティブ、コピー、キーワードまたはランディングページに対するその他の広告信号との一致)。

ネイティブを組み合わせることもできます Analytics 広告用 および Analytics (用) Target Adobe Analyticsに統合され、テストデータを測定および視覚化する統合レポートディメンション Analytics 指標と成功イベント。

前提条件、での A/B テストの設定手順については、次の節を参照してください Target 検索、ソーシャル、Commerceの広告からのクリックスルートラフィックのほか、でテストを測定および視覚化する方法に関するヒントについて説明します Analytics.

前提条件

必要な製品

  • 検索、ソーシャル、Commerce
  • Target

推奨される製品と統合

手順 1:での A/B テストアクティビティの作成 Target 検索、ソーシャル、Commerce

以下の手順では、検索、ソーシャル、Commerceのユースケースに関する情報を重点的に説明しています。

  1. Adobe Targetにログインします.

  2. A/B テストの作成:

    1. が含まれる Enter Activity URL フィールドに、テストのランディングページ URL を入力します。

    2. が含まれる Goal フィールドに、テストの成功指標を入力します。

      note note
      NOTE
      次のことを確認します Analytics 内のデータソースとして有効になる Target正しいレポートスイートが選択されていることを確認します。
    3. Priority 対象: High または 999 テストセグメント内のユーザーが誤ったオンサイトエクスペリエンスを受け取った場合の競合を防ぐ。

    4. Reporting Settings ​を選択し、 Company Name および Report Suite 検索、ソーシャル、Commerce アカウントに接続しました。

      その他のレポートのヒントについては、「」を参照してくださいレポートのベストプラクティスとトラブルシューティング.」と入力します。

    5. が含まれる Date Range フィールドに、テストの適切な開始日と終了日を入力します。

    6. を選択 Site Pages > Landing Page > Query. が含まれる Value フィールドに、 Network Account ID, Network Campaign ID, Network Adgroup ID、または Network Ad ID (検索、ソーシャル、Commerce内の関連する広告ネットワークエンティティ)。 を使用すると、 Target エンティティのクリックスルーオーディエンスの文字列パラメーターをクエリします。

      ID は次の方法で確認できます エンティティビューへの関連する ID 列の追加.

      Network Account ID 列: Accounts 表示

      サポートが必要な場合は、Adobeアカウントチームにお問い合わせください。

    7. の場合 Traffic Allocation Method ​を選択 Manual (Default) オーディエンスを 50/50 に分割します。

    8. アクティビティを保存します。

  3. 使用方法 Target Visual Experience Composer a/B テストランディングページテンプレートのデザインを変更します。

    • エクスペリエンス A:編集しないでください。パーソナライゼーションなしのデフォルト/コントロールランディングページエクスペリエンスです。

    • エクスペリエンス B:を使用する Target テストに含まれるアセット(見出し、コピー、ボタンの配置、クリエイティブなど)に基づいてランディングページテンプレートをカスタマイズするためのユーザーインターフェイスです。

    note note
    NOTE
    クリエイティブ テストの使用例については、Adobeアカウントチームにお問い合わせください。

手順 2:の設定 Analytics for Target Analysis Workspace: Analytics

Analytics for Target (A4T)は、広告主が以下を作成できるクロスソリューション統合環境です Target 基づいたアクティビティ Analytics 次に、コンバージョン指標とオーディエンスセグメントを使用して、結果を測定します Analytics をレポートソースとして使用します。 そのアクティビティのレポートとセグメント化はすべて、に基づいています Analytics データ収集。

詳しくは、 Analytics for Target(実装手順へのリンクを含む)。「」を参照してくださいAdobe TargetのレポートソースとしてのAdobe Analytics(A4T)」と入力します。

の設定 Analytics for Target パネル

Analysis Workspaceで、以下を設定します Analytics for Target panel を分析するには Target アクティビティとエクスペリエンス。 レポートに関する次の重要なポインタと情報に注意してください。

指標

  • Adobe Advertisingアカウント、キャンペーン、広告グループに固有のパネルをワークスペース内に作成します に対してテストが実行されました。 Adobe Advertising概要ビジュアライゼーションを使用すると、 Target パフォーマンスのテスト。

  • パフォーマンスを測定するために、オンサイト指標(訪問数やコンバージョン数など)の使用に優先順位を付けます。

  • Adobe Advertising(インプレッション数、クリック数、コストなど)の集計メディア指標を一致させることができないことを理解します Target 指標。

Dimension

次のディメンションは次に関連します Analytics for Target:

  • Target アクティビティ:A/B テストの名前

  • Target エクスペリエンス:アクティビティ内で使用されるランディングページエクスペリエンスの名前

  • Target アクティビティ > 経験:同じ行にあるアクティビティ名とエクスペリエンス名

Analytics for のトラブルシューティング Target データ

Analysis Workspace内でアクティビティとエクスペリエンスのデータが最小限である、またはデータが入力されていないことに気付いた場合は、次の操作を行います。

  • 同じであることを確認します Supplemental Data ID (SDID)は、次の両方に使用されます Target および Analytics. SDID 値を検証するには、 Adobe Experience Cloud Debugger キャンペーンがユーザーを誘導するランディングページ上。

Adobe Debuggerの追加データ ID (SDID)値

  • 同じランディングページで、a) Hostname の下のAdobe Debuggerに表示される Solutions > Target が b)に一致します Tracking Server に表示 Target アクティビティ(の下 Goals & Settings > Reporting Settings)に設定します。

    Analytics For Target が必要 Analytics からの呼び出しで送信されるトラッキングサーバー Target に Modstats analytics 用データ収集サーバー。

Adobe Debuggerのホスト名の値

Target のトラッキングサーバーの値

参考情報

  • Target と Analytics の統合 – 設定方法を説明します Target Analysis Workspaceでのレポート。
  • A/B テストの概要 - A/B テストアクティビティを表します。検索、ソーシャル、Commerceの広告で使用できます。
  • Analytics for Advertising の概要 - Analytics for Advertising が導入されました。これにより、Analytics インスタンスでクリックスルーおよびビュースルーサイトインタラクションを追跡できます。
recommendation-more-help
fbbdcc36-f208-41e5-b715-a077abaec5c3