リンクの追加とメッセージの追跡

最終更新日: 2023-12-29
  • 作成対象:
  • Beginner
    Intermediate
    User

Journey Optimizer を使用すると、受信者の行動を監視するために、コンテンツにリンクを追加し送信済みメッセージをトラッキングすることができます。

トラッキングの有効化

ジャーニーやキャンペーン内でメッセージを作成する際に、「メール開封数」オプションや「メールのクリック数」オプションをオンにすることで、メールメッセージレベルでのトラッキングを有効にすることができます。

メモ

デフォルトでは、両方のオプションが有効になっています。

これにより、次の方法で受信者の行動を追跡できます。

  • メール開封数:開封されたメッセージ。
  • メールのクリック数:メール内のリンクのクリック数。

メッセージをデザインする際に、リンクをコンテンツに追加できます。

メモ

トラッキングが有効になっている場合、メッセージコンテンツに含まれるすべてのリンクがトラッキングされます。

メールコンテンツにリンクを挿入するには、次の手順に従います。

  1. 要素を選択し、コンテキストツールバーの「リンクを挿入」をクリックします。

  2. 作成するリンクのタイプを選択します。

    • 外部リンク:外部 URL へのリンクを挿入します。

    • ランディングページ:ランディングページへのリンクを挿入します。詳細情報

    • ワンクリックオプトアウト:ユーザーがオプトアウトの確認を求められることなく、コミュニケーションを素早く登録解除できるリンクを挿入します。詳細情報

    • 外部のオプトイン/購読:ブランドからのコミュニケーションの受信を同意するリンクを挿入します。

    • 外部オプトアウト/購読解除:ブランドからのコミュニケーションの受信を解除するリンクを挿入します。オプトアウト管理の詳細については、この節を参照してください。

    • ミラーページ:web ブラウザーにメールコンテンツを表示するためのリンクを追加します。詳細情報

  3. 対応するフィールドに目的の URL を入力するか、ランディングページを選択して、リンク設定とスタイルを定義します。詳細情報

    メモ

    URL を解釈する場合、Journey Optimizer は URI 構文(RFC 3986 標準)に準拠しており、URL 内の一部の特殊な国際文字が無効になります。配達確認またはメールを送信しようとした際に、コンテンツに追加された URL に関するエラーが返された場合は、回避策として文字列を URL エンコードできます。

  4. リンクをパーソナライズできます。詳細情報

  5. 変更を保存します。

  6. リンクを作成したら、右側の​設定​パネルと​スタイル​パネルから変更できます。

メモ

マーケティングタイプの電子メールメッセージには、オプトアウトリンクを含める必要があります。これはトランザクションメッセージには必要ありません。メッセージカテゴリ(マーケティング​または​トランザクション)は、メッセージの作成時にチャネルサーフェスに定義されます。

右側の​設定​パネルと​スタイル​パネルを使用してリンクを調整できます。リンクに下線を引いたり、リンクの色を編集したり、リンクのターゲットを選択したりできます。

  1. リンクが挿入された​テキスト​コンポーネントで、リンクを選択します。

  2. 設定」タブの​ターゲット​ドロップダウンで、オーディエンスのリダイレクト方法を選択します。

    • なし:クリックしたフレームと同じフレームでリンクを開きます(デフォルト)。
    • 空白:リンクを新しいウィンドウまたは新しいタブで開きます。
    • セルフ:クリックしたフレームと同じフレームでリンクを開きます。
    • :親フレームでリンクを開きます。
    • トップ:ウィンドウ全体でリンクを開きます。

  3. リンクに下線を引く」にチェックを入れると、リンクのラベルテキストに下線を引くことができます。

  4. リンクの色を変更するには、「スタイル」タブから「リンクの色」をクリックします。

  5. 変更を保存します。

ミラーページへのリンク

ミラーページは、web ブラウザーを使用してオンラインでアクセス可能な HTML ページです。その内容はメールの内容と同じです。

メールにミラーページへのリンクを追加するには、リンクを挿入し、リンクのタイプとして「ミラーページ」を選択します。

ミラーページが自動的に作成されます。

重要

ミラーページのリンクは自動生成され、編集できません。これらには、元のメールのレンダリングに必要な、暗号化されたパーソナライズされたデータがすべて含まれています。その結果、値が大きいパーソナライズ属性を使用すると、長いミラーページの URL が生成される可能性があり、URL の長さが最大長の web ブラウザーでリンクが機能しなくなる可能性があります。

メールが送信され、受信者がミラーページのリンクをクリックすると、メールの内容がデフォルトの web ブラウザーに表示されます。

メモ

テストプロファイルに送信される配達確認では、ミラーページへのリンクはアクティブになっていません。最終的なメッセージでのみアクティブ化されます。

ミラーページの保持期間は 60 日です。この期間が経過すると、ミラーページは使用できなくなります。

トラッキングの管理

E メールデザイナーを使用すると、追跡する URL を管理できます(各リンクのトラッキングタイプの編集など)。

  1. 左側のペインの「リンク」アイコンをクリックし、追跡するコンテンツのすべての URL のリストを表示します。

    このリストを使用すると、一元的なビューを表示したり、メールコンテンツ内の各 URL を見つけたりできます。

  2. リンクを編集するには、対応する鉛筆アイコンをクリックします。

  3. 必要に応じて、「トラッキングタイプ」を変更できます。

    追跡する URL ごとに、トラッキングモードを次のいずれかの値に設定できます。

    • トラッキング対象:この URL のトラッキングを有効化します。
    • オプトアウト:この URL をオプトアウトまたは購読解除 URL とみなします。
    • ミラーページ:この URL をミラーページの URL とみなします。
    • なし:この URL のトラッキングを有効化しません。

開封数とクリック数に関するレポートは、ライブレポートグローバルレポートで利用できます。

URL トラッキング

通常 URL トラッキングはサーフェスレベルで管理されますが、プロファイル属性はサポートされていません。現在、これを実行する唯一の方法は、E メールデザイナーで URL をパーソナライズすることです。

パーソナライズした URL トラッキングパラメーターをリンクに追加するには、次の手順に従います。

  1. リンクを選択し、コンテキストツールバーの「リンクを挿入」をクリックします。

  2. パーソナライゼーションアイコンを選択します。これは、外部リンク購読解除リンク​および​オプトアウト​のタイプのリンクでのみ使用できます。

  3. URL トラッキングパラメーターを追加し、式エディターから目的のプロファイル属性を選択します。

  4. 変更を保存します。

  5. このトラッキングパラメーターを追加する各リンクに対して、上記の手順を繰り返します。

現在は、メールを送信すると、このパラメーターが URL の末尾に自動的に追加されます。その後、このパラメーターを web 分析ツールまたはパフォーマンスレポートで取得できます。

メモ

最終的な URL を確認するには、配達確認を送信し、配達確認を受信したらメールのコンテンツにあるリンクをクリックします。URL にはトラッキングパラメーターを表示する必要があります。上記の例では、最終的な URL は次のようになります:https://luma.enablementadobe.com/content/luma/us/en.html?utm_contact=profile.userAccount.contactDetails.homePhone.number

このページ