フラグメントの操作

最終更新日: 2023-12-29
  • トピック:
  • Fragments
    このトピックの詳細を表示
  • 作成対象:
  • Beginner
    Intermediate
    User

フラグメントは、Journey Optimizer キャンペーンおよびジャーニー全体で 1 つ以上のメールで参照できる再利用可能なコンポーネントです。

この機能を使用すると、マーケティングユーザーが改善されたデザインプロセスでメールコンテンツを迅速に組み立てるために使用できる複数のカスタムコンテンツブロックを事前に構築できます。

➡️ フラグメントの管理、作成、使用方法については、これらのビデオをご覧ください

フラグメントを最大限に活用するには:

メモ

ビジュアルフラグメント​はメールデザイナーで使用できますが、式フラグメント​には式エディターからアクセスできます。

また、Journey Optimizer の Content REST API を活用すると、コンテンツフラグメントを管理できます。詳しくは、Journey Optimizer API ドキュメントを参照してください。

開始する前に

注意

フラグメントを作成、編集、アーカイブするには、Content Library Manager 製品プロファイルに Manage library items 権限が付与されている必要があります。詳細情報

このバージョンでは、次の制限が適用されます。

  • ビジュアルフラグメントは、メールチャネルでのみ使用できます

  • 式フラグメントは、web チャネルとアプリ内チャネルでは使用できません

フラグメントへのアクセスと管理

フラグメントリストにアクセスするには、左のメニューで​コンテンツ管理フラグメント​を選択します。

現在のサンドボックスで作成されたすべてのフラグメント(フラグメント​メニューからか、「フラグメントとして保存」オプションを使用して)が表示されます。

次の項目でフラグメントをフィルタリングできます。

  • タイプ:ビジュアル​または​
  • タグ
  • 作成日または変更日

すべてのフラグメントを表示するか、現在のユーザーが作成または変更した項目のみを表示するかを選択できます。

また、アーカイブ済み​フラグメントを表示することもできます。詳細情報

各フラグメントの横にある「その他のアクション」ボタンから、次の操作を実行できます。

  • フラグメントを複製します。

  • 参照を探索」オプションを使用して、使用されているジャーニー、キャンペーン、テンプレートを確認します。詳細情報

  • 別のサンドボックスにフラグメントをコピーします。

  • フラグメントをアーカイブします。詳細情報

  • フラグメントのタグを編集します。

フラグメントの編集

フラグメントを編集するには、次の手順に従います。

  1. フラグメント​リストから目的の項目をクリックします。

  2. フラグメントのプロパティから、参照の探索そのアクセスの管理およびタグなどのフラグメント詳細の更新を行えます。

  3. フラグメントをゼロから作成する場合と同様に、対応するボタンを選択してコンテンツを編集します。詳細情報

メモ

フラグメントを編集すると、ライブ​ジャーニーまたはキャンペーンで使用するコンテンツを除く、そのフラグメントを使用するすべてのコンテンツに変更が自動的に生成されます。また、元のフラグメントからの継承を解除することもできます。詳しくは、メールへのビジュアルフラグメントの追加および式フラグメントの活用 の節を参照してください。

参照の探索

フラグメントを現在使用しているジャーニー、キャンペーン、コンテンツテンプレートのリストを表示できます。

これを行うには、フラグメントリストの​その他のアクション​メニューまたはフラグメントのプロパティ画面から「参照を探索」を選択します。

タブを選択して、ジャーニー、キャンペーン、テンプレート、フラグメントを切り替えます。ステータスを確認し、名前をクリックすると、フラグメントが参照されている対応する項目にリダイレクトされます。

メモ

アクセスを妨げるラベルが付いているジャーニー、キャンペーン、テンプレートでフラグメントが使用されている場合、選択したタブの上部にアラートメッセージが表示されます。オブジェクトレベルのアクセス制御(OLAC)について詳しくはこちらを参照してください

フラグメントのアーカイブ

ブランドと関係がなくなった項目からフラグメントリストを削除できます。

これを行うには、目的のフラグメントの横にある「その他のアクション」ボタンをクリックし、「アーカイブ」を選択します。フラグメントリストから表示されなくなるので、今後のメールやテンプレートでユーザーはフラグメントを使用できなくなります。

メモ

コンテンツで使用しているフラグメントをアーカイブしても、そのコンテンツは影響を受けません。

フラグメントをアーカイブ解除するには、アーカイブ済み​項目をフィルタリングし、その他のアクション​メニューから「アーカイブ解除」を選択します。これで、フラグメントリストから再びアクセスし、任意のメールまたはテンプレートで使用できるようになりました。

フラグメントを作成

フラグメントの作成方法は 2 つあります。

保存すると、フラグメントをジャーニー、キャンペーンまたはテンプレートで使用できるようになります。ゼロから作成した場合も、既存のコンテンツから作成した場合でも、このフラグメントを使用して、Journey Optimizer 内でコンテンツを構築できるようになりました。ビジュアルフラグメントの追加および式フラグメントの活用を参照してください

