見込み客オーディエンス

最終更新日: 2023-10-31
  • トピック:
  • Segments
    このトピックの詳細を表示
  • 作成対象:
  • Developer
    User
    Admin
    Leader

Adobe Experience Platform を使用すると、マーケターにとってわかりやすいセグメント化エクスペリエンスの使いやすさと精巧さを見込み客プロファイルに活かすことができます。パートナーデータを責任を持って使用しながら、独自の見込み客オーディエンスを作成することで、オーディエンスの組み立てに要する時間を大幅に短縮できます。

参照

見込み客オーディエンスにアクセスするには、「見込み客」セクションの「オーディエンス」を選択します。

「見込み客」セクション内で「オーディエンス」ボタンがハイライト表示されています。

参照ページが表示されます。組織のすべての見込み客オーディエンスのリストが表示されます。

組織に属する見込み客オーディエンスがハイライト表示されています。

この表示には、名前、プロファイル数、接触チャネル、ライフサイクルステータス、作成日、最終更新日、分類など、オーディエンスに関する情報が一覧表示されます。

この表示にフィールドを追加するには、フィルター属性アイコン アイコンを選択します。これらの追加フィールドには、更新頻度と最終更新者が含まれます。

一覧表示されたフィールドの詳細情報など、参照ページについて詳しくは、セグメント化 UI ガイドの「参照」節を参照してください。

オーディエンスの詳細

特定の見込み客オーディエンスに関する詳細を表示するには、参照ページでオーディエンスを選択します。

特定の見込み客オーディエンスがハイライト表示されています。

見込み客オーディエンスの詳細ページが表示されます。見込み客オーディエンスの概要、オーディエンス合計、アクティブ化された宛先などの情報が表示されます。

見込み客オーディエンスの詳細ページが表示されています。

オーディエンスの詳細ページについて詳しくは、セグメント化 UI ガイドの「オーディエンスの詳細」節を参照してください。

オーディエンスを作成

見込み客オーディエンスを作成するには、参照ページで「オーディエンスを作成」を選択します。

見込み客オーディエンスの参照ページで「オーディエンスを作成」ボタンがハイライト表示されています。

セグメントビルダーが表示されます。見込み客プロファイルの属性が左のナビゲーションバーに表示されます。

セグメントビルダーが表示されています。見込み客プロファイルクラスの属性のみが使用可能であることに注意してください。

セグメントビルダーの使用について詳しくは、セグメントビルダー UI ガイドを参照してください。

推奨されるユースケース

Experience Platform の見込み客オーディエンス機能を Experience Platform の他の機能と組み合わせて使用する方法については、次のユースケースのドキュメントを参照してください。

次の手順

このガイドでは、Adobe Experience Platform で見込み客オーディエンスを作成および管理する方法を説明しました。見込み客オーディエンスを他のダウンストリームサービスに対してアクティブ化する方法については、見込み客オーディエンスのアクティブ化に関するガイドを参照してください。

このページ