オーディエンスの作成

のオーディエンス Adobe Target ターゲットアクティビティでコンテンツとエクスペリエンスを表示する対象を決定します。

オーディエンスは、ターゲット設定を利用できるあらゆる場所で使用されます。アクティビティをターゲティングする場合、次のオプションがあります。

また、 Adobe Analytics でのリアルタイムのターゲティングとパーソナライゼーションのための Target その他 Adobe Experience Cloud アプリケーション。 詳しくは、 Experience CloudオーディエンスExperience Cloud中央インターフェイスコンポーネント ガイド。

オーディエンスのタイプは次の 2 つです。 Target:

  • ターゲティングオーディエンス: 異なるタイプの訪問者に異なるコンテンツを配信するために使用します。

  • レポート用オーディエンス: 異なるタイプの訪問者が同じコンテンツにどのように反応するかを判断するために使用され、テスト結果を分析できます。

    Target では、レポートソースとして Target を使用する場合にのみ、レポート用オーディエンスを設定できます。レポートソースとして Adobe Analytics(A4T)を使用する場合は、Analytics 内でレポート用オーディエンスを設定する必要があります。

以下を使用: オーディエンス リスト

オーディエンスリストにアクセスするには、上部のメニューバーで「オーディエンス」をクリックします。

オーディエンスリスト

この オーディエンス リストには、アクティビティで使用できるオーディエンスが含まれます。 以下を使用: オーディエンス リストを使用して、オーディエンスを作成、編集、複製、コピー、組み合わせることができます。 リストには、オーディエンスが作成されたソースも表示されます。

事前定義済みのオーディエンス (「新規訪問者"および"再訪問者、「」の名前は変更できません。

元々 Experience Cloud または Adobe Experience Platform, Target でオーディエンスを参照する場合に警告を表示します。 Target 次の場所で後で削除されたアクティビティ: Experience Cloud または Adobe Experience Platform.

  • オーディエンスが Experience Cloud または Adobe Experience Platform ( 両方の 対象ユーザ リストとオーディエンスピッカーが表示されます。 ツールチップ Target また、UI は、オーディエンスが Experience Cloud または Adobe Experience Platform.
  • 複数のオーディエンスを削除済みのオーディエンスに結合しようとした場合、または削除済みのオーディエンスを参照しているアクティビティを保存しようとした場合、警告メッセージが表示されます。

カスタムプロファイルパラメーターおよび user. パラメーターをターゲット設定することもできます。オーディエンスを作成する際に、アクティビティのターゲット設定に使用する属性をオーディエンスビルダーウィンドウにドラッグします。 目的の属性が表示されない場合、その属性は mbox で実行されていません。 他のカスタム mbox パラメーターは、カスタムパラメータードロップダウンリストに表示されます。

以下を使用: フィルター ボタンを使用してフィルターを適用します。 オーディエンス ソース別のリスト: Adobe Target, Adobe Target Classic, Experience Cloud、および Adobe Experience Platform.

「フィルター」オプション ( オーディエンス リスト

以下を使用: オーディエンスを検索 ボックスで オーディエンス リスト。 オーディエンス名の一部で検索したり、特定の文字列を引用符で囲んだりすることも可能です。

オーディエンスリストは、オーディエンス名または最終更新日付で並べ替えることができます。名前や日付で並べ替える場合は、列見出しをクリックし、昇順または降順でオーディエンスを表示するよう選択します。

オーディエンス定義を表示

オーディエンス定義の詳細は、 Target オーディエンスを開かない UI。 この機能は、 Target Standard/Premium およびからインポートされたオーディエンス Target Classic または API を使用して作成されたもの。

例えば、次のオーディエンス定義カードには、 詳細を表示 目的のオーディエンスのアイコン:

アクティビティ/オーディエンス定義

次のオーディエンス定義カードは、 詳細を表示 アクティビティのアイコン 概要 ページ:

アクティビティ/オーディエンス定義

オーディエンス定義カードには、オーディエンスのタイプ、ソースおよび属性が表示されます。 クリック 詳細を表示 該当する場合は、そのオーディエンスを参照する他のアクティビティを表示する。 アクティビティの 概要 ページ、クリック オーディエンスの使用状況.

