とのDSP統合を使用する際のワークフロー Adobe Real-Time CDP

  1. DSPによる顧客データセグメントの変換を許可 LiveRamp RampIDs 入札可能な環境で認識可能な

  2. オーディエンスソースの作成 オーディエンスをDSPアカウントまたは広告主アカウントにインポートする場合。

  3. Experience Platformで、 Source Key DSPのソース設定で生成された

    DSPの宛先接続をアクティブ化し、セグメントを選択し、制御権限にアクセスする手順については、「Adobe Advertising Cloud DSP Connection."

その他のサポートについては、Adobeアカウントチームにお問い合わせください。 adcloud-support@adobe.com.

recommendation-more-help
9ff4800f-94be-45f0-a5bf-09d0d7e96baa