Experience Cloud Identity Service の要件

ここでは、Experience Cloud Identity Service に必要な適切なソリューション、サービス、コードバージョンを使用していることを確認します。

実装の成功とサポートを確実にする要件

成功した、サポートされた実装は、コード要件を満たし(または上回り)、Adobe ヘルプに記載された説明に従っています。サポートされない実装は、予期せぬ結果を生み出し、カスタマーケアおよびアドビのエンジニアリングチームが ID サービスの問題をトラブルシューティングまたは解決するための努力を支援するのを妨げます。

実装タイプ 説明

標準

Dynamic Tag Management(DTM)を使用した標準実装の場合、以下をおこなう必要があります。

  • ページの <head> セクションに埋め込みヘッドコードを配置する。
  • </body> 終了タグの前に、埋め込みフッターコードを配置する。

標準実装は、以下の場合にはサポートされません。

  • これらの DTM 埋め込みコードのいずれかをマークアップまたはページコードの他の場所に配置する。
  • 非同期メソッド、呼び出し/コールバックメソッド、ラッパーを使用して、DTM コードを付加、追加または読み込む。
  • 同じページに埋め込みコードの複数のインスタンスを含める。

埋め込みコードとホスティングオプションも参照してください。

非標準的な実装

非標準、または手動の実装の場合、ID サービスをこのガイドの手順で説明するとおりに設定する必要があります。前述の DTM ガイドラインのように、不適切なコード配置および読み込みによって、サポートされない実装が作成されます。

Experience Cloud の要件:組織 ID

ID サービスを使用するには、会社で Experience Cloud を有効にして、組織 ID を持つ必要があります。会社の Experience Cloud ステータスが不明であり、組織 ID を探す必要がある場合は、以下のリストを確認してください。

重要

組織 ID は大文字小文字が区別され、割り当てられたとおりに使用する必要があります。

Experience Cloud のステータス 説明

有効

会社が Experience Cloud を有効にしているものの、組織 ID がない場合は、組織 ID を確認してください(組織 ID を見つけるセクションまで下にスクロールしてください)。

不明

会社の Experience Cloud のステータスが不明である場合は、会社のアドビアカウントの管理者に、会社のメンバーが Adobe ID を使用して marketing.adobe.com にログインできるかどうかを問い合わせてください。ログインできる場合は有効であり、管理者が組織 ID を参照できる状態にあります。この ID を探す方法については、Experience Cloud 管理の「管理ページ」の節を参照してください。

無効

会社が Experience Cloud を有効にしていない場合は、はじめに、コアサービス - ソリューションを有効にする方法を参照してください。

Analytics の要件:地域別データ収集(RDC)

すべてのトラッキングサーバーは RDC に変換されているので、Analyticsトラッキングサーバーを変更する必要はありません。詳細情報…

コードライブラリとバージョンの要件

以降では、Experience Cloud ID サービスを使用する際に必要となる最小コードバージョンについて示します。

ヒント

必要最小限ではなく、最新のコードバージョンを使用することをお勧めします。

JavaScript

Experience Cloud ソリューション コードライブラリ バージョンの要件

Experience Cloud ID サービス

VisitorAPI.js

2.0 以降

Analytics

AppMeasurement.js

JavaScript 版 AppMeasurement を参照してください。

1.6.4 以降。

s_code.js

H.27

注意: Analytics s_code バージョン H.27 は、ID サービスバージョン 1.6.0 のリリースからサポートされなくなりました。コードを AppMeasurement の最新バージョンにアップグレードしてください。

ビデオハートビート

JavaScript 向けビデオハートビート 2.x を参照してください。

2.0

Audience Manager

dil.js

データ統合ライブラリ(DIL)を参照してください。

5.0

Target

mbox.js

mbox コードを参照してください。

61

at.js

at.js 実装を参照してください。

0.9.1

Android および iOS 向け SDK 要件

少なくとも、ID サービスには、以下に示す SDK バージョンが必要です。

  • Android:4.11.0
  • iOS:4.11.0
ヒント

必要最小限ではなく、最新のコードバージョンを使用することをお勧めします。

ID サービスに関して、SDK コードが有効になっている必要があります。Adobe Mobile Services アカウントから、各アプリ用の最新 SDK コードを有効にして、ダウンロードします。関連トピック:

このページ