ゼロから作成

フラグメントをゼロから作成するには、次の手順に従います。

  1. コンテンツ管理フラグメント​の左のメニューから、フラグメントリストにアクセスします。

  2. フラグメントを作成」を選択します。

  3. フラグメントの詳細、名前や説明などを(必要に応じて)入力します。

  4. フラグメントのタイプ(ビジュアルフラグメントまたは式フラグメント)を選択します。

  5. カスタムまたはコアのデータ使用ラベルをフラグメントに割り当てるには、「アクセスを管理」を選択します。オブジェクトレベルのアクセス制御(OLAC)についての詳細はこちらを参照してください

  6. タグ」フィールドから Adobe Experience Platform タグを選択または作成してフラグメントを分類し、検索の向上を図ります。詳細情報

  7. 作成」をクリックします。

ビジュアルフラグメントを作成

  1. コンテンツ管理フラグメント​の左側のメニューからフラグメントを作成し、ビジュアルフラグメント​タイプを選択します。

    メモ

    現在、ビジュアルフラグメントについては、メール​チャネルのみがサポートされています。

  2. E メールデザイナーが表示されます。ジャーニーやキャンペーン内のメールと同じ方法で、必要に応じてコンテンツを編集します。

    メモ

    パーソナライゼーションフィールドと動的コンテンツを追加できますが、コンテキスト属性はフラグメントではサポートされていません。

  3. フラグメントの準備が整ったら、「保存」をクリックします。フラグメントリストに追加されます。

  4. 必要に応じて、フラグメント名の横にある矢印をクリックして​詳細​画面に戻り、フラグメントを編集します。

このフラグメントは、Journey Optimizer 内でメールまたはコンテンツテンプレートを作成する際に使用できるようになりました。方法についてはこちらを参照

式フラグメントを作成

  1. コンテンツ管理/左側の​フラグメント​メニューからフラグメントを作成して、式フラグメント​タイプを選択します。

  2. 使用するコードのタイプ(HTMLJSON または​テキスト)を選択します。

  3. 作成」をクリックします。式エディターが開きます。

  4. パーソナライゼーションおよびオーサリング機能がすべて備えた Journey Optimizer 式エディターを活用できます。詳細情報

  5. フラグメントの準備が整ったら、「保存」をクリックします。フラグメントリストに追加されます。

  6. 必要に応じて、フラグメント名の横にある矢印をクリックして​詳細​画面に戻り、フラグメントを編集します。

これで、Journey Optimizer 式エディター内のコンテンツを構築するときに、このフラグメントを使用できるようになりました。方法についてはこちらを参照

フラグメントとして保存

Journey Optimizer でコンテンツを編集する際、後で再利用するために、コンテンツのすべてまたは一部をフラグメントとして保存できます。

ビジュアルフラグメントとして保存

キャンペーンやジャーニーでコンテンツテンプレートまたはメールをデザインする際、コンテンツの一部をビジュアルフラグメントとして保存できます。それには、次の手順に従います。

  1. E メールデザイナーで、画面の右上にある「…」をクリックします。

  2. ドロップダウンメニューから「フラグメントとして保存」を選択します。

  3. フラグメントとして保存​画面が表示されます。パーソナライゼーションフィールドや動的コンテンツなど、フラグメントに含める要素を選択します。コンテキスト属性は、フラグメントではサポートされていません。

    注意

    互いに隣接するセクションのみを選択できます。空の構造や別のフラグメントは選択できません。

  4. 作成」をクリックします。フラグメントの詳細、名前や説明などを(必要に応じて)入力します。

  5. カスタムまたはコアのデータ使用ラベルをフラグメントに割り当てるには、「アクセスを管理」を選択します。オブジェクトレベルのアクセス制御(OLAC)についての詳細はこちらを参照してください

  6. タグ」フィールドから Adobe Experience Platform タグを選択または作成してテンプレートを分類し、検索の向上を図ります。詳細情報

  7. 作成」をもう一度クリックします。フラグメントはフラグメントリストに保存され、Journey Optimizer 専用メニューからアクセスできます。

    このフラグメントは、そのリストの他の項目と同様に、アクセス編集アーカイブできるスタンドアロンのフラグメントになります。

このフラグメントは、Journey Optimizer 内でメールまたはコンテンツテンプレートを作成する際に使用できるようになりました。方法についてはこちらを参照

メモ

その新しいフラグメントに対する変更は、送信元のメールまたはテンプレートには生成されません。同様に、そのメールまたはテンプレート内で元のコンテンツを編集しても、新しいフラグメントは変更されません。

式フラグメントとして保存

Journey Optimizer 式エディターでは、コンテンツを式フラグメントとして保存できます。その後、これらの式を使用して、パーソナライズされたコンテンツを作成できます。

コンテンツを式フラグメントとして保存するには、次の手順に従います。

  1. 式エディターインターフェイスで、式を作成し、フラグメントとして保存​をクリックします。

  2. 右側のパネルで式の名前と説明を入力して、式を見つけやすくします。

  3. フラグメントを保存」をクリックします。

  4. 式フラグメントがフラグメントリストに追加されます。この式フラグメントを使用してパーソナライズされたコンテンツを構築することができます。

メモ

式は 200 KB 以内にする必要があります。

チュートリアルビデオ

ビジュアルフラグメントを管理、作成および使用する方法については、Journey Optimizer を参照してください。

フラグメントを管理、作成および使用する方法については、Journey Optimizer を参照してください。

このページ