の作成 Marketo Engage UI のカスタムアクティビティデータのソース接続とデータフロー

最終更新日: 2024-01-25
  • トピック:
  • Sources
    このトピックの詳細を表示
  • 作成対象:
  • Developer
    User
    Admin
    Leader
メモ

このチュートリアルでは、を設定し、 カスタムアクティビティ からのデータ Marketo をExperience Platformに追加します。 次の項目については、 標準活動 データ、読み取り Marketo UI ガイド.

に加えて 標準アクティビティを使用する場合、 Marketo カスタムアクティビティデータをAdobe Experience Platformに取り込むソース。 このドキュメントでは、 Marketo UI 内のソース。

はじめに

このチュートリアルは、Adobe Experience Platform の次のコンポーネントを実際に利用および理解しているユーザーを対象としています。

  • B2B 名前空間とスキーマ自動生成ユーティリティ:B2B 名前空間とスキーマ自動生成ユーティリティを使用すると、 Postman を使用して、B2B 名前空間とスキーマの値を自動生成します。 B2B 名前空間とスキーマを作成する前に、まず B2B 名前空間とスキーマに入力する必要があります Marketo ソース接続とデータフロー。
  • ソース:Experience Platform を使用すると、データを様々なソースから取得しながら、Platform サービスを使用して受信データの構造化、ラベル付け、拡張を行うことができます。
  • Experience Data Model(XDM):Adobe Experience Platform が顧客体験データの整理に使用する標準化されたフレームワーク。
  • ID 名前空間:ID 名前空間は Identity Service のコンポーネントで、ID の関連先コンテキストのインジケーターとして機能します。完全修飾 ID には、ID 値と名前空間が含まれます。
  • Real-Time Customer Profile:複数のソースからの集計データに基づいて、統合されたリアルタイムの顧客プロファイルを提供します。
  • サンドボックス:Experience Platform は、単一の Platform インスタンスを個別の仮想環境に分割する仮想サンドボックスを提供し、デジタル体験アプリケーションの開発および進化を支援します。

カスタムアクティビティの詳細を取得する

カスタムアクティビティデータを取り込む最初の手順 Marketo をExperience Platformするには、カスタムアクティビティの API 名と表示名を取得します。

次を使用してアカウントにログインします。 Marketo インターフェイス。 左側のナビゲーションで、の下に移動します。 Database Managementを選択します。 Marketo Custom Activities.

インターフェイスは、それぞれの表示名や API 名の情報を含むカスタムアクティビティの表示に更新されます。 また、右側のパネルを使用して、アカウントから他のカスタムアクティビティを選択して表示することもできます。

Adobe Marketo Engage UI のカスタムアクティビティインターフェイス。

選択 フィールド 上部のヘッダーから、カスタムアクティビティに関連付けられたフィールドを表示します。 このページでは、カスタムアクティビティのフィールドの名前、API 名、説明、データタイプを表示できます。 個々のフィールドに関する詳細は、後の手順(スキーマの作成時)で使用します。

Marketo EngageUI のMarketoカスタムアクティビティフィールドの詳細ページ。

B2B アクティビティスキーマでカスタムアクティビティのフィールドグループを設定する

Adobe Analytics の スキーマ ダッシュボード UI で、「Experience Platform」を選択します。 参照 次に、「 B2B アクティビティ スキーマのリストから。

ヒント

検索バーを使用すると、スキーマのリスト内の移動を迅速におこなうことができます。

B2B アクティビティExperience Platformが選択された状態のスキーマ UI のスキーマワークスペース。

カスタムアクティビティ用の新しいフィールドグループを作成します

次に、新しいフィールドグループを B2B Activity スキーマ。 このフィールドグループは、取り込むカスタムアクティビティに対応し、以前に取得したカスタムアクティビティの表示名を使用する必要があります。

新しいフィールドグループを追加するには、「 +追加 の横に フィールドグループ 下のパネル 構成.

スキーマの構造。

The フィールドグループを追加 ウィンドウが表示されます。 選択 新しいフィールドグループを作成 次に、前の手順で取得したカスタムアクティビティと同じ表示名を指定し、新しいフィールドグループの説明を任意で指定します。 終了したら、「 」を選択します。 フィールドグループを追加.

ラベルを付けて新しいフィールドグループを作成するためのウィンドウ。

作成すると、カスタムアクティビティの新しいフィールドグループが フィールドグループ カタログ。

フィールドグループパネルの下に新しいフィールドグループが追加されたスキーマ構造。

スキーマ構造に新しいフィールドを追加します

次に、スキーマに新しいフィールドを追加します。 この新しいフィールドはに設定する必要があります type: object とには、カスタムアクティビティの個々のフィールドが含まれます。

新しいフィールドを追加するには、プラス記号 (+) をクリックします。 のエントリ 名称未設定フィールド | タイプ が表示されます。 次に、 フィールドのプロパティ パネル。 フィールド名をカスタムアクティビティの API 名に設定し、表示名をカスタムアクティビティの表示名に設定します。 次に、タイプをに設定します。 object フィールドグループを、前の手順で作成したカスタムアクティビティフィールドグループに割り当てます。 完了したら、「適用」を選択します。