オーディエンスの使用状況情報は、オーディエンスの編集中に他のアクティビティに予期しない影響を与えるのを防ぐのに役立ちます。 次の情報が含まれます。 ライブアクティビティ, 非アクティブなアクティビティ, アーカイブ済みアクティビティ、および アクティビティの同期. この機能は、すべてのオーディエンス ( ライブラリオーディエンスおよび アクティビティのみのオーディエンス) をクリックします。

オーディエンスが 他のオーディエンスと組み合わされる と結合オーディエンスは、アクティビティの作成に使用されます。両方のオーディエンスの使用情報には、新しく作成されたアクティビティが表示されます。

次のオーディエンスを使用: Adobe Experience Platform

Adobe Experience Platform で作成されたオーディエンスを使用すると、よりインパクトのあるパーソナライゼーションにつながる豊富な顧客データが提供されます。この Real-time Customer Data Platform (RTCDP)。 Adobe Experience Platformは、企業が複数のエンタープライズソースから既知の匿名データを統合するのに役立ちます。 このプロセスでは、すべてのチャネルとデバイスにわたって、リアルタイムでパーソナライズされた顧客体験を提供するために使用できる顧客プロファイルを作成できます。

接続により Target から Real-time Customer Data Platformでは、以前にアクセスできなかった新しいセグメントをロック解除して、Web パーソナライゼーションを強化できます Target 顧客の web 訪問の最初のページでリアルタイムのミリ秒パーソナライゼーションを有効にする。 で作成されたオーディエンスの使用 Adobe Experience Platform を使用すると、利用可能なデータポイントを拡張して、より豊富なパーソナライゼーションを実現できます。

この統合により、RTCDP での主な使用例のロックが解除されます。

  • 同じページ/次のヒットのパーソナライゼーション
  • 初回/不明なユーザーのパーソナライゼーション

主な特長は次のとおりです。

  • RTCDP/との直接 Target 統合Adobe Experience Platform Edge 上 ( Audience Core services - AAM)
  • Target Edge Destinations カード ガバナンスの執行を受けて
  • 統合プロファイルを使用したエッジセグメント化とエッジプロファイル

詳しくは、次のトピックを参照してください。

追加情報

次のオーディエンスを使用する際は、次の情報を考慮してください。 Adobe Experience Platform:

パーソナライズ機能の使用例

次の表に、 Adobe Experience Platform Web SDK at.js の使用と比較して:

実装 ソリューション/ユースケースが有効
at.js ソリューション:
  • Adobe Audience Manager (AAM) および Target
  • RTCDP (Premium または Ultimate)および Target
  • RTCDP (任意の SKU)、 AAM、および Target
ユースケース:
  • 次セッションのパーソナライゼーション
Platform Web SDK または AEP Server-Side API ソリューション:
  • RTCDP (任意の SKU)および Target
使用例:
  • 次セッションのパーソナライゼーション
  • Edge を使用した同じページのパーソナライゼーション
  • セグメントの共有時に適用されるガバナンス
ソリューション:
  • RTCDP (任意の SKU)、 AAM、および Target
使用例:
  • 次セッションのパーソナライゼーション
    • AAM セグメント
    • を介したサードパーティセグメント AAM
  • Edge を使用した同じページのパーソナライゼーション
    • RTCDP セグメント
    • セグメントの共有時に適用されるガバナンス
組み合わせ at.js および Platform Web SDK ソリューション:
  • RTCDP (任意の SKU)および Target
使用例:
  • 次セッションのパーソナライゼーション
    • を含むすべてのページ at.js
  • 同じページのパーソナライゼーション
    • を含むすべてのページ Platform Web SDK
ソリューション:
  • RTCDP (任意の SKU)、 AAM、および Target
使用例:
  • 次セッションのパーソナライゼーション
    • を含むすべてのページ at.js
    • AAM セグメント
    • を介したサードパーティセグメント AAM

セグメント評価時間

次の表に、様々な実装シナリオから発生するイベントのセグメント評価時間を示します。

シナリオ エッジセグメント(ミリ秒評価) ストリーミングセグメント(分単位の評価) バッチセグメント評価
イベント/データの取得元 Adobe Experience Platform SDK 該当なし
イベント元 at.js × 該当なし
イベント元 Target Mobile SDK × 該当なし
バッチアップロードからのイベント × ×
オフラインデータ(ストリーム)からのイベント ×

ビデオ:リアルタイム CDP と Adobe Target

を使用して次回のヒットでのパーソナライズ方法を説明します。 Real-time Customer Data Platform および Adobe Target. この Adobe Target の宛先 Real-time CDP を使用すると、 Experience Platform セグメント Adobe Target ガバナンスとプライバシーのサポートを含む、同じページと次のページのパーソナライゼーション。

詳しくは、 リアルタイム CDP とAdobe Targetを使用した次回ヒットのパーソナライゼーション PlatformTutorials ガイド。

Adobe Targetのブログとビデオ:

Adobe announces Same Page Enhanced Personalization with Adobe Target および Real-time Customer Data Platform

トレーニングビデオ:オーディエンスの使用 チュートリアルバッジ

このビデオでは、オーディエンスの使用に関する情報が説明されています。

  • 用語「オーディエンス」の説明
  • 最適化のためにオーディエンスを使用する 2 つの方法の説明
  • オーディエンスリストでのオーディエンスの検索
  • アクティビティのオーディエンスへのターゲット設定
  • アクティビティの受動的なレポート用でのオーディエンスの使用

このページ