ジャーニーレポートの作成

Journey Optimizer を使用すると、リアルタイムレポートやビルトインのグローバルなレポート機能に加え、ジャーニーのパフォーマンスデータを Adobe Experience Platform に自動的に送信し、他のデータと組み合わせて分析できるようになります。

メモ

この機能は、ジャーニーステップのイベントの場合、すべてのインスタンスにおいてデフォルトで有効になっています。ステップイベントのプロビジョニング時に作成されたスキーマやデータセットは、変更も更新もできません。デフォルトでは、これらのスキーマとデータセットは読み取り専用モードです。

たとえば、複数の メールを送信するジャーニーを設定したとします。この機能を使用すると、Journey Optimizer のデータをダウンストリームのイベントデータと組み合わせることができます。このようなイベントデータには、発生したコンバージョン数、Web サイトで発生したエンゲージメント、ストアで発生したトランザクション数などがあります。ジャーニー情報を Adobe Experience Platform のデータ(他のデジタルプロパティのデータまたはオフラインプロパティのデータ)と組み合わせて、パフォーマンスをより包括的に把握することができます。

Journey Optimizer は、個人がジャーニーで実行するステップごとに、必要なスキーマとデータセットへのストリームを Adobe Experience Platform に対して自動的に作成します。ステップイベントは、ジャーニーのあるノードから別のノードに移動する個人に対応します。例えば、イベント、条件およびアクションを備えたジャーニーでは、3 つのステップイベントが Adobe Experience Platform に送信されます。

渡される XDM フィールドのリストは多岐にわたります。システムで生成されたコードを含むものもあれば、人間が理解できるわかりやすい名前を持つものもあります。例えば、ジャーニーアクティビティやステップステータスのラベルがあります。アクションがタイムアウトした回数や、エラーで終了した回数などです。

注意

リアルタイムプロファイルサービスの場合は、データセットを有効にできません。プロファイル​の切り替えがオフになっていることを確認してください。

Journey Optimizer は、発生時にストリーミング方式でデータを送信します。このデータは、クエリサービスを使用してクエリできます。Customer Journey Analytics またはその他の BI ツールに接続して、これらのステップに関連するデータを表示できます。

次のスキーマが作成されます。

  • Journey Orchestration のジャーニーステップイベントスキーマ:ジャーニーメタデータに関連付けられているジャーニーステップイベント。
  • Journey Orchestration のジャーニーフィールドを含むジャーニースキーマ:ジャーニーを記述するジャーニーメタデータ。

次のデータセットが渡されます。

  • ジャーニーステップイベント
  • ジャーニー

Adobe Experience Platform に渡される XDM フィールドのリストについて詳しくは、以下を参照してください。

Customer Journey Analytics との統合

Journey Optimizer のステップイベントは、Adobe Customer Journey Analytics の他のデータセットにリンクできます。

一般的なワークフローは次の通りです。

  • Customer Journey Analytics は、「ジャーニーステップイベント」データセットを取り込みます。
  • 関連する「Journey Orchestration のジャーニーステップイベントスキーマ」の profileID フィールドは、ID フィールドとして定義されています。Customer Journey Analytics では、このデータセットを、ユーザーベースの識別情報と同じ値を持つ他のデータセットにリンクできます。
  • クロスチャネルジャーニー分析でこのデータセットを Customer Journey Analytics で使用するには、Customer Journey Analytics documentation を参照してください。

このページ