プラス () 記号を選択し、新しいフィールドを追加できるようにします。

スキーマに新しいフィールドが表示されます。

スキーマに追加された新しいフィールド。

オブジェクトフィールドにサブフィールドを追加する

スキーマを準備する最後の手順は、前の手順で作成したフィールド内に個々のフィールドを追加することです。

スキーマ内のフィールドに追加されたサブフィールドのグループ。

データフローの作成

スキーマの設定が完了したら、カスタムアクティビティデータのデータフローの作成に進むことができます。

Platform UI の左側のナビゲーションバーで「ソース」を選択し、ソースワークスペースにアクセスします。カタログ画面には、アカウントを作成できる様々なソースが表示されます。

画面の左側にあるカタログから適切なカテゴリを選択することができます。または、検索バーを使用して、利用したい特定のソースを見つけることもできます。

アドビアプリケーションカテゴリ内で「Marketo Engage」を選択します。次に「データの追加」を選択して、新しい Marketo データフローを作成します。

Experience PlatformUI のソースカタログ ( 選択したMarketo Engageソース )。

データの選択

選択 アクティビティ 次のリストから: Marketo データセットを選択し、 次へ.

アクティビティデータセットを選択した状態で、ソースワークフローのデータを選択する手順です。

データフローの詳細

次に、 データフローの情報を提供する(データセットとデータフローの名前と説明、使用するスキーマ、の設定を含む) Profile 取り込み、エラー診断、部分取り込み。

データフローの詳細手順。

マッピング

標準アクティビティフィールドのマッピングは自動入力されますが、カスタムアクティビティフィールドは、対応するターゲットフィールドに手動でマッピングする必要があります。

カスタムアクティビティフィールドのマッピングを開始するには、「 新しいフィールドタイプ 次に、「 新しいフィールドを追加.

新しいフィールドを追加するためのドロップダウンメニューを含むマッピング手順。

ソースデータ構造内を移動し、取り込むカスタムアクティビティフィールドを見つけます。 終了したら、「 」を選択します。 選択.

ヒント

混乱を避け、重複するフィールド名を処理するために、カスタムアクティビティフィールドの前には API 名が付きます。

ソースデータ構造。

ターゲットフィールドを追加するには、スキーマアイコンを選択します。 スキーマアイコン 次に、ターゲットスキーマからカスタムアクティビティフィールドを選択します。

ターゲットスキーマの構造。

手順を繰り返して、残りのカスタムアクティビティマッピングフィールドを追加します。 終了したら、「次へ」を選択します。

ソースデータとターゲットデータのすべてのマッピング。

レビュー

レビュー​手順が表示され、新しいデータフローを作成する前に確認できます。詳細は、次のカテゴリに分類されます。

  • 接続:ソースのタイプ、選択したソースエンティティの関連パス、およびそのソースエンティティ内の列の数を表示します。
  • データセットの割り当てとフィールドのマッピング:ソースデータがどのデータセットに取り込まれるかを、そのデータセットが準拠するスキーマを含めて表示します。

データフローをレビューしたら、「保存して取り込み」を選択し、データフローが作成されるまでしばらく待ちます。

接続、データセット、マッピングの各フィールドに関する情報の概要を説明する最後の確認手順です。

既存のアクティビティのデータフローへのカスタムアクティビティの追加

カスタムアクティビティデータを既存のデータフローに追加するには、取り込むカスタムアクティビティデータを使用して、既存のアクティビティデータフローのマッピングを変更します。 これにより、カスタムアクティビティを同じ既存のアクティビティデータセットに取り込むことができます。 既存のデータフローのマッピングを更新する方法の詳細については、 UI でのデータフローの更新.

用途 Query Service カスタムアクティビティをフィルターするには

データフローが完了したら、 クエリサービス をクリックして、カスタムアクティビティデータのアクティビティをフィルタリングします。

カスタムアクティビティが Platform に取り込まれると、カスタムアクティビティの API 名が自動的にその eventType. 用途 eventType={API_NAME} をクリックして、カスタムアクティビティデータをフィルタリングします。

SELECT * FROM with_custom_activities_ds_today WHERE eventType='aepCustomActivityDemo1'

以下を使用します。 IN 句で複数のカスタムアクティビティをフィルターします。

SELECT * FROM $datasetName WHERE eventType='{API_NAME}'
SELECT * FROM $datasetName WHERE eventType IN ('aepCustomActivityDemo1', 'aepCustomActivityDemo2')

次の図は、 クエリエディター カスタムアクティビティデータをフィルタリングする

カスタムアクティビティのクエリ例を表示する Platform UI。

次の手順

このチュートリアルに従って、次の用の Platform スキーマを設定しました。 Marketo カスタムアクティビティデータを作成し、そのデータを Platform に取り込むためのデータフローを作成しました。 に関する一般的な情報 Marketo ソース、読み取り Marketo ソースの概要.

このページ