マーケター向けの基礎知識

マーケター​つまり​ジャーニー実務担当者​は、メッセージ、オファーおよびジャーニーの作成を担当します。システム管理者データエンジニアからアクセス権を付与され、環境の準備ができたら、Adobe Journey Optimizer での作業を開始できます。

初めてのジャーニーをセットアップし、オファーとアセットを追加して、メッセージを送信するには、以下の節を参照してください。

  1. セグメントを作成​します。Journey Optimizer では、セグメント​メニューから直接オーディエンスセグメントを作成し、それらをジャーニーに活用できます。セグメントについて詳しくは、このページを参照してください。セグメントを作成する方法については、このサンプル を参照してください。

  2. メッセージを作成​します。Journey Optimizer でメールおよびプッシュ通知を作成する方法については、このページを参照してください。

  3. パーソナライゼーションを追加​します。Journey Optimizer のパーソナライズ機能を活用して、メッセージをオーディエンスに合わせて調整します。パーソナライズ機能について詳しくは、この節を参照してください。

  4. アセットを作成し管理​します。Adobe Experience Manager Assets Essentials は、メッセージへの入力に使用できるアセットの一元的な集中リポジトリを提供します。詳しくは、この節を参照してください。

  5. オファーを追加​します。Journey Optimizer を使用すると、顧客に最適なオファーとエクスペリエンスをすべてのタッチポイントにわたって適切なタイミングで提供できます。設計を終えたら、パーソナライズされたオファーを使用してオーディエンスをターゲットに設定します。意思決定管理について詳しくは、この節を参照してください。

  6. メッセージをテストし検証​します。メッセージのコンテンツを定義したら、テストプロファイルを使用してコンテンツのプレビューとテストを行います。パーソナライズされたコンテンツを挿入してある場合は、そのコンテンツがメッセージにどのように表示されるかを、テストプロファイルデータを利用して確認できます。さらに、Litmus アカウントを Journey Optimizer に活用すると、よく使うメールクライアントで、メールのレンダリング​を即座にプレビューすることができます。すべてのインボックスでメールコンテンツが適切に表示され、正しく機能することを確認できます。メッセージのテストと検証の方法については、この節を参照してください。

  7. カスタマージャーニーを設計​して、状況に即したパーソナライズされたエクスペリエンスを提供します。Journey Optimizer を使用すると、イベントやデータソースに保存されたコンテキストデータを活用して、リアルタイムオーケストレーションのユースケースを構築できます。次の機能を活用して、複数のステップから成る詳細なシナリオを設計できます。

    • イベントの受信をトリガーにしてリアルタイムに​単一メッセージ​を送信したり、Adobe Experience Platform のセグメントを使用してメッセージを​一括で​送信したりできます。

    • イベント、Adobe Experience Platform の情報、サードパーティの API サービスのデータなどの​コンテキストデータ​を活用できます。

    • ビルトインのアクション​を使用して Journey Optimizer でデザインしたメッセージを送信したり、サードパーティのシステムを使用している場合は​カスタムアクションを作成してメッセージを送信したりできます。

    • ジャーニーデザイナー​を使用すると、エントリイベントやセグメントの読み取りアクティビティを簡単にドラッグ&ドロップして、条件を追加し、パーソナライズされたメッセージを送信するなど、複数の手順から成るユースケースを作成できます。

    ジャーニーを設計して実行する方法については、この節を参照してください。

  8. メッセージとジャーニーを監視​します。メッセージが正常に実行、送信および配信されていることを確認するため、Journey Optimizer では、現在公開およびトリガーされているメッセージを監視する機能を提供しています。パフォーマンス監視の方法については、この節を参照してください。

このページ